設定を選択してください。

ハクゲン

西暦252年4月、孫権崩御
 西暦せいれき252ねん4がつ中華ちゅうかばれたにて。
 このおさめた皇帝こうてい孫権ソンケン病床びょうしょうしていた。

「…………」

 かれ皇帝こうていゆえ自分じぶんより先立さきだわか家臣かしんたちおおてきた。
 そのなかでもかれは、自分じぶん裏切うらぎってしまった一人ひとりおとこおもっていた。

ぼくは、陸遜リクソン、あざなは伯言ハクゲンです』

 このおとこ仕官しかんしてきたから、孫権ソンケンかれ何度なんどたすけられてきた。
 だがおたが年老としおいたころ孫権ソンケンかれ執政しっせい方針ほうしんちがいでたがいににくしみい、かれ厳罰げんばつくだし、この執政しっせいからとおざけた。

――それからかれくなるまでの時間じかんは、ながくなかった。このとき孫権ソンケンは、邪魔者じゃまものがいなくなったとして専横せんおうをふるった結果けっかおも後継者こうけいしゃあらそいにかんする問題もんだいおおくの失敗しっぱいおかした。このおとこ、ハクゲンの言葉ことばただしかったとはゆめにもおもわずに。

 だがいまかれは、おのれあやまちの数々かずかずとハクゲンの無実むじつっている。ゆえかれは、死期しきちかづいたいまになってこのことをやんでいた。

父上ちちうえ兄上あにうえ……わたしは、どこでみとどまっていれば、間違まちがいをおかさずんだのだ……」

 現実げんじつからげるように、わかうしなったちちあににすがる孫権ソンケン……かれはハクゲンの息子むすこからいた言葉ことばおもした。

『――お父様とうさまは、最期さいごのときまであなたをうらんでいた』

 また当時とうじ罪人ざいにん疑惑ぎわくがあったハクゲンを監視かんししていたものはこういったという。

陸遜リクソン殿どの命日めいにちに、普段ふだんならいわいのせきでももうとしなかったさけびるようにんだ』
『かつてかれだれたいしても礼儀正れいぎただしいおとこだったのは、殿との一番いちばんっているでしょう』
『そんなかれが、びるようにさけんだ拍子ひょうしに、くるとらりゅうのようにいかり、慟哭どうこくしていたのです』
『それだけ、殿との自分じぶん進言しんげんいてくれなかったことが、かれにかつてかんじたことのないほどのいきどおりをもたらしたのでしょう』

 この報告ほうこくいた当時とうじは、まだかれはハクゲンのことをうたがっていた。
 さけきらいだったかれがそのような行動こうどうはしった事実じじつおどろきはしたが、裏切うらぎものがたどる当然とうぜん末路まつろだと、そのとき孫権ソンケンかんじていたのだ。

――だが、ハクゲンの無実むじつったあとに、この報告ほうこくのことをおもしたとき孫権ソンケンおのれあやまちをはげしく後悔こうかいした。
 おんあだかえされたと、おもっていた。だが実際じっさいは、自分じぶんおんあだかえしたのだとったのだ。




 めたとき孫権ソンケン長大ちょうだいかわまえにいた。おのれてたくにまも天然てんねん防壁ぼうへきである長江ちょうこうよりも、はるかに雄大ゆうだいかわだ。
――そう、かれに、冥界めいかいふねときたのだ。そのときだった。

「!?」

 まえにあった小舟こぶねっていたのは、かれびたいとおもっていたハクゲンのわかかりしごろ姿すがただった。

殿とのむかえにやってきましたよ」

 きながら、そのふねける孫権ソンケン。このときかれらは、たがいに生前せいぜん乱世らんせいけたときわかかりし姿すがたであった。

「ハクゲン……わたしはおまえうたがったことを、いている……どうか、ゆるしてくれ……」
ぼくは……殿とのがその言葉ことばをかけてくれるまで、ずっとここでっていましたよ」
「ハクゲン!!」
ながいようでみじかい、七ねんかんでしたね。それではきましょう……」


 ハクゲン 完
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する