設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第37話 エルフちゃんとお正月
だい37 エルフちゃんとお正月しょうがつ

 新年しんねん元旦がんたんあさ七時しちじ一家いっか居間いま集合しゅうごうした。
 ちなみに本来ほんらいなら「元旦がんたん」は新年しんねんあさのことで「元日がんじつ」とはことなるが、近年きんねんよく混同こんどうされる。
 うちの居間いまにはちいさな神棚かみだながある。最近さいきんいえにはめずらしいが災害さいがい自国じこく文化ぶんかくわしい親父おやじだけはある。
 家長かちょう親父おやじ徳利とっくり神棚かみだなささげる。

 パンパン。

「あけまして、あけましておめでとうございます」
「「「おめでとうございます」」」

 神社じんじゃ参拝さんぱいするのとおなじように神棚かみだないのる。

「それじゃあ、お神酒みきね」
「お神酒みきですぅ」
「ふふ」

 かがやかせるララちゃんにいもうとのエリカがふふっとわらう。
 うん、うちは平和へいわだ。素晴すばらしい。
 徳利とっくり日本酒にほんしゅれてある。
 さかずきをそれぞれ順番じゅんばんち、少量しょうりょうれてむ。
 未成年みせいねんにおいをぐだけだ。くちをつけてもいい。
 おれはあまりきではないけど、神事しんじだからとおもっている。

「これが日本酒にほんしゅですぅ」
「うん。異世界いせかいではどうなの?」
「えへへ、ワインがおおいですかねぇ」
「ワインむんだ?」
「たまにすこしだけですぅ」
「なるほど」

 ちょっとだけむらしい。
 食前酒しょくぜんしゅみたいな感覚かんかくだろうか。

「お年玉としだまだぞ」
「「「わーい」」」

 おれたち三人さんにんともお年玉としだまもらった。

「ごごご、五万ごまんえんはいっていますっ」
「みんな去年きょねん頑張がんばったからな、出血しゅっけつだいサービスだ」
「「「やったーー」」」

 おれ一緒いっしょになって大喜おおよろこびをした。
 ララちゃんは異世界いせかいからたのに頑張がんばった。そしてエリカをなおした。
 エリカは病気びょうきだったのに頑張がんばった。成績せいせきはぐんぐんびていて埼台さいだいひがし高校こうこう合格ごうかくラインまでのぼってきた。
 おれはララちゃんやエリカのサポートをおも頑張がんばった。
 ピンポーン。

「おはようございます」
「おお、新年しんねんあけましておめでとう。ハルカ」
新年しんねんあけましておめでとうございます。景都けいと

 べつなにがあるわけでもないけどふふっとわらう。新年しんねんからいいかんじだ。

「おおハルカちゃん、はいお年玉としだま
「ありがとうございます」

 ハルカはまだ親戚しんせきではないがうちとハルカんちのなかなのでこうしてお年玉としだまげる風習ふうしゅうがあった。

「おじさん、五万ごまんえん! こんなにたくさん」
去年きょねんはエリカの病気びょうきなおってみんな頑張がんばったからな、特別とくべつサービス」
「ありがとうございます」

 ハルカがぺこぺこあたまげる。
 べつ正月しょうがつだからといっても普段着ふだんぎだ。うすピンクのダウンジャケットがかわいい。
 したはこのくそさむいのにあおいミニスカートだったりするんで、女子高生じょしこうせいあなどれない。

「ではまた新学期しんがっきに」
「おお、じゃあな」

 おれたちはやまほうっておじいちゃんちをハシゴする。
 父方ちちかた母方ははかた両方りょうほうった。
 ララちゃんのぶんのお年玉としだまもちゃんともらえた。どちらも一万いちまんえん
 おひるはお雑煮ぞうに御馳走ごちそうになった。
 わがけんでは雑煮ぞうにはおもち醤油しょうゆベースのましじるで、味噌みそやお汁粉しるこけいではない。

