設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第7話 エルフちゃんと俺の妹
だい エルフちゃんとおれいもうと

 学食がくしょくでカレーをべて満足まんぞくしたおれたち二人ふたり教室きょうしつもどった。
 普通ふつう午後ごご授業じゅぎょうけた。
 放課ほうか女子じょしたちがララちゃんのまえあつまってくる。

「ねぇねぇ、ララちゃん。何部なにぶはいるの?」
一緒いっしょにバスケットする?」
女子じょしサッカーとかどう?」

 おんなおもったよりも積極的せっきょくてきだ。
 ララちゃんがいれば即戦力そくせんりょくになりそうだし、なにより目立めだつからいい広告塔こうこくとうだ。
 来年らいねん新入しんにゅうせいにも期待きたいてる。

「あ、まだかんがえてなくて」
「そっか」
残念ざんねん

 クラスメートということもあり、しつこいひとはいなくてすぐにげていった。

「あ、おれいえもどったあとすぐ病院びょういんくけどどうする? どこか一人ひとりってく?」
わたし病院びょういんってもいいですか? いもうとさんのところですよねぇ」
「うん」
「ありがとう。是非ぜひってみたかったんですぅ」
いもうともきっとよろこぶよ」
家族かぞくなんですから、いもうとちゃんもわたしいもうとみたいなものですもんね」
「おう、たしかにそうだな、んじゃいこっか」
「はいっ」

 靴箱くつばこくつえる。
 ララちゃんの靴箱くつばこかえりのホームルームのあとかぎもらっててられていた。

「ではかえりましょう。っ」
「あ、うん」

 おれがそっとすと、ララちゃんががっちりつかんでそのままうでんでしまう。
 あんじょう、おっぱいのやわらかいのがぽよんぽよんとたっている。

「ふっふふのふ~らららんらん~」

 おれとくっついていられるからか非常ひじょう機嫌きげんがよかった。
 らないうた。エルフのうただろうか。それをくちずさんでいた。
 なんだか異文化いぶんかうたみたいな独特どくとくのメロディーで非常ひじょう興味深きょうみぶかい。

 そしておっぱいがになってしょうがない。

 一度いちどいえかえっていもうと着替きがえなどをってくる。
 当然とうぜんとして下着類したぎるいもあるがいもうとのものだしべつ色気いろけのあるやつじゃないのでこれくらいならなんともおもわない。
 ララちゃんはどうやらそれよりは色気いろけのあるピンクの下着したぎをつけているようだけど。
 ほんのすこしセーラーふくしろ生地きじからピンクいろけているのだ。
 うえがそうならした結構けっこう派手はでかもしれない。

 そうしてこうして循環じゅんかんバスにって病院びょういんへ。
 バスていすこつとすぐにバスがやってきた。

「これがバスっ」
「ああ、そうだよ」

 バスにるとララちゃんが感動かんどうしている。
 電車でんしゃバス共通きょうつう電子でんしカードはっているみたいで機械きかいにかざしてむ。
 そしてバスのなか見回みまわしていた。

まえがいい? うしろ?」
「えっと、ぜんっ」
了解りょうかい

 運転手うんてんしゅさんのすぐうしろのせき陣取じんどる。
 ララちゃんはかおして運転うんてんしているところをていた。
 景色けしきにも視線しせんけつつ興味深きょうみぶかそうにしている。

つぎは、埼台さいだいひがし総合そうごう病院びょういんまえ総合そうごう病院びょういんまえ
「お、おりますっ」

 ララちゃんがこえした。
 おれがボタンをす。

 ピンポン。

つぎまります」

 アナウンスがふたたはいりララちゃんがホッとする。

「なるほどぉ」

 仕組しくみに感心かんしんしきりのララちゃんはまるで幼稚園児ようちえんじだ。
 まったくかわいいったらない。

 りるときもタッチで清算せいさんませる。

街中まちなか乗合のりあい馬車ばしゃとかを使つかうときは銀貨ぎんかしたりしてその都度つどまごついてましたけど、この電子でんしカードとかいうの便利べんりですねぇ」
「だろ、これもおれたちがまれるまえにはなかったらしいよ」
「へぇ」

 むかし精算機せいさんき機械きかい普通ふつうにおかね投入とうにゅうしていたらしい。
 いまではみんな電子でんしカードに移行いこうしていた。

「おおぉこれが病院びょういん、おおきーいですぅ」
総合そうごう病院びょういんだからね。普通ふつうまち病院びょういん一軒家いっけんやとそれほどわらないよ」
「そうなんですねぇ」
「うん。ここはビルだから」
「なるほどぉ」

 感心かんしんしきりのララちゃんをれて病院びょういん受付うけつけへ。
 ララちゃんも行政ぎょうせいじょう親族しんぞくということになっているらしく普通ふつうにサインをして入院にゅういん病棟びょうとうすすむ。

「わわっ、エレベーター」
「うん。使つかったことない?」
「ホテルにまったときにすこ使つかいましたから、よんかいくらいですかぁ」
「ふむ」
「ふわってして気持きもわるいんですよねぇ。これ苦手にがてなんですぅ」
「そうだったか。階段かいだんにする? かいなんだけど」
「いえ面白おもしろいのでエレベーターで大丈夫だいじょうぶですっ」
「そっか、了解りょうかい

