設定を選択してください。

王妃教育

婚約破棄は大変です
「エマ・ガーデン。貴様との婚約は破棄させてもらう」

 卒業パーティーで婚約破棄をされた。えっ? 本気ですか?

「貴様の悪行の証拠はそろっている。俺の運命の相手リズを階段から突き落としたことを筆頭に様々な悪行三昧。貴様はこの王国から追放する」

「あの私はそのリズさんと面識すらないのですが。そもそも王妃教育で手一杯の私が、どうやって学園で悪行を行えるのでしょうか?」

「そんなもの何とでもなる!」
「そうよ。私はエマさんにいじめられたのよ~」

 馬鹿っぽいピンクのドレスを着た少女が私を睨んだ。誰? あなた。
 そんな私と二人の間に、割り込んできた人が!

「では俺がもらい受けても良いか?」
 留学で学園に通っていた帝国の第三王子。隣の帝国の王子様。私の事をいつも気遣っていたけど、いきなりどうしたの?

「ガーデン辺境伯は新たに王国を樹立する。婚約破棄は保護者として正式に受け入れよう」
 今度はお父様が独立宣言を始めた。なに? こうなることが分かっていたから話はつけておいた? そうなの? 

 私はパーティー会場を見回し、最後にチャーリー王子を見つめた。分ったわ。覚悟を決めましょう。

「アド王子。残念です。私は16年王妃教育を受けたのですよ。王の派閥と中立の貴族の女性のほとんどは私の派閥です。王室、貴族の不正の証拠、暗部との信頼関係、さらには軍の掌握も王妃教育には組み込まれておりますわ。他国との外交も、義理の母、亡くなった王妃様から私が受け継ぎました。仕方がありません。貴族の婚姻は父の権利でございます。父が独立して、お隣の帝国の第三王子が我が伴侶となられるのであれば、私が出来る事は我が国の繁栄のため、貴国の崩壊に全力で当たるだけでございます。今を持って、ガーデン辺境拍は隣国イオン帝国と手を結ぶことを宣言いたします。まずは情報戦から始めましょうか。民衆を扇動する情報など、王妃教育を受けた私には、赤子の手をひねる程度のこと。どこの領地から潰して差し上げましょうか。私と敵対したくなければ、我がガーデン王国に忠誠を誓う事ですね

 パーティーに参加していたほとんどの領主が、エマに跪いた。

「反逆者を捕まえろ!」

 王子が叫んだが、騎士団長は「動くな!」と命じ、「我々騎士団はガーデン王国に忠誠を誓います」と誓った。

 不正だらけの騎士団長。証拠隠滅とこれからの安定を計りにかけ、エマにつくことに決めた。この瞬間、ダイナ王国は領地と戦力のほとんどを失った。

「王子教育も王妃教育と同じくらい行っていれば、こんなことにはならなかったのです。私は提言したのですが、王が反対なされて。身内に甘いのは崩壊のもとですわね

 もはや誰も止めることができない。正しい王妃教育のおかげでエマ・ガーデンはダイナ王国を崩壊させ最終的に吸収した。

 王妃教育を施した女性を敵に回すな。

 全世界に、婚約破棄の恐ろしさを知らしめした婚約破棄は、その後500年間語り継がれたのだった。

最新話です





トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する