設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第33話 エルフちゃんの誕生日
だい32 エルフちゃんと林間りんかん学校がっこう

 十一月じゅういちがつである。
 おれたちの高校こうこうでは林間りんかん学校がっこうがある。

 バスにられて県下けんか山岳さんがく地帯ちたいへとすすんでいく。
 そうしてやま中腹ちゅうふくまできたところでバスをろされた。

「うへぇ、すごい山道やまみちだった」
「エルフのさとみたいにふかやま大好だいすきですぅ。ケートくん大丈夫だいじょうぶですかぁ」
「おい、しっかりしろ、景都けいと大丈夫だいじょうぶか」
「もうしたばっかりてるからそうなるのよ」

 山道やまみちでララちゃんのおっぱいがれるなとおもっておっぱいばっかりていたらすこってしまったようだ。
 こればかりはおれ自業自得じごうじとくといえる。反省はんせいしきりである。
 もっとそとほうればよかった。

 到着とうちゃく早々そうそう今日きょうはオリエンテーリングをするらしい。
 一応いちおう説明せつめいすると地図ちずとポイント周辺しゅうへんもらい、ポイントかん移動いどうしてすすむというスポーツのようななにかだ。
 よく地図ちず間違まちがえてみ、へんみちすすむのがあるあるだった。
 おれなんて過去かこしょっぱなからみち間違まちがえてひどったことがある。
 途中とちゅうかえしてきたけどそのぶん、長距離ちょうきょりあるかされた。

「ということで出発しゅっぱつ
「「「おー!」」」

 やるだけでもせる。
 今日きょうはる遠足えんそくおなじジャージ姿すがただ。
 だいぶあきふかまってきた。

 山道やまみちすすんでいく。最初さいしょのチェックポイントは道路どうろひだりカーブのところにある歩行者ほこうしゃようかれみちみぎへ、手前てまえかどちいさな小屋こやがある。
 こうやって目印めじるして、それからチェックポイントの看板かんばんがあれば、それを確認かくにんしてさきすすむ。
 チェックポイントにはアルファベットがられていて判別はんべつできる。

「なるほどですぅ」
「ララちゃんははじめてだもんな」
「そうですぅ」

 そりゃエルフりょうにはオリエンテーリングなんてないだろう。
 ただし彼女かのじょのほうが経験けいけんはある。
 どういうことかというと冒険者ぼうけんしゃだから、こういうやまにはつよい。ジャングルみたいなエルフのもり毎日まいにちあるまわっていたはずなのだ。
 チェックポイントをすすむなんてのももちろん日常的にちじょうてきにやっているから、朝飯あさめしまえなのだろう。

みち間違まちがえてんじゃうエルフもいましたぁ」
「そっか、異世界いせかいきびしいな」
「はいですぅ。ここは迷子まいごになっても大丈夫だいじょうぶなんですよね?」
「まあ、一応いちおう。たまに事件じけんにはなる」
「それじゃあ、をつけてすすみましょう」
「「「ほーい」」」

 エルフ先生せんせい先導せんどうされてさきすすむ。

 歩行者ほこうしゃよう登山道とざんどうすすんでいく。
 みち自体じたいせまいが宿泊しゅくはく施設しせつ周辺しゅうへんはオリエンテーリングのために整備せいび自体じたいはされているので、やぶなかすすむようなことはない。
 周辺しゅうへんやまだったり一部いちぶはたけひろがっている。
 日本にほん平野へいやはほぼはたけなどに利用りようされているので、林業りんぎょうとかで使つかっているならともかく未開拓みかいたくというのはあまりないのかもしれない。

「カエルさんですぅ」

 ぐげぇぐげぇ。

 へん野太のぶとこえく。それにしてもデカい。十五じゅうごセンチくらいある。
 いろ茶色ちゃいろ。いわゆるガマガエルとわれるタイプだとおもう。

ってかえって、べますか?」
「いやいやいやいや、いらん」
「そうですかぁ。美味おいしいのに」
「いらん」
「そう……ですか」

 なぜかかなしそうなララちゃん。
 そんなにうまいのだろうか。
 うまかったとしても少年自然しょうねんしぜんいえにお世話せわになっているので、ってきてべるわけにはいかない。