 エレベーターのボタンをすとすぐにとびらく。
 いっかい待機たいきしていたらしい。

 四角しかくはこはいりドアがまった。上昇じょうしょうしていく。

「えへへ、だれてません」

 そうってぎゅっとくっついてくるララちゃん。

「あの監視かんしカメラあるんだけど」
「えっられてるんですか、ぎゃあ」

 今度こんどはほんのすこしだけあいだけるララちゃん。

 かいまでそのままのぼっていきドアがひらいた。

きましたぁ。このりるまえがぐわあんってなって面白おもしろいんですよぉ」
「まあね、へん感覚かんかくだよな」
「そうなんですよぉ、かりますかぁ。こんなのエルフのまちにはなかったです」
「エレベーターの普及ふきゅうしたエルフのまちてみたいがするが、なさそうだな」
「はいっ、電気でんきとかいうのがないのです」

 ナースステーションにって受付うけつけをして個室こしつかう。
 年頃としごろおんなだ。病院びょういんがわ都合つごう関係かんけいもあって個室こしつにしてもらっている。

絵理加えりかはいるよ」
「あ、おにいちゃん、どうぞ」
失礼しつれいします」

 エリカがパジャマ姿すがたでベッドでがっている。

今日きょうきてるのか」
「うん。すこしだけ調子ちょうしよくて」
「そりゃよかった」

 なんというかエリカはいわゆる原因げんいん不明ふめいというもので調子ちょうしわるいのだ。
 ひど倦怠感けんたいかんやめまいなどがあり長時間ちょうじかんすわったりったりあるいたりできない。
 血液けつえき検査けんさのう検査けんさなどもしてみたもののとく異常いじょうつかっていない。

「あの……外国人がいこくじんさん? エルフさん??」

 エリカもエルフとかっているらしく、あたまうえにデカいクエッションマークがかんでいる。

「どうもこんにちは。エルフのララですぅ」
「えっ本当ほんとうにエルフなの?」
とうさんの仕事しごとってるだろ。マジらしい」
ってるけど……へぇすごいね。わたし異世界いせかい転生てんせいしたいな」

 くるしい生活せいかつ余儀よぎなくされているエリカにとって異世界いせかい転生てんせいしたいとは口癖くちぐせみたいなものだった。
 おれ異世界いせかいモノをおおくたしなんでいるのでその欲望よくぼう骨身ほねみみるほど理解りかいできる。

異世界いせかいって実在じつざいしてたんだね……おどろき」

 全然ぜんぜんおどろかないかおでそうわらってみせる。

はやんで転生てんせいしたい、こんなからだ
「まぁそううな。彼女かのじょ転移てんいしてきたんだ。可能性かのうせいはある」
「あのエリカちゃん……ちょっとしてもらっていいですかぁ」
「いいよ、なにかくれるの?」

 エリカがしてそれをララちゃんが丁寧ていねい両手りょうてつつむようににぎりしめる。

「んっ」

 エリカがすこずかしいのかかおあかくして見張みはる。

「えっ、なにこれ」
かりますか。エリカちゃん……魔力まりょく障害しょうがいがあるんです」
「えおれたちって魔力まりょくとかあるの?」
「はい。人間にんげんもエルフもみな魔力まりょくはあります。この世界せかいひとには有効ゆうこう使つかわれていませんが存在そんざいはしていますぅ」
「そうなのか」

 ララちゃんがいつになく真剣しんけん表情ひょうじょうになってなにかをごにょごにょつぶやいている。

「エリカちゃん、ごめんなさい。ちょっとかんじるとおもうけど我慢がまんしてください」
「えっ、うん。……あっ、んんんっ、あぅ」

 いもうとのほうがかおあかくしておよいでいる。
 かんじるってそういう、おおう。

「はい、いいですよ」
「あれ、なんだかちょっと調子ちょうしよくなったがする」
魔力まりょくあたえてながしたんです。これをつづければすこしずつよくなりますですぅ」
「え、なに、エリカの病気びょうきなおるの?」
「はい。あのこのままっておくとねんくらいにはんでしまうところでした」
「げ、マジか」
「はい。本当ほんとうおとこひと性交渉せいこうしょうすると魔力まりょくながんできてなおることもあるのですが」
「ダメダメダメ、そんなのなし。何歳なんさいだとおもってる」
「ですよねぇ」

 あっけらかんとそういうことうのはなしだ。
 なんだよエッチすればなおるって。
 ねんだろ。指折ゆびおかぞえる高校こうこう卒業そつぎょうするまではいもうとだれにもやらん。絶対ぜったいダメだ。

「おにいちゃんとエッチしてもなおるのかな」
おれ? えっおれ?」
近親者きんしんしゃ魔力まりょく馴染なじみやすいので効果こうかたかいっていますねぇ」
「はぁ??」
「おにいちゃん想像そうぞうした? おにいちゃんのえっち」
「うおおぉおおお」

 おれだいダメージ。
 いもうとにそんなことわれるるとはおもってなかった。
 おれ治療ちりょうのためにいもうととエッチ……しないわ。
 だいたいエルフのララちゃんが魔力まりょくながせばなおるんならそうしてくれ。
 ララちゃんが家族かぞくになって本当ほんとうによかった。ありがとう。
次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する