設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第20話 エルフちゃんと期末テスト
だい20 エルフちゃんと期末きまつテスト

 一学期いちがっきももうすぐわる。わるまえには恒例こうれい期末きまつテストがある。

 学校がっこう放課ほうか

景都けいとぉ、またまえみたいに一緒いっしょ勉強べんきょうしようかぁ」
「なんだ、ハルカいいぞ。ララちゃんも一緒いっしょにやるよな?」
「はいですぅ」
「そうかそうか、よしよし……」

 ハルカがララちゃんのあたまをナデナデしている。
 ララちゃんも気持きもちよさそうにほそめていた。
 なんだかラブラドール・レトリバーみたいだな。
 金髪きんぱつだから余計よけいそうえる。なんとも微笑ほほえましい。

「テストまであと一週間いっしゅうかんだもんね」
「おう」
「ララも頑張がんばりますぅ」

 ガッツポーズでめる。
 こうしていえかえり、ハルカをいえげる。

「お邪魔じゃましまーす」
「お邪魔じゃまされます」
「もうなによ、それじゃあわたしがお邪魔じゃまむしみたいじゃん」
おれとララちゃんのあいなんでね」
一緒いっしょんでるだけのヘタレのくせに生意気なまいきな」
「そうだけどな」
「ふふ、そういう意味いみでは景都けいとのことは信頼しんらいしてるから」
「ああ……」

 幼馴染おさななじみだけあっておたがいかなり信頼しんらいしあっている。
 このへんのことはララちゃんよりきずなつよいのかもしれない。

「はーい、ララちゃん特選とくせん、ハーブティーでーすぅ」
「おお、さんきゅ」
「ありがとう、ララちゃん」

 みんなで居間いまのテーブルにつく。
 ララちゃんももうシステムキッチンを使つかいこなしていた。
 もうなつだ。冷房れいぼうれてすずむ。

「あぁそとあつかった。冷房れいぼうかぜすずしぃ」
「ああもう冷房れいぼうなしの生活せいかつかんがえられないな」
「だよねぇ」
昭和しょうわのおっさんはなつでも扇風機せんぷうきだったみたいだけどな」
「へぇ」
むかしのアニメとかでたことあるだろ」
「あぁあ、たしかに」

 うちは両親りょうしん結婚けっこんしてからうちてたので冷暖房れいだんぼう完備かんび断熱だんねつ効果こうかたかい。
 父親ちちおや次男じなん長男ちょうなんいえいだらしい。
 屋根やねにはソーラーパネルがついていて停電ていでんでも電気でんき使つかえるように蓄電ちくでんバッテリーも装備そうびしている。
 親父おやじ職業柄しょくぎょうがら関係かんけい災害時さいがいじへのそなえなどにうるさいので、そういうこだわりがあるらしい。
 それからお風呂ふろ大人おとな二人ふたりぎりぎりはいれるくらいのひろいタイプだ。

 ララちゃんもハルカもあせいてほんのりシャツがけている。
 しろいシャツがペールオレンジになっていて、おれ視線しせんおよがせた。
 とくむね谷間たにまのとこがになる。
 はだかよりなんかより、エロいがする。

「ぷはぁ」

 こおりれたアイスハーブティーはのどしもさわやかでかえる。
 ついでにおれ煩悩ぼんのうばしてくれると、うれしいんだけどな。

「これ、ほんのちょっとっぱくて美味おいしいね。ララちゃん、ありがとう」
「ハルカさんもさっぱりしたいとおもいまして」
「いいねいいね、く」
「えへへ」

 とにかく勉強べんきょう道具どうぐさないとはじまらない。
 ノートと教科書きょうかしょひらき、勉強べんきょうはじめる。

 ハルカはそのクソ真面目まじめ成績せいせき優秀ゆうしゅうだ。
 ララちゃんは天然てんねんなのに地頭じあたまがいいから勉強べんきょうへっちゃらぜいだった。

 おれはというとなんとかしがみついているといったところなので、秀才しゅうさいまりといえる。
 勉強べんきょうしないとあたまはいらないタイプだ。

「ここなんだけど」
「え、それはほらこうしてこうして、で代入だいにゅうして、ほら」
「ハルカさんきゅ」
「これくらい朝飯あさめしまえよ」
たすかる」

 勉強べんきょうすすめていく。

「あの、ケートくんとハルカさんって恋人こいびと同士どうしなんですか?」
「うんにゃ、幼馴染おさななじみだけど」
「うん。幼馴染おさななじみだけど恋人こいびと同士どうしではないね」
「えっえっ、幼馴染おさななじみなのに恋人こいびとじゃないんですか? ララに使つかわなくてもいいんですよ」

 まえにエルフは幼馴染おさななじみ結婚けっこんするってってたもんな。そりゃあ勘違かんちがいもしちゃうか。

「ほんとほんと、キスもしたことないし」
「えっ」
「あれハルカとキスなんてしたことないよな、おれたち」
小学校しょうがっこう二年生にねんせいときにした……よ、景都けいと
おぼえてねぇよ」
結婚けっこんしてくれるってってた」
「え、マジかよ」
「うん」

 ハルカがちぢこまってかおあかくしている。
 かわいいがおれはどうしたらいいのだろうか。
 全然ぜんぜんおぼえていない。あ、うーん、そういえば公園こうえんでなにか約束やくそくしたような。

「もしかして放課ほうかのなかよし公園こうえんで」
「そう、それだとおもう。おもした?」
「いや、全然ぜんぜん
「もう。まぁちいさかったしノーカンにしておいてあげる」
「おう、すまんな」

 正確せいかくえば「仲良なかよしだ公園こうえん」じゃなくて「中吉田なかよしだ公園こうえん」だとるのはだいぶあとだ。
 ここと学校がっこうあいだにある普通ふつうのどこにでもある公園こうえんだった。
 よく小学生しょうがくせいあそんでいて、砂場すなばやトイレ、遊具ゆうぐなんかがある。
 災害さいがいよう倉庫そうこすみってるくらいでとくめずらしいものはない。

 そうかおれたちキスもしたし結婚けっこん約束やくそくもしていたのか。
 ノーカンになったから今度こんど真剣しんけんかんがえないとな。
 この年齢ねんれいだとシャレにならん。

「そういえばララちゃんの幼馴染おさななじみおとこ
おとこ? わたしおとこ幼馴染おさななじみはいませんけど」
「あれ、ほら、ロイヤくんだ」
「うふふ。ロイヤはおんなですよ」
「えっ、そうなのか……ごめん、てっきりおとこかとおもって誤解ごかいしてた」
「ううん、男女だんじょべつってひびきだけじゃなくて文化的ぶんかてきなものだから」

 おぉうララちゃんむずかしいことってるね。

景都けいとだって、○○トは日本語にほんごだとおとこおおいけど、英語えいごケイトKateなんてまんまおんなだよね」
「おう、ケイトな。飛行機ひこうき親父おやじいにくときたまに確認かくにんされるわ」
「でしょ」

 とにかく。ララちゃんには婚約者こんやくしゃになるおとこ幼馴染おさななじみはいなかったと判明はんめいした。
 となるとおれ結婚けっこんしてもいいということだ。
 これはあとくされなくていいな、とおも反面はんめんおれにはハルカもいるわけで。
 むむむむ。
 これをえらぶのはむずかしい。
 ララちゃんは義妹ぎまいということにしてハルカと結婚けっこんすれば三人さんにん仲良なかよらせるかな。そういう問題もんだいでもないんだよな。
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する