設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第48話 エルフちゃんと桜祭りと文芸部
だい48 エルフちゃんと桜祭さくらまつりと文芸ぶんげい

 アキラにあさから場所ばしょりをしてもらって日曜日にちようびひる集合しゅうごうした。
 場所ばしょはなかよし公園こうえんこと中吉田なかよしだ公園こうえんだ。
 規模きぼ県内けんないなかではちいさめなのだけどさくら名所めいしょとして穴場あなばスポットだった。
 運動うんどう広場ひろばまわりにぐるっとソメイヨシノがえられている。
 遊具ゆうぐ広場ひろばとの通路つうろにも同様どうようにこちらはしろさくらわっていた。

 桜祭さくらまつちゅう中吉田なかよしだ公園こうえん起点きてんにずっと東川ひがしかわ沿いに提灯ちょうちんとスポットライトが設置せっちされる。
 東川ひがしかわ沿いにもさくらわっているからだ。
 戦後せんご復興ふっこうのシンボルとしてこういうサクラ並木なみき全国ぜんこくにあるそうな。
 中吉田なかよしだ公園こうえんには出店でみせ何軒なんけんかあってにぎわいをせている。

「おーいこっちこっち」
「おお、アキラ、さんきゅ」
「いいっていいて、どうせおれはこれくらいしかできん」
「ありがとう」
れるぜ」

 おれ、アキラ、ララちゃん、ハルカ、エリカが全員ぜんいんそろう。

「それでは乾杯かんぱい
「「「乾杯かんぱい」」」

 もちろんおさけではなくララちゃんのおりのソーダすいだ。

「シュワシュワしますぅ」
「あはは、ララちゃんもきだねぇ」
「えへへ、この世界せかいには美味おいしいものがいっぱいですぅ」

 たしかにそのとおりだ。
 おにぎり、サンドイッチ、唐揚からあげ、卵焼たまごやき、春巻はるまきなどのオカズがタッパーいっぱいにめられている。
 今回こんかいおれではなくハルカが全部ぜんぶ用意よういしてくれた。
 ハルカは普通ふつう料理りょうりができるので是非ぜひよめさんにしい。

「このシュワシュワ、くろいですぅ」

 カラオケボックスにもあったはずだけどノーマークだったらしい。

「これがコーラ」
「コーラ」
「うん」
「わわ独特どくとく風味ふうみでなんだか美味おいしいですぅ」
「だろ」

 コーラでよろこんでくれるくらいならおちゃさいさいだ。

「たこってきたぞ」
「なんですかこれぇ」
「タコがはいってるからたこき」
「へぇ」

 ララちゃんはそういえばたこはじめてか。
 あれ以前いぜんどこかでべないっけ。わすれてしまった。
 何個なんこもこうやってイベントをこなしていくとこまかいことまで記憶きおくできなくてこまる。

「これが桜祭さくらまつり」
桜祭さくらまつり」
「お花見はなみだね」
「お花見はなみですぅ」

 反芻はんすうするようにかえしてくれる。
 こうしてララちゃんの語彙ごいがどんどんえていく。
 もともと基本語彙きほんごいはほとんどおぼえているみたいだったけど、固有名詞こゆうめいしにはすこよわいようだ。

あいしてる~」
あいしてる~」

 スマホを使つかってなんちゃってカラオケもした。
 野外やがいなのでまるこえですこずかしい。
 迷惑めいわくにならない範囲はんいでほどほどにたのしんだ。

 夕方ゆうがた。だいぶ薄暗うすぐらくなってきた。

綺麗きれいですぅ」
「ああ、幻想的げんそうてきだよな」

 さくら提灯ちょうちんとライトアップでらされていた。
 それが住宅街じゅうたくがいなかながれる東川ひがしかわ沿いでずっとつづいている。
 おれたちはおなかもいっぱいだったのでお散歩さんぽがてら花見はなみをした。

「カップルさんとかもたくさんいていいですぅ」
「あはは、人間にんげん観察かんさつか」
「おはなももちろん綺麗きれいですよぉ」
「うんそうだね」

 なるほど、これなら彼女かのじょとかれてきたくなるわけだ。
 近年きんねんライトアップが人気にんきだとはっていたが一人ひとりてもな、とおもっていたのだ。
 中学ちゅうがく時代じだいはハルカとも疎遠そえんだったし。カップルがおおなかおとこのアキラをさそいたいとはおもわない。

「おにいちゃん、素敵すてきだね」
「ああ、これはいいね」

綿わたあめ美味おいしいですぅ」
「あはは、ララちゃんは甘味あまみ夢中むちゅうか」
「はいですぅ」

 ところどころの屋台やたいていた。
 夏祭なつまつりほどではないがかなりにぎわっている。

 こうしてよる幻想的げんそうてきかりにらされたさくらたのしんだ。


 さて文芸ぶんげいのほうなんだけど。うん。
 去年きょねん三年さんねんせい卒業そつぎょうして開店休業かいてんきゅうぎょうになっていた。

 新入しんにゅうせいとしてはいってきたエリカをふくめておれたち五人ごにんだけしかいなかった。

「ということでおれたちのおあそ倶楽部くらぶ同等どうとうです」
「まあそうなるね」
「えへへ、みんなでたのしくやりましょうですぅ」
「そうだね、ララちゃん」
「はぁまあいいか、どうせこんなもんだろ」

 アキラまであきれている。
 顧問こもん先生せんせい文芸ぶんげいきらしく五人ごにんはいってくれるならねがったりかなったりといてよろこんでいた。
 それでまずはかたちだけでも活動かつどうしてみようということになった。
 部室ぶしつがあるのでそこにあつまってみる。

「ここが部室ぶしつですぅ」
「うん。本棚ほんだなにラノベがびっしりある」
「それから専用せんようパソコンがありますぅ」
「おおう、それも人数にんずうぶんあるな」

 ラノベは何年なんねんまえのものかからないが有名ゆうめいおれでさえってるタイトルのシリーズものが全巻ぜんかんそろっていたりして意外いがいとラインナップは豊富ほうふだ。
 そのかわり最新さいしんしん文芸ぶんげいわれるタイプのおおきめのサイズのほんすくなかった。

「みんなそれぞれ短編たんぺん三千さんぜん文字もじつくってみるですぅ」
「おっし、まかせとけ」
おれもそれくらいならできそうだ」
「おにいちゃんわたし頑張がんばるね」
「そういうならわたしも」

 そういって三千さんぜん文字もじ短編たんぺんかる。
 ジャンルはファンタジーだ。
 ファンタジーっぽければなんでもいい。ただしフィクションに限定げんていしておいた。
 リアルなはなしかれてもちょっとだけこまるのとララちゃんが有利ゆうりすぎる。

 こうして四月しがつ下旬げじゅん文芸ぶんげいはつ一万いちまん五千ごせん文字もじ文集ぶんしゅうであるコピーぼん完成かんせいした。
 顧問こもん先生せんせいはまたいてよろこんでいたので、これでいいのだろう。
 なんでも文芸ぶんげいってまともに活動かつどうしないことがあるとかで、ぎても提出ていしゅつせずに崩壊ほうかいしたりする年度ねんどもあるんだと。
 なるほどおれたちはみんなお仲間なかまなので、そういうことをかんがえたこともなかった。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する