 カエルをけてすすむ。
 しばらくすすんだらまた闖入者ちんにゅうしゃだ。

「ううぉおお、ヘビヘビ」
「ヘビちゃんですぅ」
「ララちゃん、どくヘビかもしれないから」
大丈夫だいじょうぶですぅ。これくらいなら平気へいきですぅ」

 ララちゃんがヘビの首根くびねっこをひょいっとつかみ、ポイッととおくへげる。
 ヘビはバサッとくさむらにちてげていく。

「すげえ」
冒険者ぼうけんしゃならこれくらいへっちゃら、ちゃらんぺ、ぽんぽんぽんですぅ」
「ふふ、なにそれおかしい」
「ララちゃん……面白おもしろだったか」

 普段ふだんせない陽気ようきなララちゃんはなんだか面白おもしろい。
 これならペアをんでいたロイヤちゃんもさぞたのしく冒険者ぼうけんしゃ活動かつどうをしていたのだろう。
 それをおもうと、ちょっとさびしくかんじてしまう。

 こういうあかるいララちゃんをおれたちは学校がっこう勉強べんきょうさせているのだ。
 もっと本来ほんらい元気げんきなのに。
 義務ぎむ教育きょういくではないけれど、転移てんいしてしまって窮屈きゅうくつおもっていないのだろうか。

「ララちゃん、学校がっこうたのしい?」
「はいっ、いつも色々いろいろらないことを勉強べんきょうできてたのしいですよぅ」
「そっか」

 わるくはおもっていないようだ。
 本人ほんにんたのしいというのならおれたちがとやかく権利けんりはない。

 オリエンテーリングはおれたちのはんがタイムもみじかくて優秀ゆうしゅうだったらしい。ララちゃんのおかげだ。

 よる。キャンプファイアをやる。
 煌々こうこうかがやほのおながら、まわりをみんなでおどる。
 強制的きょうせいてき参加さんかはもうだいぶまえ廃止はいしされて、いまきなだけがまえおどるような仕組しくみになっている。
 なかにはここで本当ほんとうきなおどるために、一生いっしょう一度いちどだい告白こくはくをしてダンスにさそっているニヤニヤしてしまう男子だんしとかもいた。

「おっと告白こくはく成功せいこうおめでとう」
「「「おめでとう」」」

 無事ぶじにカップルになったらしい。
 おんな積極的せっきょくてきなのかかおちかづけてくちびる同士どうしのキスをめた。
 キャンプファイアのほのおにテンションががっているのだろう。
 あの女子じょしにしても普段ふだんはもっと大人おとなしいだった。

「「「うぉおお、おめでとう」」」
「「「ひゅーひゅー」」」

 みんながはやてる。
 そして二人ふたりほかおどっているペアたちにじってダンスをする。

おれたちもおどるか」
「もちろんですぅ、ケートくん、リードしてくださいねぇ」
「あはは、お手柔てやわらかに」

 おれはララちゃんそして順番じゅんばんにハルカともおどった。

「なんだ景都けいと、ララちゃんとハルカ両方りょうほうおどったのかぁ」
両手りょうてはなだな、うまあしられないように注意ちゅういしろよ」
浮気うわきなんて不潔ふけつです。景都けいとくん真剣しんけん一人ひとりえらぶべきです」

 なにやらクラスメートにここぞとわれてしまったがぐうのない。
 よるはんのカレーをつくって男女だんじょべつかれて睡眠すいみんをとりあさみごはんのおにぎりをべた。
 とにかくこうしてたのしい林間りんかん学校がっこうごした。
 またおれたちの予定よていカレンダーがまっていく。
 ララちゃんと一年いちねん頑張がんばろうと約束やくそくした五月ごがつから半年はんとし経過けいかしていた。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する