設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第21話 エルフちゃんと夏休み
だい21 エルフちゃんと夏休なつやす

 七月しちがつ下旬げじゅん。もうすぐうみはさんで夏休なつやすみになる。
 終業しゅうぎょうしき校長こうちょう先生せんせいながはなしをしていた。

「えーあー、みなさんも事故じこけて、へんこさないで、たのしくごしてください」

 どこかのほんからネタを頂戴ちょうだいしたらしく、埼台さいだいちがどうとかこうとか、戦国せんごく武将ぶしょうだれそれが領土りょうどとしていたとか、江戸時代えどじだいにはかわでの輸送ゆそう発達はったつしてこめ江戸えどはこぶための要衝ようしょうだったとか、いろいろだ。
 とにかく終業しゅうぎょうしきわり、教室きょうしつもどる。

「あぁぁ、テストもかえってきたし、やっとわりだな」

 おれたちのはん四人よにんとも赤点あかてんはない。

「ケートくん夏休なつやすみ、夏休なつやすみですよ」
「ああ、そうだな」
わたしはじめての夏休なつやすみです。アニメでました。ソロキャンプとかするんですよね」
「まあキャンプにはこうか。おじいちゃんちが県内けんないなんだけどやまほうちかくの川岸かわぎしにキャンプじょうがあるんだ」
「いいですね。きましょう」
「あと夏祭なつまつり。埼台さいだい毎年まいとし利根川とねがわ花火はなび大会たいかいがある」
「それもいいですね。おまつりっ、わたしあこがれです。アニメでました。浴衣ゆかたるんです。あと露店ろてんめぐりですね」
「おお、そうそう、そんなかんじ。実際じっさいくとおもったよりしょぼかったりするけど」
「そうなんですか。でも雰囲気ふんいきですよね。雰囲気ふんいき
「まあね」

 ララちゃんがうれしそうにぴょんぴょんねる。
 まあねるとおむねさまもぽよんぽよんれるわけですが、眼福がんぷく眼福がんぷく
 ただまえせきのクラスメートたちも視線しせんをチラッチラさせてララちゃんのむねれるのをぬすている。
 まったくなさけない。おれみたいに会話かいわよそおいつつ堂々どうどうれないのかね。

海水浴かいすいよくにもこう。あと市民しみんプール」
うみだったりプールだったりするんですか?」
「うん。うみなみがあるししょっぱいし、プールは市内しないちかいかららくだよ」
「そうですね。うみはえっとちょっととおいです」
「ああ一時間いちじかん以上いじょうかかるね」

 うみくとしたら湘南しょうなん方面ほうめんになってしまう。東京とうきょうけて神奈川かながわ中央ちゅうおうまでかないといけない。
 直線距離ちょくせんきょりえばもうすこちかくもあるけど、いいかんじに電車でんしゃはしっていない。

「あのですね。エルフのさとにもあるんですよ、夏休なつやすみ」
「へえぇぇ」
「こちらでいうところのバカンスですね」
「おおぉお、バカンス」

 なにやらカッコイイひびきのある言葉ことば、バカンス。

「それまでにおかねめておいて、二週間にしゅうかんぐらいやすむんです」
「へぇ」
「それで、エルフのもりなかにはなんしょいずみがあるんですけど、そちらにまりにくんです」
「いいね、いずみ。ちょっとエルフのいずみとかってみたい」
「でしょでしょ」

 うれしそうにエルフのさとはなしをする。

「まあかえれないんですけどね」
「う、うん」

 ちょっとだけしんみりする。

「でもいまはケートくんがいるから平気へいきですぅ」

 ニコニコ笑顔えがおおれけてくれる。プライスレス。
 おれはなしたばしてしまいそうだ。かわええのう。
 まごるおじいちゃんみたいな気持きもちだ。

「いっぱいあそびましょうね」
「おう」

 こうして午前ごぜんちゅうだけの終業しゅうぎょうしきをしてハルカも一緒いっしょいえかえる。

 翌日よくじつ

あさですよぅ」
「おう、もうあさか」
今日きょうはゆっくりさんですね。ケートくん
今日きょうから夏休なつやすみだからな」
「えへへ、じゃあわたしもゆっくりします」

 二人ふたりあさはんつくってべる。
 そうはいっても味噌汁みそしるもと冷凍れいとうはん解凍かいとうしてたまごり、たまごかけごはんにする。

「えへへ、たまごかけごはんですぅ」
「ララちゃんは平気へいきなんだよね、生卵なまたまご
「はいっ。べたのはこちらにはじめててでしたけど平気へいきでしたぁ」
「そっか」

 もちろん生卵なまたまごはダメというひともいるだろう。とく外国がいこくひとは。
 出汁だし醤油しょうゆをひとかけしてぜる。
 チーズをれてもまたちがあじになって美味おいしいが、今日きょうはノーマルタイプとしよう。

「エルフのさとにもニワトリとかたまごとかはあるんだよね」
「ありますね。とくにニワトリはそのへんあるまわってますぅ」
「ああ、なんか想像そうぞうできる」

 というか東南とうなんアジアみたいな雰囲気ふんいきをイメージしてしまう。
 よくニワトリがはないにされている。あとブタなんかもいる。

「ブタとかは?」
「いますよ。ブタさんもウシさんもそのへんあるいていますぅ」
「お、おう」
「それからサラマンダーとかロックちょうとかもいますね」
「それはそれは」

 ファンタジー生物せいぶつ一緒いっしょ生活せいかつしているのか。
 まあそりゃそうか。

わすれてはいけないのがアースドレイクさんです」
「なんとなくかるけどどんななの?」
ひくいゾウさんみたいなりゅうですね。おおきな荷車にぐるまくのに使つかうんですよ。それから軍隊ぐんたいでは戦車せんしゃにも使つかわれていますぅ」
「ほう、アースドレイクの戦車せんしゃか。なるほど」
「アースドレイクさん同士どうしだと道幅みちはばいっぱいでぎりぎりなんですぅ」
「だろうなぁ」

 エルフのさとはなんだか動物どうぶつえんみたいににぎやかそうだ。
 みちちいさいネコとかから巨大きょだいなアースドレイクまでとおると。
 日本にほんみたいにトラックはなくてもアースドレイクというがいるのだ。

 一度いちどでいいからってみたいな。
 はや転移てんいもんとかできないのだろうか。
 世界せかい存在そんざいしていて一度いちどはゲートがつうじたんだからできそうながするけど。

 おぼんには親父おやじたちも一度いちどもどってくるはずだ。
 メインの用事ようじとしてはいもうとのお見舞みまいだけど、墓参はかまいりももちろんする。
 今年ことしはララちゃんもれていくのだろう。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する