設定を選択してください。

[総ルビ]留学生は同棲JKエルフちゃん

第10話 エルフちゃんと幼馴染
だい10 エルフちゃんと幼馴染おさななじみ

 またエルフのララちゃんと二人ふたりをつないで学校がっこうく。
 おっぱいは今日きょうおおいにあばれておれにぐにゅぐにゅとけられていた。
 まわりのひとたちはそれをうらやましそうに、めずらしそうにてくる。
 その視線しせんすこ鬱陶うっとうしいが、ちょっとした優越感ゆうえつかんもあった。
 学校がっこういて普通ふつう授業じゅぎょうける。
 そのまま昼休ひるやすみになった。

 おれまえにはジトこしにやってる『幼馴染おさななじみ』の遠国えんこく春香はるかがいた。
 げ、べつわすれていたわけではないが、エルフちゃんにつきっきりだったので昨日きのうから相手あいてにしていなかった。

「ちょっと景都けいとわたしのことはわすれちゃった?」
「いやおぼえてはいるけど」
「ララちゃんたばっかりだからお世話せわするのはかるけど……それならわたしにも手伝てつだわせてよ」
「まぁそれもそうだな」

 たしかにおれだけがララちゃんの世話せわをする必要ひつようはない。
 ハルカだってクラスメートなんだから一緒いっしょでもべつかまわなかった。
 よくかんがえたら昨日きのうハルカをさそわなかったのはちょっとした失態しったいだった。
 いつもだいたいハルカや友達ともだちとも一緒いっしょにごはんべていたから。

「ということだ。ララちゃん、こいつは遠国えんこく春香はるかおれ幼馴染おさななじみ
「おぉぉ、幼馴染おさななじみ、いいですねぇ、あこがれちゃいます」
「そうか?」
「はいっ。エルフのさとではほとんどのひと一番いちばん身近みぢか幼馴染おさななじみ結婚けっこんするです」

 それにはハルカもおおきくけてかおにした。

「えっ、けけけけ結婚けっこんっ……わたし景都けいとがっ」
大丈夫だいじょうぶかハルカ、エルフのさとはなしだぞ」
「あぁ、う、うん。ここは日本にほんだったわ」

 ちょっとあたまなかがこんがらがっているようだがおれたちはべつにエルフではない。

「まあとにかく学食がくしょくくぞ」
「はいっ」
「うん」

 三人さんにんならんで学食がくしょくかう。
 今日きょうなにべようかな。そうだな、うーん。
 おれはあれだな「唐揚からあ定食ていしょく」。ここの定番ていばんメニューだ。

 ハルカは巨乳きょにゅう茶色ちゃいろかみでセミロングのふわふわヘアーだ。
 ララちゃんもハルカも背丈せたけ百五十ひゃくごじゅうくらいか。

 ちなみにいもうと貧乳ひんにゅう黒髪くろかみストレートロング。
 いもうとはハルカよりもさらにすこちいさい。いま中学ちゅうがくさんねんせい来年らいねんおれ後輩こうはいになるべく入院にゅういんしているというのに勉強べんきょうをあきらめてはいない。大変たいへん健気けなげ頑張がんばなのだ。
 だからおれいもうと応援おうえんしている。

 左右さゆうにララちゃんとハルカをならべているけれどどちらもおっぱいがおおきい。
 くらべてみるとララちゃんのほうがおおきい。
 ハルカはあそこまでばるんばるんしないしな。
 してたらおれだって今頃いまごろ巨乳きょにゅうれているはずだ。

