設定を選択してください。

[総ルビ]私たちだけ24時間オンライン生産生活

50.鍛冶師サクラ
◆50.鍛冶かじサクラ

 わたしたちは夕方ゆうがた草原そうげんからもどってきてわかれて、おばあさんのいえゆうはんいただいた。
 サクラちゃんとクルミももどってきている。

「ミケさん。今日きょう鍛冶かじ練習れんしゅうつくったナイフですけれど、よかったら使つかってください」

 サクラちゃんがそうって、なにやらナイフをわたしてくれる。

 ●牛角うしづののナイフ
  うしつのけずってつくったナイフ。白色しろいろ綺麗きれい文様もんようかんでいる。とてもかるくて簡単かんたんあつかえる。
  種別しゅべつ武器ぶき(短剣たんけん)
  レア:2  ランク:2
  攻撃こうげきりょく:12
  耐久たいきゅう:120/120

 一昨日おとといたおしたウシのドロップのつの使つかったものだ。攻撃こうげきりょく初心しょしんしゃ装備そうびより2だけたかい。

つのけずってかたちととのえただけですけれど、単独たんどく行動こうどうとかで必要ひつようになるとおもいまして」
「うん。ありがとう」

 わたしはありがたくいただくことにする。

 ●どうげナイフ
  銅製どうせいげナイフ。回収かいしゅうすればまた使つかえる。
  種別しゅべつ武器ぶき(短剣たんけん)
  レア:2  ランク:2
  攻撃こうげきりょく:10
  耐久たいきゅう:100/100

 げナイフもせてくれた。

どうのこれを地金じがねつくるところから十ぽんつくらされました」

 まず最初さいしょどう地金じがねを十ぽんぶんどう鉱石こうせきかしてつくる。
 現実げんじつならものすごいあついはずだけど、ゲームではそこまであついわけでないらしい。
 そしてどうれてねっしてかして地金じがねにした。
 それを十ぶんつくる。
 ましているあいだに、牛角うしづののナイフをけず作業さぎょうをしたそうだ。
 魔道まどう電動でんどうヤスリみたいな回転かいてんしきのヤスリを使つかう。
 つのは二ほんあったので一ぽん親方おやかた見本みほんつくってくれて、それを手本てほんようまねでけずっていく。
 最初さいしょつくったにしてはかたちわるくなくて、親方おやかためてくれたそうだ。
 牛角うしづののナイフができたら今度こんどげナイフのけずってつくって、またつくってと十ぶんかえす。

 名前なまえげナイフだけど、どちらかというと、ペーパーナイフみたいなだった。
 使つかいようによってはステーキナイフにもなりそうだ。
 部分ぶぶん一体いったいがたどうでできていた。

「ブラスミくんはどうだった?」
かれもまだどうのステーキナイフとか料理りょうりよう片手かたてナイフとかつくらされてますわ」
「じゃあ、二人ふたり作業さぎょうはあんまりわらないんだ」
「そうですわね」

 サクラちゃんとブラスミくん様子ようす大体だいたいわかった。
 つぎはクルミのばんだ。

「わたしは各村かくむらだね」

 クルミの輸送ゆそう任務にんむは、とくに問題もんだいこらなくてスムーズにできたそうだ。
 まだ情報じょうほうひろまっていなかったため、むらでは混乱こんらんすることもなく二十にん前後ぜんごでの移動いどうとなった。

みなみ西にし北村きたむら全部ぜんぶってきたけど公式こうしき情報じょうほうどおりどこもおなじようなかんじだったよ」
ほかには?」
「うーんと、とくにないかな。あっ、いち日中にちじゅう移動いどうさせるとマロンがせちゃいそうだ」

 たしかに動物どうぶつだったらちゃんとごはんべさせないとせちゃうな。

「うん、そうだね」
「だからあさからだったら一にち各村かくむら往復おうふくぐらいであと休憩きゅうけいさせたい」

 それぐらいが妥当だとうだろう。
 でも一かいで百にんとかあつまったら大変たいへんなことになりそうだ。
 上位じょういユーザーは自力じりきでデルタまちまでもうれるようになったみたいだし、だい丈夫じょうぶかな。
 料金りょうきんげたほうがいいのかな。

「あとはけいたい毎日まいにち運用うんようするってわけにもいかないから、だれ専属せんぞくひとがほしいかも」
たしかに、そうだね。でも心当こころあたりがまだないんだよね」
だれかいないかなー」
「うーん」

 わたしとクルミはだれ適任てきにんしゃがいないかかんがんでしまう。

「ワタクシ、あの武器ぶき商人しょうにんのかたがいかとおもいますわ。移動いどうのついでに、各村かくむら武器ぶきめば多少たしょうれるとおもいませんか」

 サクラちゃんが提案ていあんしてくる。

「なるほど、いま東村ひがしむら固定こていでいるけど、ほかむらでも販売はんばい機会きかいができるのね。ついでに武器ぶき行商ぎょうしょうもすればいいと」
「そういうことですわ」

「わたしはマロンと一緒いっしょにいたほうがいいとおもうけど、それだと冒険ぼうけんができないよね」
「それはあきらめるしかないんじゃないかな」
「やっぱり、そうなるよね」

 今後こんごもそのうちほかまちにもかないといけないので、ウシをれてあるくとわけにもいかないだろう。
 せっかくテイムしたけれどマロンとは一緒いっしょにはいられない。

「ああそう、それとマロンはメスウシなので牛乳ぎゅうにゅうれるみたい」
「あらあら、まあまあ」

 なにかと有用ゆうようなウシさんのマロンだった。

 なお初日しょにち輸送ゆそう料金りょうきんけいたい給料きゅうりょうとして支払しはらみだった。
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する