設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第26話 エルフちゃんと運動会
だい26 エルフちゃんと運動会うんどうかい

 九月くがつあきれの
 全校ぜんこう生徒せいとみんな運動うんどうじょう整列せいれつしていた。

「それでは、体育たいいくさい開催かいさいします」

 体育たいいく委員会いいんかい委員長いいんちょう開催かいさい挨拶あいさつをする。
 うちのクラスは紅組あかぐみだ。

頑張がんばりますぅ」
「「おおぉおお」」

 ララちゃんのごえでうちのクラス男子だんし一斉いっせいこえげた。
 まったく現金げんきんなものだ。
 みんなララちゃんおっぱいきょう信者しんじゃとなり、今日きょう一日いちにち頑張がんばるつもりなのだろう。

 もの競争きょうそうだ。ララちゃんの出場しゅつじょう種目しゅもくでもある。

位置いちについて、よーい、ドン」

 みんな一斉いっせいにスタート。
 ララちゃんはちょっとおく気味ぎみだ。短距離たんきょりそうだとおっぱいがばるんばるんとれて邪魔じゃまなのは明白めいはくだった。
 ララちゃんがもののメモをひらいた。

「お、ララちゃんなんだろうな」
「こっちてるぞ」
「なんだなんだ」

 そうしてコースからはずれてものさがしにこちらにかってくる。

「ケートくん~~」
「お、おれ?」
「はいっ」
なにりにたの?」
「えへへ、いいじゃないですか。一緒いっしょてください」
「ああ、かった」

 おれがララちゃんにかれてれてかれる。

「ひゅーひゅー」
「アツアツだねぇ」
「カップル成立せいりつかぁあああ」

 ヤジがたくさんんでくる。
 ゴール地点ちてんにいる審査しんさいんかみわたすとララちゃんがちょっとかおあかくする。

信頼しんらいしているひと、ね、ふむ」
「ケートくんわたし一番いちばん信頼しんらいしているひとです」
合格ごうかく
「やった」

 こうしてララちゃんのもの競争きょうそうわった。

 いくつかの競技きょうぎすすんでいく。
 玉入たまいれになる。これはクラス全員ぜんいん参加さんかだ。

 バーン。

 一斉いっせいたまげる。ひろってはたまげる。
 ちらっとララちゃんをるとたまげるたびにすこしジャンプするのでおっぱいがぷるんぷるんとれていた。
 今日きょうはよくれるな。
 まわりをてみるとろくたまげずにララちゃんのおっぱいばかりている不届ふとどきものが何人なんにんもいた。
 観客かんきゃくなかにもララちゃんを凝視ぎょうししているとおもわれるひとがいる。
 まったくもう男子だんしはこれだから。

 バーン。

 そんなふうにているうちにわってしまった。
 うちのクラスは最下位さいかいだった。無念むねん

 縄跳なわと競技きょうぎとなった。
 クラス対抗たいこう男女だんじょ混合こんごうだ。
 なわくのは体格たいかくのいいマッチョメンとまっている。うちのクラスにも都合つごうよく二人ふたりいるのでかれらの仕事しごとだった。
 そして監視かんしがかりという合図あいずおくったりする専用せんようひと二人ふたりいて、クラス委員いいんのアキラとその代理だいりおれられていた。
 ほかのクラスでは縄跳なわとびが極端きょくたん苦手にがて女子じょしがやっていることがおおい。いわゆる免除めんじょわくなのだった。

「せーの」

 アキラの合図あいずはじめる。かずかぞえるのも監視かんしがかり仕事しごとだ。
 それでもって普通ふつうなら男女だんじょわかれて左右さゆういていて女子じょしることはできないのだけど、おれたちはれる。
 もうおかりだとおもうがララちゃんとハルカ筆頭ひっとう女子じょし全員ぜんいんのおっぱいがれる。
 側面そくめんなのでまるかりだった。
 ぽよんぽよん。ばるんばるん。ぽんぽん。
 もちろんちいさなおっぱいのもいる。そういうでもすこ上下じょうげれるのがかる。

