設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第41話 エルフちゃんとバレンタイン
だい41 エルフちゃんとバレンタイン

 二月にがつえばバレンタイン。
 そのむかえる数日すうじつまえのこと。

「はぁ、いいよな、景都けいとは」
「なんだよ、しけたかおして」
「どいつも、こいつも、バレンタイン、バレンタイン。おれあたまがおかしくなりそうだ」

 いつになくダウナーなアキラにおれあきれる。
 こいつじつ毎年まいとし数個すうこもらっていることくらいっている。
 ただ周辺しゅうへんではなくかおとおかえ目当めあてのすこはなれた位置いちばかりだった。
 ガチめの本命ほんめいチョコはもらったことがないらしい。

景都けいとはいいよな、いもうと幼馴染おさななじみ彼女かのじょそろってて」
「まあ、そうだけど」
「そうだけどってその布陣ふじんでどこに問題もんだいが」
毎年まいとしれいかんがえるのがだるい」
「いいじゃねえか、全員ぜんいん本命ほんめいチョコだろうが」
「そうだけど」
「だあああ、どこがそうだけど、の不満ふまんはい余地よちがあるんじゃ」

 アキラはキレ気味ぎみだった。
 毎年まいとし恋心こいごころをちらつかせたえさびついて豪華ごうかなおかえしをしていたが、それがただのおかえ目当めあてだとってからはおにになってしまったのだ。
 もちろんマジでやっているわけではなく、そういうポーズである。
 そのほうがらくなんだそうだ。
 本気ほんきがいたらどうするなんだか。可哀想かわいそうなことだ。

「えへへ、バレンタイン……」
「あはは、バレンタイン……」

 ハルカはこの時期じきおれおくるチョコをかんがえるのにせいいっぱいで使つかものにならない。
 今年ことしはララちゃんまでそれにざっている。
 二人ふたりともうわそらそらんでいるひつじかぞはじめる始末しまつだ。
 ハルカは毎年まいとしチョコをおくつづけてきた。健気けなげにも疎遠そえんだった中学ちゅうがく時代じだい放課ほうかにひっそりいえわたしにきていた。
 おれずかしいとはおもいつつり、チョコのおれいのホワイトデーだけはわたしていた。
 だからいまもこうして二人ふたりなかけたりぎくしゃくせずにんでいたのだろう。ハルカには感謝かんしゃしきれないおんがある。

 いもうとけんもそうだ。おれにはできないおんな同士どうしのサポートは彼女かのじょしかできないことだった。
 母親ははおや父親ちちおやえらんだものの、心配しんぱいだったのか当初とうしょはしょっちゅうおれ電話でんわしてきていた。ハルカがうごいていることをはなすとだいぶ安心あんしんしたのか電話でんわ頻度ひんどるようになった。ハルカと母親ははおやもたまに電話でんわしていたようだ。

 おれたちも毎日まいにちずっと一緒いっしょにいるわけではない。
 今日きょうあたりチョコでもいにくのだろうか、ララちゃんとハルカが仲良なかよをつないでかえっていく。

「んじゃかえるか」
「おう」

 おんな戦場せんじょうおとこ口出くちだしをするわけにはいかない。
 これは彼女かのじょたちのメンツをかけた、一年いちねん一度いちど全面ぜんめん戦争せんそうなのだ。

  ◇

 わたしはバレンタインデーというイベントをたのしみにしていました。
 このイベントをいたときからむね高鳴たかなおもいです。
 おんなきな意中いちゅう男子だんしにスキの気持きもちをチョコレートにめておくるのだそうです。
 なんて素敵すてきなんだろうとおもいました。

 そんなはエルフィール王国おうこくではいたことがありませんでした。
 さすが地球ちきゅう行事ぎょうじ一味ひとあじ二味ふたあじちがいます。
 これはおんな本気ほんきになってしまうのもうなずけます。

「ララちゃん、今日きょう放課ほうか、チョコをいにこうか」
「はいですぅ。ついにそのがきたのですね」
「そうです。わたしたちの全力ぜんりょくせてあげるのよ」
「これでケートくんもいちころですぅ」
「いや景都けいとはなかなかしぶといのですよ」
「ほほう、そうなのですかぁ」
毎年まいとしもらえるとたかをくくっていて、しかもいもうとわたしから本命ほんめいチョコだというのにダブルでもらっているから感覚かんかくがもうマヒしてて普通ふつうのチョコだけじゃ」
「なるほど、それはごわいですぅ」

 さてチョコをもらうのにれきった、ごわいケートくんとすための秘策ひさくとはなんでしょうか。
 あまりにアグレッシブなことをすればかれてしまい逆効果ぎゃくこうかなことぐらいっています。
 これはおわらいゲームではなく、真剣勝負しんけんしょうぶなのです。
 これで将来しょうらい結婚けっこんまるといっても過言かごんではないのですから、わたしたちもいつになく本気ほんきすというものです。

 学校がっこうからいもうとのエリカちゃんと合流ごうりゅうしました。

今年ことし三人さんにんごわいですが、バラバラにうごいてそれぞれ痛手いたでをこうむったらもともありません」
「そのとおりですハルカおねえちゃん」
「そうですそうですぅ、ハルカさん」

 えいえいおーと三人さんにん円陣えんじんみます。

今年ことし運命うんめい共同体きょうどうたい一緒いっしょ戦略せんりゃくりましょう。どのような方法ほうほうればあの景都けいとをよろこばせられるか、真剣勝負しんけんしょうぶです」
「そうですぅ、頑張がんばるですぅ」
「やちゃいましょう」

 ちょっとわたしこえ覇気はきがないせいかふふっとわらわれてしまいました。
 しかしそれはそれでなごんでちょうどいい塩梅あんばいになるから面白おもしろいのでした。
 わたし一役ひとやくっているのです。メインメンバーです。
 メンバーなんてかたではないですね。

 ――メインヒロイン。

 そうです、そういうひびきですね。素晴すばらしいです。みんなケートくんのヒロインなのです。
 白馬はくばったケートくんむかえにてもらえるように、おうまさんにえさをあげなければなりませんからね。

 そうして血眼ちまなこになってさがしたチョコレートは結局けっきょく駅前えきまえスーパーでっている大手おおてブランドのなまチョコレートになりました。

「なんやかんやって、これがこの時期じきくらいしかあまりっていなくて、そしておいしいんですよね」
「そうですそうですねぇ」
「はいっ、おねえちゃんたちのとおりです」

 ついに二月にがつ十四日じゅうよっかがやってきた。

「いっせいの……」
「「「ケートくん、チョコレートです」」」

 いえかえってきて居間いまはいるなり、ちきれなくなった彼女かのじょたちがこえげる。
 にはそれぞれのなまチョコレートがならんでいる。

「えっと」
わたしからは、その、抹茶まっちゃあじにしてみました」
「ああ、ありがとう、ハルカ」
「よっしゃ」
わたしはおにいちゃんのこと大好だいすきだから、イチゴあじ
「ああ、イチゴあじきだよ、ありがとう、エリカ」
「やったぁ」
わたしはそのはじめてだから、スタンダードのなまチョコレートに気持きもちをめましたぁ」
「ああ、ありがとう、ララちゃん」
「やったですぅ」

 三人さんにんともをギュッといてをウルウルさせている。
 ちょっとアキラにはせられないなコレは。今日きょうばかりは全員ぜんいん本気ほんきだ。

「みんな、その、きだよ、あいしてる」
「「「きゃああ」」」

 おれ三人さんにんかれてもみくちゃにされるのだった。
 なにがとはわないけど、とてもやわらかいのでした。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する