設定を選択してください。

シンセティックシューターメインストーリー1 シャーロッテ誕生編

もう一人の誓いの日


 涙すら枯れ果てたこの男は、若くして老人のような顔立ちとなっていた。目の前で妹が、自分より先に天国に旅だった姿を見てしまったからだ。

「ルーシィ許してくれ」

 手術のお金を用意できず、彼は妹を失った。最後の希望が絶たれた日から覚悟していた景色が、とうとう現実となったのだ。
 主治医のいない、最後の二人きりの時間は終わり、ここは孤独な病室に変わり果てたのである。

「ユークリッド俺は、お前を断じて許さない!」

 妹を失ったこの男の名それはジェファソンと言った。
次の話を表示




トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(ツイッター)で共有する