設定を選択してください。

境界線(兄弟BL)

04
 夏休みが終わり、授業が再開したが、僕の日々はそれまでと何も変わらなかった。文庫本だけが相手で、誰とも関わらない。本はいい。一方通行だし、僕の都合で止めることもできるから。
 季節はどんどん移っていった。僕はカーディガンを羽織るようになり、体育祭も文化祭もろくに参加せずやり過ごした。
 ふとした時に考えるのは、兄は……美咲ちゃんと最後までしたのだろうか、ということ。大学生だもの、いつそうなってもおかしくないのだ。
 そして、クリスマスの足音が聞こえてくるようになった頃、兄から部屋に来てほしいと連絡がきた。

「ハルくん、来たで」

 その日はいくぶん寒さがやわらいでいて、急いできたので少し暑いくらいだった。

「ありがとう。まあ座りや」

 ソファで兄がコーヒーをいれてくれるのを待った。

「あのさぁ……美咲ちゃんと別れた」
「そぅかぁ……」

 いきなりの連絡だったので、そういうことじゃないだろうかとは思っていた。

「やっぱり好きになれへんかったん?」
「うん。やらしい話さ、勃たんくてさ。気分悪くなってしもて。それからギスギスして」

 兄はコーヒーをちびりと飲んだ。

「気まずいからバイトも辞めた。新しいとこは……まあぼちぼち探すわ。そんなに金にも困ってへんし」
「まあ、ハルくんには他にええ人おるんかもしれへんよ」

 兄はちらりと僕の顔を見た。

「ユズは……ほんまにそう思うん?」
「えっと……」
「俺さ、頑張ったつもりやねん。好きになろうって。でも無理やった。やっぱり俺には恋愛できひんよ」

 何と声をかけたらいいのかわからなくなった。兄は別れたこと自体に落ち込んでいるのではないからだ。兄は続けた。

「美咲ちゃんにな、嘘つきって言われてしもた。口では好きって言ってたからな。身体が反応せんくて完全にバレたな……」

 僕もコーヒーを飲んだ。まだ熱かった。

「もう、ほんまに好きになるまでは付き合わんとこうって思った。傷つけるだけや。俺、他人の心わからん奴やから」

 僕は言った。

「そら……他人の心なんてわからんよ。兄弟でも言わんと通じひんやろ」
「せやけどさぁ……」
「ハルくんきっと考えすぎやねんて」
「そうかなぁ……」

 沈黙がおりた。コーヒーは徐々にぬるくなり、兄も僕も飲み干した。僕は努めて明るい声を出した。

「夕飯何する?」
「ああ……考えてへんかったわ」
「どっか食いに行こうな。旨い店教えて」

 僕たちは駅前まで行った。木々は電飾で彩られていて、ジングルベルも聞こえてきた。兄が選んだのはラーメン屋だった。

「ここ、並ぶけど旨いで」

 二十分ほどで店内に入れた。昔ながらの中華そばを推している店で、ギョーザもチャーシュー丼もつけて二人で分けた。

「ほんまや。美味しい」
「やろ? よく来るねん」

 腹が膨れた僕たちは、何となく寄り道をした。缶コーヒーを買って、遊具も何もないベンチだけの公園に行ってそこに座った。

「クリスマスの予定も美咲ちゃんと話してたんやけどな……」

 兄は夜空を見上げて言った。

「何する予定やったん?」
「俺の部屋でパーティー。チキン買ってケーキ買って。そんでお泊まり」
「ふぅん……」

 僕は思いきって提案した。

「代わりに僕とする?」
「まあ、ええけど。ユズは一緒に過ごしたい人とかおらへんの?」
「ハルくんと過ごしたいんやで」
「ん……そっか」

 ごくり、と兄が缶コーヒーを飲み込む音がした。そんなに冷えていない日でよかった。もう少しここで話せそうだ。

「僕がケーキ買って持っていくわ。ほら、いつも実家で買う店あるやろ」
「ああ……あそこ旨いなぁ」
「そんで、他の食いもんはハルくんが用意しといて。それならええやろ?」
「ええよ」

 それから、盛り上げるために音楽流そうだの、ツリー置こうだの、そんなことを話し合った。すると、少しずつ兄も笑顔を見せはじめ、僕はホッとした。

「帰ろか。今日はユズ泊まるやろ?」
「うん」

 交互にシャワーを浴びて、僕はソファに寝そべった。そのままだと冷えるからと、電気毛布を兄はかけてくれた。部屋を暗くした後、兄はぽつりと言った。

「なんか……ユズとおると気ぃ楽やわ。美咲ちゃんとは正直しんどかった」
「まあ、僕、弟やしな」
「なあ、ユズ」
「何?」
「えっと……何でもない。おやすみ」

 身を起こしてベッドの方を見てみると、兄は向こう側を向いてしまっていた。

「おやすみ……」

 そう呟いて、僕は目を閉じた。
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する