設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第46話 エルフちゃんとエイプリルフール
だい46 エルフちゃんとエイプリルフール

 四月しがつ一日ついたち午前ごぜんちゅうからハルカがきていたのでおれ渾身こんしんうそいてみることにした。

おれじつほかきなひとがいるんだ」
「ええっ」

 真顔まがおでハルカの顔色かおいろくもる。
 えっとおもったのはおれほうだったが、反対はんたいがわるとそこにはエリカとララちゃんもをこれでもかとおおきくけたかとおもったら、からなみだが。

「わああああああん、おにいちゃんのうそつきいいいいいいいい」
わたしのこともだましてたんですねぇ、うわああああああんん」
「うわあああああん、景都けいとのバカあああああああああ」

 いえなかはまさに阿鼻叫喚あびきょうかん三人さんにんしてしまった。
 最近さいきん卒業式そつぎょうしきがあってすこいていたがあれとは明確めいかくいろことなっていた。

 それはまるで連鎖れんさするように三人さんにんともワンワンいて収拾しゅうしゅうがつかない。

うそだから、ほらうそ
「うわあわあああああん、おにいちゃんがうそついたぁあああああ」
「わあああああん、ケートくんのバカあああああああああ」
景都けいとうそつきうわああああああああああんんん」

 どうなってんだといたいのはこっちなんだが、どうこの現場げんばてもおれ犯人はんにんとしかいいようがない。

「みんな、ごめん、おれわるかった。今日きょうはエイプリルフールだからって」
「ひくひくっ、ひくひく……エイプリルフール、あっ今日きょう四月しがつ一日ついたち
「なにそれぇ、エイプリルフールってなんですかぁ」
「おにいちゃん、エイプリルフールってなに

 そうかいもうと小学生しょうがくせいだったときはともかく、おれもこんなうそいたことなくって、学校がっこうもちょうどやすみだし、中学ちゅうがくがってから入院にゅういんしててらなかったのか。
 ハルカははやとちりだとしても、ララちゃんはあれだよな、本当ほんとうらなかったと。

「すまん。完全かんぜんおれのミスだ。ごめんなさい」

 おれ土下座どげざをする。

「なんだーおにいちゃん、うそいていいでそれでうそったってことかぁ」
「そうだったんですねぇ、そっか、全然ぜんぜんりませんでしたぁ」
「ごめん、わたし今日きょう四月しがつ一日ついたちだと意識いしきしてなかったから」

 ハルカはちょっとずかしそうだ。
 しかしいきなりクソ真面目まじめかお冗談じょうだんにならない発言はつげんをしたおれ完全かんぜん判断はんだんミスだった。
 渾身こんしんうそ出来できだとおもったあの一瞬いっしゅんおれをぶんなぐってやりたい。

本当ほんとう三人さんにんとも大好だいすきだから」
「えへへ、ララはしんじてましたよぉ」
「う、うん。大好だいすきっていうなら」
「おにいちゃんはわたしのこと大好だいすきだもんね」

 なんとか機嫌きげんなおすことができた。

「でもショックでんじゃうかとおもいましたぁ」
「まさか景都けいと浮気うわきしてるなんてっておもったわたしもバカだったわ」
「おにいちゃんがまさかとはおもったけど、みんなもういてたから、てっきり本当ほんとうかとおもって」

 お、おう。

「そうそううそいていいのは午前ごぜんちゅうだけなんだよ」
「そういううそじゃないでしょうね」
「なんだよハルカ、さすがにおれもそこまでおかしくはない」
「そっか、なんだ、じゃあ午後ごご普通ふつうなんだ」
「そうだよ、じゃってくる」

 ということでおればつとしてケーキさんに人気にんきのシュークリームをいにかされた。
 かされたというと語弊ごへいがあるか。自分じぶんいにってくると立候補りっこうほしたのだ。
 このケーキさん循環じゅんかんバスにって反対はんたいがわなのでちょっととおいのだ。
 なんとかケーキさんに一人ひとりかう。

 ちかくのバスていからりこんで、バスにられながらおもう。
 まさかマジ三連さんれんチャンをされるとはおもわなかった。
 あれは結構けっこうこころにぐさっとくる。さすがにわるいことをしたとおもう。
 まるでだれのとはいわないが、お通夜つや状態じょうたいだった。
 ただしニヤニヤもしてしまう。
 ひっくりかえせばそれだけおれってあいされているんだな。
 なんだか余計よけいニヤニヤしていたら、バスにわせた女子高生じょしこうせいへんかおをされてしまった。
 「あのおじさん、こっちてニヤニヤしててキモちわる」ってかおいてあるようだ。
 誤解ごかいだが、わざわざこえけてわけしたら余計よけい気味悪きみわるがられるにまっている。
 せぬ。まだおっさんにはえないとおもう。えないよな? ふむ、むむむ。
 めずらしく私服しふくなんてているので、自分じぶんでは判断はんだんむずかしい。

 なんとか目的もくてき洋菓子店ようがしてん到着とうちゃくしてシュークリームの購入こうにゅうができた。
 またバスにられてもどる。ちょうど反対はんたいがわなのが非常ひじょうしいみせだ。
 これが近所きんじょだったら週一しゅういちかよってもいい。

「ただいま」
「「「おかえりなさい」」」
「お、おう」

 やけに気合きあいはいっている三人組さんにんぐみむかえられた。

「シュークリームをさっそくべようか」
「「「やったーー」」」

 こえそろえてねる。
 お、おう。ひさしぶり、れるおっぱいちゃんたち。
 はる陽気ようきでだいぶあたたかくなり、いえなかなので薄着うすぎだったのだ。
 ぷるんぷるん。

「まるでプリン」
「プリンもってきてくれたの?」
「いや、ってきたのはシュークリーム」
まぎらわしい」
「ごめん」

 また平謝ひらあやまりのおれだった。二重にじゅう意味いみで。

「あっプリンね、あ、うん」

 ニヤリとハルカがわらう。

隊長たいちょう

 おれのほうをてからララちゃんに視線しせんうつす。

「プリンつけましたっ」
「きゃっ、な、なななな、なに?」

 ハルカがガシッとララちゃんのおっぱいをつかむ。
 おっぱいがれる。れる。れる。

「“プルンプルンですう”」

 ハルカがララちゃんの口真似くちまねをしてつかんでいるおっぱいを強調きょうちょうしてくる。

「もうやめてぇ」
「はい、これがプリンの正体しょうたいでした」
「なるほどですっ」

 いもうともララちゃんのプリンを納得なっとくがおをしていた。
 ララちゃんはすみずかしそうにかおあかくしてちぢこまっている。
 そのあとシュークリームは美味おいしくいただきました。
 プリンもべたかったなぁ。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する