設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第25話 エルフちゃんと防災訓練
だい25 エルフちゃんと防災ぼうさい訓練くんれん

 夏休なつやす後半こうはん
 父親ちちおや母親ははおやおれんちにかえってきた。いわゆるお盆休ぼんやすみだ。

「ただいま、ケート、ララちゃん元気げんきにしてる?」
「おかえりおかあさん、親父おやじ
「こんにちはっ、おひさしぶりですぅ」

 ということで数日すうじつかんおれんちにとまっていくというとへんか。自分じぶんいえだから。
 べつまえから出張しゅっちょうおおかったが中学ちゅうがくがってから母親ははおやまで一緒いっしょにくっついていくようになって、いもうと入院にゅういんをするようになり、おれ一人ひとり生活せいかつしてきた。
 おやがいることにもいないことにも別段べつだんなんともおもわない。

 それでさっそく最近さいきん元気げんきになってきたいもうと病院びょういんくるまかう。
 父親ちちおや自家用車じかようしゃだが、なんだかこれにるのはなつかしいかんじがする。

元気げんきだった? エリカ?」
「おかあさん、おとうさん、あのね、あのね、わたし、もうだいぶ元気げんきになって、そのうち退院たいいんできそうなんだよ」
「あらそうなの? よかったじゃない、おめでとう」
「おめでとう、エリカ」

 父親ちちおや母親ははおや目頭めがしらあつい。
 海外かいがいまわっていたが、その目的もくてきひとつにエリカの治療ちりょうさがすことがあった。
 公式こうしきにはなにもないことになっているが、もしかしたら国際こくさい問題もんだいのエルフのララちゃんを日本にほんれさせていえにまでれてきたのは、そういうカラクリがある可能性かのうせいはあった。
 それがむすんだとしたら、これほどうれしいことはないだろう。

 病院びょういんスタッフもいるので、父親ちちおや母親ははおやもララちゃんについて言及げんきゅうはしない。なかなかの仮面かめんっぷりだが、本心ほんしんでは感謝かんしゃをささげているのだろう。
 たまにララちゃんのほうをチラチラていた。

「ララおねえちゃんには、本当ほんとうによくしてもらってるよ。それからお見舞みまいのおにいちゃんもハルカおねえちゃんにも」
「ああ、よかったな」
「うんっ」

 まえはこうやって元気げんき振舞ふるまおうとして返事へんじをすると、すぐんだりしていた。
 いまはもう本当ほんとう平気へいきらしい。
 顔色かおいろまえはもっと青白あおじろかんじだったがほおがほんのりあかくなって、元気げんきもどしてきているのがかるほどだ。
 こうやってるといもうともかなりの美少女びしょうじょだな。シスコンあに補正ほせいきにしても、そうおもう。

 いもうと相変あいかわらず原因げんいん不明ふめいということになっていて病院びょういんからられないので、おれたちは母親ははおや実家じっかとこのまえにもキャンプでった父親ちちおや実家じっか両方りょうほうかおして、墓参はかまいりをした。

「ひいおじいちゃんとひいおばあちゃんがねむっているんですねぇ」
「そうだよ。そのあと順番じゅんばんにおはかはいるのが日本にほん伝統でんとう
「なるほどぉ。エルフのさとだと一族いちぞくごとに墓地ぼちがあるけれどおはか個人こじんごとですねぇ」
「なるほどねぇ」

 そっかおはかつくかたくにによってちがう。

火葬かそうなのは一緒いっしょですね。エルフのさとというかこうの世界せかいではゾンビになってしまうので」
「おう、そうだった。こわっ」
「ゾンビはこわいですよぅ。ごくまれもりなか死体したいがゾンビになっておそってくるですぅ。冒険者ぼうけんしゃいのちがけなのですぅ」
「ララちゃんよくそんな職業しょくぎょうしてたよね」
冒険者ぼうけんしゃはあこがれの職業しょくぎょうですからねぇ。一攫千金いっかくせんきんゆめじゃないんですよぉ」
「なるほど」

 夏休なつやすみもわり、防災ぼうさい訓練くんれんがあった。

訓練くんれん地震じしんです、地震じしんです。これは訓練くんれんです』
「わわっ、なんですかこれっ」

 事前じぜんらされているとはいえ、いままでなかった放送ほうそうにララちゃんもびっくりしている。
 つくえしたかくれることになっているのであたまむ。
 それから防災頭巾ぼうさいずきんというものがあるので、それをかぶってならんで校庭こうてい避難ひなんする。

「なんだか軍隊ぐんたいみたいですぅ」
「まあそうおもうよな」

 なんというか自分じぶんってる範囲はんい知識ちしきだと空襲くうしゅう警報けいほう避難ひなんている。いややったことはないけど。軍隊ぐんたいっぽい集団しゅうだん行動こうどうなのもまあそうだろう。
 地震じしん火災かさい実際じっさい避難ひなん必要ひつようになる可能性かのうせいつねにある。
 この日本にほん列島れっとうんでいれば実感じっかん自体じたいだれにだってあるだろう。
 ただ自分じぶんばんまわってくるとはあまりおもっていないのも事実じじつだとおもう。

あたま保護ほごするんですねぇ」
「そうだよ」
たしかに冒険者ぼうけんしゃあたまれちゃってんだとかもいましたね」
こわいことうね」
手足てあし怪我けがならひたすらいたいですけど、ハイポーションを使つかえばほとんどなおるんですけど、なぜかあたまはダメなんですよねぇ」
「なぜかって、まあ、なんでってわれるとのうみそがはいってるから、だよな、うん」
あたまれたらあたま復活ふっかつさせちゃダメなんですかね」
自意識じいしきってあたままってるとかんがえられるから、さすがにあたまがないのはダメなんだろうね」
「なるほど、地球ちきゅうのほうが医学いがくというのがすすんでいるんですね」
「らしいね。でもポーションでなおるならそれでもいいよね」
「はいっ」

 どちらかではなく両方りょうほうできれば万々歳ばんばんざいだとおもう。
 こうしてララちゃんも防災ぼうさい訓練くんれんをして、またひと経験けいけんんだ。
 やはりるだけと経験けいけんするのではちがうようで、感心かんしんしていた。

なつもいよいよわりですねぇ」
「うん」
つぎなにですかぁ」
「えっとね、体育たいいくさいだね。運動会うんどうかい
体育たいいくさいなんですか運動会うんどうかいなんですか?」
「えっと学校がっこうによるね。うちは体育たいいくさいだとおもう」
「なんで名前なまえちがうんでしょうね」
「さぁおれかんがえたことがなかったから」
不思議ふしぎですぅ」

 さすがエルフさん。色々いろいろ疑問ぎもんおもうようでおれたちはたりまえだとおもっていることでも、いてみるとなるほどそれも疑問ぎもんだなというのが結構けっこうある。
 ということでつぎ体育たいいくさいだ。
 みんなララちゃんとハルカの活躍かつやくれるとあって、最近さいきんっている。まったくおとこってやつはこれだから。
 まあおれおとこなのでたのしみではある。他人たにんのことはえない。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する