 べつにハルカとはってはいない。
 ハルカとおれ両者りょうしゃとも相手あいてのことをある程度ていどきなのは事実じじつだろう。
 ただ周囲しゅういやなんやかんやとあって告白こくはくしたりと関係かんけい前進ぜんしんするようなイベントがなかった。
 なぁなぁでませてきたともいう。
 いまとなってはララちゃんも家族かぞくとしてぐいぐいせまってきている。
 ララちゃんと結婚けっこんするのかそれともハルカをえらぶのか……まあまだおれたちは十五じゅうごさい高校こうこう一年生いちねんせいだし、とりあえず棚上たなあげしておこう。
 ララちゃんはそもそもおれ結婚けっこんしたいのだろうか。そういう意味いみではハルカだってよくからない。
 おれ勝手かっておもみで、本人ほんにんはただの家族かぞく、ただの幼馴染おさななじみとしてきだという認識にんしき可能性かのうせいもあるのだった。

ならぶのです」
「ララちゃんは順応じゅんのうはやくてえらいね」
「えへへ」

 テレテレしているかおもかわいい。
 ララちゃんは天然てんねんなんだよな。
 ララちゃんはまだまだ少女しょうじょってかんじがする。それがけがれていないかんじがすごくこのみだったりする。

 一方いっぽうのハルカはすこしクールというか、すべてを見透みすかしているというか。
 なんだかちょっと大人おとなっぽい。
 なぞ人生じんせいしゅうみたいな雰囲気ふんいきがある。どっしりかまえているので安定感あんていかんはある。
 信頼しんらいのおける人材じんざいだ。
 いもうとのこともよくたすけてもらっているのであたまがらない。
 どうしてもおとこには相談そうだんしにくいことやむずかしいこともあるだろう。
 そういうときはハルカの出番でばんだった。

今日きょうおれ唐揚からあ定食ていしょく
「じゃあわたし唐揚からあ定食ていしょくにしますぅ」
わたしおなじのにしようかな」

 結局けっきょくみんな唐揚からあげにした。
 券売機けんばいきにはならぶんだけど、そのあと料理りょうり種類しゅるいによっていくつかにかれている。
 ラーメン、そば、うどんのめんれつ
 カレー、ハヤシライスとかのれつ
 ハンバーグのれつ
 それから唐揚からあげなどの定食ていしょくれつというかんじに。

「お、金髪きんぱつのおじょうさん、今日きょうたのかい? うれしいねぇ」
「あはは、ありがとうございます」
「オマケとかしてあげられないけどごめんね」

 特定とくていひとだけ唐揚からあいっオマケとかはできないまりだ。
 三人さんにん唐揚からあ定食ていしょくって、せきいた。

「「「いただきます」」」

 みんなでわせて挨拶あいさつます。
 まずは味噌汁みそしる一口ひとくちみ、唐揚からあげから。

「うまいっ」
「どれどれ、今日きょう美味おいしい」
「これが唐揚からあげ。美味おいしいですっ」

 唐揚からあげのジューシーなにく旨味うまみてくる。
 しおコショウ、醤油しょうゆ、ショウガ、ニンニクなどで味付あじつけがしてあって抜群ばつぐん美味うまい。
 唐揚からあげをべたらつぎ白米はくまいだ。
 こめ美味うまい。あまがあるおこめあじ最高さいこうだ。
 こうやって交互こうごべると日本人にほんじんでよかったとおもう。
 いやべつ日本人にほんじんでなくてもエルフでもここにいてよかったというべきか。
 唐揚からあげ、白米はくまいのごはん味噌汁みそしる最高さいこうわせだ。

「どれも美味おいしいですねぇ」

 ララちゃんにも大変たいへん好評こうひょうをいただいた。
 べつ自分じぶんつくったわけでもないのに、なんだか学校がっこう学食がくしょくめられてはなたかい。
 ララちゃんという異世界いせかいのエルフさんにもみとめられたあじというかなんというか。

 ララちゃんとハルカも雑談ざつだんしたりしてすでにけていた。
 こういうときおんな同士どうしてき味方みかたかすぐに直感ちょっかんかるのだろう。
 どうやら味方みかた判定はんていたようだった。
 二人ふたり仲良なかよくしてくれてよかった。
次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する