設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第9話 エルフちゃんと夜ご飯
だい エルフちゃんとよるはん

 病院びょういんとホイコーズからかえってきていえいた。

「ただいま」
「ただいま」

「ふふっ、おかえりなさい」
「おかえり」

 だれもいないいえにただいまをったら、あがかまちでおかえりをわれた。
 なんだか非常ひじょうにほっこりする。

 それがエルフちゃんなので、まるで西欧せいおうのおよめさんと国際こくさい結婚けっこんしたぐみサラリーマンみたいなかおになりそうだった。

「やっぱりひとがいるっていいね」
「そうですね。わたしもここにまえ研修けんしゅうちゅうさみしかったです」
「うちの親父おやじは?」
「いたんですけど、あさからばんまで仕事しごとしていて、あまりかおわせなかったので」
親父おやじめ、こんなかわいいエルフちゃんにさびしいおもいさせるとか」
「あっでも、おくさんがいたので」
「あぁかあさんもいるよな、そういえば」

 とうさんの出張しゅっちょうにはかあさんもくっついていっている。
 つまり一緒いっしょ生活せいかつしているはずだ。
 他人たにんなので実感じっかんがあまりなかった。

 ごはんく。

炊飯器すいはんきとかいうのですよね?」
「そそ」

 この炊飯器すいはんきくん海外かいがいではめずらしいらしいね。

 そうしてしばらくテレビとかごした。
 ララちゃんも大人おとなしく椅子いすすわっている。
 うれしそうにからだうごかしたりするとおっぱいがぽよんぽよんするので、すかさず見学けんがくする。
 テレビよりよっぽど面白おもしろい。

「さてそろそろごはん支度したくをしますかね」
「はいはいっ、今日きょうわたし手伝てつだいます」
「ありがとう」

 二人ふたり台所だいどころつ。
 エプロンもつける。
 すげぇ。おっぱいがエプロンをげている。
 おっぱいの頂点ちょうてんからしたれさがっていてこしひもでようやくからだまえもどってくる。

「ごほんごほん、とにかくはじめます」
「はーい」

 ララちゃんのかわいい返事へんじなごむ。

「おかします」
「はいはーい」

 なべかす。あとでレトルトカレーをれる。

 そのあいだわせのサラダを用意よういをする。
 レタスを千切ちぎって、キュウリをきざんて、ちいさいチーズをらす。
 あとはここにドレッシングを少々しょうしょう

「サラダも美味おいしそうにできましたっ」
「だね」

 ララちゃんにはキュウリをきざんでもらった。
 異世界いせかいでも包丁ほうちょうはあるらしくベテランレベルだったのでていても安心あんしんできた。
 これなら普段ふだん料理りょうりでも十分じゅうぶん戦力せんりょくになりそうだ。

「そういえば異世界いせかいって水道すいどうとかあるの?」
水道すいどうはないですねぇ。王宮おうきゅうとかならあるみたいですけど」
「へぇ、どうしてるの?」
井戸いどがあってあさんできて水瓶みずがめめるんです」
「なるほど」
みずっておもいんですよね」
「そうだね」

 リッターでいちキログラムはあるから、そりゃあ結構けっこうおもい。

 まだ時間じかん余裕よゆうがあった。

「せっかくなので目玉焼めだまやきとベーコンもこうか」
「はいっ」

 まずベーコンをいていく。
 しばらくしたらフライパンにたまごふたとす。

「えへへ、なんだかたまごふたつだと新婚しんこんさんみたいです。きゃぁ」
「だよねぇ、おれもそうおもった」

 フライパンのうえには目玉めだまならんでいる。
 いままでずっといもうと入院にゅういんしていたのでたまごひとつだった。

 これでベーコンとたまごけた。
 しおコショウでかる味付あじつけをする。

「どの家庭かていでもコショウが普通ふつうにあるんですか?」
「え、あ、うん。コショウって高級こうきゅうひんだったの?」
「はい。あのヒューマンのくにうみこうから輸入ゆにゅうされてるみたいでたかかったんですよ」
「へぇ」
「でもエルフのうちはみんなそこそこ裕福ゆうふくなのでなんとかえるくらいでした」
「そりゃよかったね」
「はいっ」

 エルフのいえ事情じじょうすこいた。
 なるほど伝統でんとうあるながいえおおく、そういういえ比較的ひかくてき職業しょくぎょういでいて裕福ゆうふくだったと。
 次男じなん三男さんなん独立どくりつしていえつくるから長男ちょうなんいえよりは裕福ゆうふくではないけれどけっして貧乏びんぼうではなく、みんなすこ裕福ゆうふくくらいを維持いじできていたらしい。
 なるほど、結構けっこううまくまわっていたようだ。

 さてビーフカレー、チキンクリームカレー、エビホタテカレーをなべれてでる。
 ごはんきあがった。

 おさらにごはん中央ちゅうおうによそって左右さゆうにビーフカレーとチキンカレーをける。
 共用きょうようのおさらにエビホタテカレーをれて、こちらはあとべよう。

「「いただきます」」

 スプーンで一口ひとくちずつべる。

美味おいしいっ。これ、美味おいしいですね。ちょっぴりからくて」
「だね。レトルトってむかしへんあじとかしたらしいんだけど、いまってすごいよね」
「そうなんですねぇ。技術ぎじゅつ進歩しんぽなんですか?」
「そうみたい」

 うん。むかしのレトルトカレーってへんかんじだったりよくしたらしいのだ。
 でもいま全然ぜんぜんなに問題もんだいない。普通ふつう美味おいしいカレーだ。

「エルフのさとにもでるだけでべられるものとかあればらくだったですね」
「ないの? レトルト」
「ないですねぇ。あぁしものならありますよぉ」
「ああしものね、うんうん」

 アジの干物ひものとかホタテの貝柱かいばしらとかだよな。
 それなら雰囲気ふんいきかる。

しブドウなんかは子供こどものおやつの代表だいひょうでした」
しブドウか。この世界せかいにもあるけど、あんまり直接ちょくせつべる機会きかいはないかもね」
「そうですかぁ」
「でもさがせばってるとおもうよ。今度こんどってこようか?」
「はいっ、一緒いっしょきましょう。なんでも一緒いっしょがいいです」
かった、かった」

 こうしてまたひと約束やくそくをした。
 カレーをべる。それからエビホタテカレーもよそってべた。

「ホタテがいいあじです。どのカレーもあじちがってみんな美味おいしいですぅ」
「だねぇ。どれもアタリだね。これなら毎日まいにちのように日替ひがわりカレーをべてもいいかもしれないね」
「そうですね。でも毎日まいにちカレーですかぁ」
「う、まあ三日みっか一回いっかいくらいでちがあじのカレーにしようか」
「はいっ、ハンバーグとかシチューとか色々いろいろべたいですぅ」
「そうだね。また色々いろいろつくろう」
「はいっ」

 ララちゃんのいい返事へんじだ。
 この別々べつべつにお風呂ふろはいるのだった。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する