二百にひゃく!」

 おれがおっぱいを監視かんししているうちに二百にひゃっかい記録きろくしそのまま記録きろくびていく。
 最終的さいしゅうてきにうちのクラスは二位にいになり、紅組あかぐみ得点とくてん加算かさんされた。

 つぎ女子じょし棒引ぼうびきだ。

はじめ!」

 バーン。
 うちの学校がっこう女子じょしたちがなんグループかにわかれて順番じゅんばんにやる。
 ハルカもララちゃんも参加さんかしていた。
 ぼう次々つぎつぎ自軍じぐん陣地じんちっていく。
 おんなだからといってもかなり、うん、こわいくらいにはげしくりあい、たくさんのひとむらがっている。
 直接ちょくせつ相手あいてってはいけないが、かなりの剣幕けんまく威嚇いかくするひとなんかもいた。
 普段ふだんはかわいいおんなたちもはげしい一面いちめんっているようだ。
 しりかれてしまうわけだ。男子だんし諸君しょくんにはきもめいじる映像えいぞうとなった。
 おっぱいもはげしくれていたのはいうまでもない。

 五十ごじゅうメートルそうばんになった。
 これは体育たいいく時間じかん予備よび記録きろく測定そくていして紅白こうはく半々はんはんちかいタイムのひと同士どうしならんではしる。

 おれ善戦ぜんせんして、グループ一位いちいをもぎることができた。
 さて問題もんだいはララちゃんだった。
 いまにもきそうなかおをしている。
 対戦たいせん相手あいて横幅よこはばのあるガタイのいい、おねえさんたちばかりだった。

「ララちゃーん」
頑張がんばれーー」
「フレフレッ、ララちゃん。フレフレッ、ララちゃん」
「「「うおおおおおお」」」

 男子だんしたちが血走ちばしらせていまいまかとそのときかまえている。

位置いちについて、よーい」

 バン。

 スタート。ララちゃんの反射はんしゃ神経しんけい冒険者ぼうけんしゃだけあってさすがだった。
 若干じゃっかんのリードができていた。
 しかしララちゃんには巨大きょだいなハンデがついている。おっぱいだ。
 ブラでさえているというのに、上下じょうげ左右さゆうれにれ、ばるんばるんとあばれている。
 バランスもわるいのだろう、まっすぐスピードにってはしることはかなわない。
 いまにもしてしまいそうだが、健気けなげにも一所懸命いっしょけんめい綺麗きれい手足てあしうごかしてはしっている。
 今日きょう一番いちばん声援せいえんがララちゃんにけられる。
 だいがりだった。
 相手あいて巨体きょたいだ。その迫力はくりょくはすごいがララちゃんのほうがすこしだけはやい。

 こうしてララちゃんはなんとか初速しょそくのリードをたもち、一位いちいゴールをめた。
 今日きょう最大さいだい拍手はくしゅ運動うんどうじょうひろがった。

 おお玉転だまころがしもあった。みんなたのしそうにおおきなたましてころがす。
 たまにへん方向ほうこうころがしてしまい失敗しっぱいしてしまうチームもあった。
 まぁなんというかなごわくだ。

 すうねんまえであればこのあと騎馬戦きばせんっていたようだけど、いまでは時代じだいながれで廃止はいしになった。
 ララちゃんのおっぱいがみくちゃにされるのは回避かいひされることとなった。

優勝ゆうしょう紅組あかぐみです。おめでとうございます」
「「「うおおおおお」」」

 拍手はくしゅこる。

「やりましたぁ」
最後さいごのララちゃんのはしりには感動かんどうした。胴上どうあげだあ」
「「「うおおおおお」」」

 ララちゃんが親衛しんえいたい男子だんしたちにかこまれる。
 そのまま胴上どうあげされ、ちゅうう。

「わっわぁっ、うわぁ、わわぁ」

 ララちゃんがそらぶと暴力的ぼうりょくてきなおっぱいがばるんばるんとれた。

「あ、ありがとうございましたぁ」

 ララちゃんの感謝かんしゃ挨拶あいさつ運動会うんどうかいまくじたのであった。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する