設定を選択してください。

境界線(兄弟BL)

02
 今までもそうだったけど、僕は一人で過ごすことに決めていたから、入学式の後の自己紹介も簡潔に済ませ、他の生徒のことは聞き流していた。
 空き時間は文庫本があればいい。本を読んでいれば、誰も話しかけてこない。盾のようなものだった。
 もちろん部活には入らなかった。スポーツなんててんでダメだし、趣味の読書は一人でもできる。それに、余計な人間関係に巻き込まれるのが嫌だった。
 それよりも、兄はどうしているだろうか。そのことばかり考えていた。五月の連休には帰ってくるらしく、その日を指折り数えて待った。

「ユズ、久しぶり。この髪どう?」
「カッコええやん」

 兄は茶髪に染めていた。そこまで明るくなく、嫌味のない感じだ。リビングのいつもの席についた兄は、あれこれと新生活のことを話してくれた。

「喫茶店のバイト、おもろいよ。タバコ吸える店やから、煙たいけどな。先輩も優しくて苦労してへん」
「そっかぁ。ええなぁ」

 夕飯は、兄が好きなカレーだった。牛スジ肉がゴロゴロ入っているやつだ。兄は二杯もおかわりした。
 二段ベッドの上下にそれぞれ入って話をした。顔は見えないけど近くにいる。そんな距離感が心地よくて、今までもよくそうしていたものだ。

「ハルくん……彼女とか作るの?」

 ずっと気になっていたことを聞いてみた。

「うーん、どうやろ。高校の時もすぐに振られたしなぁ」
「待って、おったん? 聞いてない」
「わざわざ言うことでもないと思って。三ヶ月も続かんかったんちゃうかな」

 今すぐ下の段におりて問い詰めたいくらいだ。そういうことになったら、僕には言ってくれるものと思っていたのに。

「……キスとかしたん?」
「してないよ。手ぇ繋いだだけ」
「ほんまに?」
「ほんまやって」

 深いため息が聞こえた。

「なあ、ユズ。好きって何やろな」
「どないしたん、突然……」
「向こうから告白されて、なんとなく付き合ってしもたんやけど。最後までその子のこと、好きになれへんかった」

 兄はどういう表情をしているのだろうか。とうとう僕はハシゴをおりた。兄は口をとがらせた。

「なんや、ユズ。こっち来んの」
「真剣な話やし」
「まあ、せやな」

 兄は壁側にずれ、僕の入る隙間を作ってくれた。兄の隣に寝転び、じっと顔を見つめた。

「彼女できたこと、言ってほしかったな」
「ごめんって。ユズこそそういう話ないんか」
「女の子には興味ないねん」
「まあ……俺も。そこは兄弟で似たんかな」

 兄はポリポリと頬をかいた。

「大学でけっこう知り合いできたし、一緒におっておもろいなって子もおるけど……恋愛になるってなるとようわからへん。好きになる境界線って何なんやろな」
「ハルくんは……僕のこと好き?」
「好きやで。けど、それは違うやん。家族やから好きなだけ」

 兄はそっと僕の髪に触れた。

「俺、誰とも恋愛できひんのかな」

 僕は兄の手に自分の手を重ねた。

「恋愛、したいん?」
「それもようわからへん。今のご時世、結婚せん男も大勢おるしな。でも、ずっと一人なんは寂しいんとちゃうかなって思う」

 じゃあ、僕が一緒にいる。そんな言葉が喉まで出かかった。でも、兄が欲しいのはきっとそれじゃない。僕は口をつぐんだ。

「ユズもいつか、結婚してしまうんかな」
「僕は……せんと思うよ」
「まだ高一やろ。わからへんって」
「そんなん言うたら、ハルくんやってまだ一回生や」
「うん……これから、そんな機会あるんかなぁ」

 兄は僕から手を離し、大きなあくびをした。

「ユズ、彼女できたら教えてや。恋愛ってどんな感じなんか知りたい」
「だから、そんなんできひんって」
「可愛い顔しとうし、モテると思うんやけどなぁ」
「そういうの身内びいきって言うんやで」

 兄は僕の頬を両手で包んでさすった。触れられたところから広がる温かさで、僕の心臓はとくんと跳ねた。

「もう……やめてや」

 僕は兄の手を掴んで外させた。

「ハルくん、もう寝よか」
「うん。おやすみ」

 僕は上の段に戻った。兄が電気を消した。僕は兄が言っていた意味について考えていた。兄は僕を家族だから好きだと言った。じゃあ、僕の好きは? わからなくなった。
 答えが出ないまま、僕は眠ってしまい、朝になった。兄は昼からバイトなのだとそそくさと行ってしまった。リビングで一人、ぼんやりとコーヒーを飲みながら、同じことをぐるぐると自問自答していた。
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する