設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第16話 エルフちゃんの衣替え
だい16 エルフちゃんの衣替ころもが

 六月ろくがつ一日ついたちあさ
 部屋へやからエルフのララちゃんがてくる。

「じゃじゃーん。どうですか? いいですよね?」
「あ、ああ……似合にあってるよ」

 それ以上いじょうはコメントしにくい。
 六月ろくがつ衣替ころもがえなのだ。しばらく移行いこう期間きかんなんだけど、すでにそとはだいぶあつい。
 おれ地域ちいきでは今日きょうからさっそく夏服なつふくえるひとおおい。

 それで問題もんだいのララちゃんなんだけども。
 あのね、夏服なつふくってちょっとうすいんだ。しかもベースの生地きじしろときている。
 それでけてる。今日きょうはスカイブルーのブラジャーらしい。
 スリップみたいなやつをしたもいるけど、最近さいきんじかでブラのおおい。
 なんでってそれが流行はやっているから。理由りゆうなんてらない。

 こんのセーラーのえりあかいリボンは健在けんざいだ。
 やっぱりセーラーふくはかわいい。
 一時期いちじきはブレザータイプが一世いっせい風靡ふうびしていたけど伝統でんとうあるセーラーふくがかわいいとされて復権ふっけんしてきている。一種いっしゅのセーラーふくブームだ。
 制服せいふくがない学校がっこう相変あいかわらず増加ぞうか傾向けいこうにあるのだけどぎゃくになんちゃってセーラーふく流行りゅうこうしていて私服しふくでも疑似ぎじセーラーふくみたいな格好かっこうをしているおおい。
 この私服しふくタイプのセーラーふくにはフリルがいっぱいついたものとかピンクのものとか結構けっこう派手はでなのもある。
 一昔ひとむかしまえであれば美少女びしょうじょゲームといわれるジャンルの制服せいふくにかなりちかい。
 なかわればわるものだ。

 それでララちゃんのおっぱいなんだけど、おおきいんで制服せいふくまるふくらんでて目立めだつんだ。
 冬服ふゆふくはまだ厚手あつでだったのでそこまででもなかったけど、夏服なつふくだとそのふくらみがぱっつんぱつになっている。

ってきますぅ」
ってきますっと」

 だれにでもなくおたがいに挨拶あいさつをしていえる。
 うすっすらけているおっぱいがけられてそしてあるくとれる。
 もう毎日まいにちそうなんだけど薄着うすぎだとなんというかやわらかい感触かんしょくあたたかい温度おんどがよりいっそうダイレクトにかんじられるがする。
 なんだかイケないおみせ接客せっきゃくみたいだとおもわなくもない。

 ハルカと一緒いっしょ登校とうこうしなくなってどれくらいの年月ねんげつったかな。
 小学校しょうがっこうてい学年がくねんのころは毎日まいにち一緒いっしょだった。
 それがいつのころからか別々べつべつになって現在げんざいいたる。
 もし一緒いっしょだったらあさ両方りょうほうからおっぱいサンドイッチになるところだった。

 ララちゃんの夏服なつふくはより一層いっそう目立めだち、人々ひとびと視線しせんあつめる。
 わりにエルフだ金髪きんぱつだという、本来ほんらいもっとレアで目立めだちまくる要素ようそがおっぱいにせられることで、まあそんなもんかというにさせてくれる。
 エルフだとあまり指摘してきされない理由りゆうだ。ぶっちゃけおっぱいにはたすけられている。

「ふんふんふーん。ふんふんふーん」

 なにやらアニメの音楽おんがく鼻歌はなうたうたっている。このまえのエルフソングとちがっておぼえがある。
 今日きょうもララちゃんはご機嫌きげんだ。
 このまえ、ホームシックになってしまいびゃんびゃんいていたので、どうしようかとおもった。
 なんとかなおってくれたらしい。おれ協力きょうりょくできることはなんでもするつもりだ。
 こうしてるとなんでもないようにえるが、たった一人ひとりのエルフだからさびしいにまっていた。
 そういう気持きもちをおもてさずに健気けなげ振舞ふるまっているのだ。
 普段ふだんおれたちもいるからにならないのかもしれないけど、それならやくっているようでうれしいかぎりだ。

「おはようございます」
「「おはようございます」」

 教室きょうしつ元気げんきよくはいる。まるで小学生しょうがくせいみたいだがこれがうちのクラスのスタンダードだ。

「ララちゃんのおっぱいが……」
「ララちゃーん」
「おっぱいちゃん」

 さすがにララちゃんの夏服なつふくのおっぱいは目立めだつようでこえがる。
 ララちゃんもこれにはすこかおあかくしてほそめた。
 ふむ、ずかしがっているララちゃんもこれはこれでかわいい。

 最後列さいこうれつせきすわる。
 あぁそういえばいえでもそうだったように、ララちゃんがすわるとつくえにおっぱいがでーんのっている。
 そのためおっぱいがすわってみるようにえる。
 おれよこせきなのでよこからげられたおっぱいがよくえた。

「ふぅ。こうするとらくなんですぅ」
「お、おう」

 さすがにむのもむずかしい。

 それはそうと昨日きのうあれだけいたのに学校がっこうではその様子ようすせなかった。
 ある程度ていど回復かいふくしてきたともいえるがララちゃんはつよなのだろう。
 あさ時間じかんにも何人なんにんかがララちゃんにもこえけたけどホームシックだという雰囲気ふんいき微塵みじんせなかった。

 おっぱい、いっぱい、ゆめいっぱい。

 地球ちきゅうでのいいおもをたくさんつくってほしい。
 異世界いせかいにはかえれなくてさみしいおもいはするだろうけど、せめて地球ちきゅうたのしんでほしい。

「おはよう」
「おはよう、ハルカ」
「ララちゃんのおっぱい目立めだつねぇ」
「ううぅぅ」

 ハルカがいじりにきた。
 いやハルカのおっぱいだってだいぶ目立めだつ。
 いまもピンクの花柄はながらのブラがけているし。
 ララちゃんにはおよばないもののハルカのおっぱいもデカい。

「いけないおっぱいはこのかぁ」
「ああんっ、あはん、あっあはああ」

 ハルカがララちゃんのおっぱいをんでいる。
 されるがままのララちゃんはかおあかくしてもだえていた。
 べついやがっている様子ようすはないがこれは、うむうむ。
 すごい、おっぱいがぎゅぬぐにゅとうごいてあんなにやわらかいのがでもかる。

 とまあとにかくこうして夏服なつふくデビューをたした。
 六月ろくがつえばそろそろプールの時期じきでもあった。
 ララちゃんのスクみず……おれはそれを想像そうぞうしてごくりとのどらした。
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する