 年賀状ねんがじょう配達はいたつされてきた。
 友達ともだちやおじいちゃんの、それからタクシーのおじいちゃんと孫娘まごむすめ瑞希みずきちゃんからもきていた。
 瑞希みずきちゃんもひとしたいもうとおな学年がくねんだ。
 年賀状ねんがじょうには『調子ちょうしがよく、もうすぐ退院たいいんです』と写真しゃしんとも印刷いんさつされていた。
 手書てがきで『本当ほんとうにありがとうございました』と追記ついきされている。
 高校こうこうべつになった中学ちゅうがく友達ともだちとも何名なんめい年賀状ねんがじょうつづいている。男子だんしだけだけど。

 ゆうはん豪勢ごうせいだった。
 でカニ、なまエビ、ホタテのおおきな貝柱かいばしらほんマグロのお刺身さしみ、それからかず
 あとおせちセットがかれている。

美味おいしいモノいっぱいですぅ」
「あぁ、これが日本にほんのお正月しょうがつ、だとおもう」
「すごいですぅ。まるで貴族きぞくみたいですぅ」
「あはは、ララちゃん貴族きぞくか、いいね、貴族きぞく

 親父おやじにもおおうけだった。
 じつをいえばここまで豪華ごうかなのははじめてだ。よっぽどエリカが回復かいふくしたのがうれしいとえる。
 まあそれだけいままでずっと苦労くろうしてきたということだろう。

 二日ふつか三日みっかとカニとおせちののこりそれから雑煮ぞうにべた。
 四日よっかはうちではキムチなべだ。めのチーズトッピングの雑炊ぞうすいわすれない。
 毎日まいにちいそがしくぎていく。
 新学期しんがっきはじまり一月いちがつ七日なのか学校がっこうからもどってきて今日きょうゆうはんはアレとまっていた。

雑草ざっそう雑炊ぞうすいですかぁ」
「まあそんなかんじ。七草粥ななくさがゆっていうんだ」
「ほへぇ」

 はる七草ななくされてべる。厄除やくよけなのかな、よくはらないけど。

「それじゃあ、景都けいと、エリカ、ララちゃん、しっかりやってね」
「ああ、ってらっしゃい。転移てんいもんはどう?」
発掘はっくつ順調じゅんちょうすすんでる。いつ起動きどうするかからないから手探てさぐりだけど一周年いっしゅうねんにはわせる」
かった。頑張がんばって」
「おおっ! ってくる」
ってきます~」

 両親りょうしんいえからていく。
 両親りょうしんのちょっとなが年末ねんまつ年始ねんしやすみはこうしてわりをげた。
 遺跡いせき発掘はっくつすすんでいていそがしいらしい。
 場所ばしょみなみ太平洋たいへいよういたことがないような島国しまぐにだそうだ。

 それに前後ぜんごして日曜日にちようび
 この地区ちくのどんどきというおまつりがあった。
 場所ばしょ東川とうせん境内けいだいだ。神社じんじゃでやる場合ばあいもある。
 うちの近所きんじょだと規模きぼちいさいけど吉田神社よしだじんじゃとかでやっているとおもう。

「なにこれぇ、えてるですぅ」
「ああ、こういう行事ぎょうじ
わっていますねぇ」
「そうかもね」

 うちにもしめなわ正月しょうがつかざりがあった。
 今年ことし両親りょうしん年末ねんまつってきた豪華ごうかなものが使つかわれた。ダイダイもついていた。
 門松かどまつまではさすがにいていない。
 正月しょうがつかざりはやしてしまい、ダイダイはながたけぼう先端せんたんす。
 そうしてかざりなどをやしているほのおでダイダイをくのだ。
 もち一緒いっしょくこともある。

「おもちあついですぅ」
をつけてべて」
「はいですぅ」
ひさしぶりだなぁ」

 いもうとなつかしんでいた。
 ダイダイはたけぼうのまま玄関げんかん付近ふきんして魔除まよけとするんだとおもう。

 ララちゃんがおもち頬張ほおばってるかおはほっぺがふくらんでいてリスみたいでおもわず写真しゃしんりたくなるくらいかわいかった。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する