設定を選択してください。

[総ルビ]私たちだけ24時間オンライン生産生活

65.ボス後の処理[終]
◆65.ボス処理しょり

 ボスにちみんなで、よろこびう。
 ドロップもひろっておいた。
 レアドロップみたいなのも期待きたいしたけど、まったくない。
 えーってかんじがしないでもないけど、現実げんじつ直視ちょくしするしかなかった。

 ボスの部屋へやおくに、いつのにかワープポータルらしきひかりはしら出現しゅつげんしていた。

「あれ、ポータルだよね?」

 一応いちおうわたし確認かくにんする。

「あー。あれ、ああいうのよくあるよ。ダンジョンあるいてかえるとか面倒めんどうくさいじゃん。ゲームなんだし」
「まぁそうだけども」
「いいじゃないですか。ワープポータルでかえりましょう。らくですわ」
「ほら、サクラちゃんも賛成さんせいしてるし、ポータルこうか」

 全員ぜんいんでポータルにると、景色けしき暗転あんてんして、浮遊ふゆうかんすこしある。
 ふたたひかりもどってくると、そこは豪華ごうか屋敷やしきにわにある東屋あずまやみたいな場所ばしょ出現しゅつげんした。

「どこここ」
「さぁ?」

 クルミとわたし疑問ぎもんおもう。

「ここは、領主りょうしゅかんでしょうね」

 さすがアルクってるらしい。

「そうなんだ」
「ほら、門番もんばんはしってくるよ」

 たしかに門番もんばんが二めいはしってくる。デルタまちについたときにいた、もんのところとおなじようなかんじの兵士へいしだった。

失礼しつれいします! ボス攻略こうりゃくパーティーのひとたちでしょうか?」
「はいっ!」
「さようですか。では領主りょうしゅさま時間じかんて、なるべくはやくおいになります。建物たてものなかでおちください」
「そうですか。案内あんない、おねがいします」

 わたしたちは門番もんばん案内あんないされてやかたなかはいっていった。
 豪華ごうか建物たてものは、さすが領主りょうしゅさまというかんじがする。
 応接おうせつしつれてもらい、紅茶こうちゃとクッキーをされてしばらくった。


 とびらひらくと、豪華ごうかなドレス姿すがた女性じょせい一人ひとりはいってくる。
 としは三十さいぐらいだろうか。としわりにはわかかんじのひとだ。

「わたくしが、エレノア・K・デルタです。以後いご、お見知みしりおきを。かみ使つかいのひとたちもついにダンジョン攻略こうりゃくまでたのですね。これからいそがしくなりそうですわ」
「あはは」
「では、さっそくですが、ボス攻略こうりゃく金貨きんかせてください」
「はい」

 わたしたちは金貨きんかをアイテムボックスからしてせる。

「いいでしょう。ではこちらに名前なまえ記載きさいしてください。それと記念きねん硬貨こうかを四まいげましょう。これは商人しょうにんなどワープポータルを使つかひとにあげてください。ポータルの通行つうこうしょうになります」
「「「ありがとうございます」」」

 ポータル通行つうこうしょうわりの金貨きんかだった。
 本人ほんにんぶんとあと三にん知人ちじん紹介しょうかいすることができるということになっている。
 使つかまわすとかするとどうなるかはらないが、どうだろうか。

「あの、金貨きんか使つかまわすことは……」
べつかまいませんわ。一度いちど一人ひとり攻略こうりゃくしゃたいして四にんまで、というまりさえまもっていただければいいんです」
「そうですか。ありがとうございます」
「いいえ」
ほかには、質問しつもんなどありますか?」
「いえ。あ、ポータルはどこに?」
「それなら、屋敷やしき正面しょうめんすぐにありますよ」
「あ、かりました。ありがとうございます」
ほかには?」
「いいえ」
「では、よきたびを。かみにおいのりさせていただきます」
「ありがとうございました」

 あーつかれた。くちにはさないけど、えらひと会談かいだんとか緊張きんちょうする。
 わたしたちはそのまま、屋敷やしき正面しょうめんゲートからた。

「これがポータルか」

 そこには地面じめんかれた魔法まほうじんと、その中央ちゅうおうにあるおおきな魔法まほうせきんだ青色あおいろかがやかせていた。
 しばらく観察かんさつしていると、商人しょうにんひと金貨きんかをゲート管理かんりひとせて、ポータルでんでいく。

「よし、わたしたちもんでみよう」
「おお」
いますぐにかしら?」
「うん」

 何事なにごと挑戦ちょうせんだ。かえってこれないということもないとおもう。たぶん。
 商人しょうにんおなじようにゲートのひと金貨きんかせて

王都おうとへおねがいします」

 そうったらすぐに景色けしきがまた暗転あんてんして復活ふっかつしたら、そこは王都おうとだろうだい都市としのどなか、テレポートじょうだった。

 あたらしいまちだ。ついに、やったんだ。ここまできた。なんだか景色けしきて、かん無量むりょう、うれしさががぜんてくる。
 ボスをたおしたときは、なんだかぱっとしなかったけど、これはすごい。
 ボス攻略こうりゃく実感じっかんをかみしめた。


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□

 これにて本編ほんぺん完結かんけつとなります。
 ここまでおみくださり、ありがとうございました。
 またどこかでおいしましょう。

最新話です



トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する