設定を選択してください。

[総ルビ]私たちだけ24時間オンライン生産生活

49.試し打ち
◆49.ため

 わたしとヒカリちゃんとコマチさんで、教会きょうかいあとにしてためりをすることになった。
 パーティーはチームドングリ固定こていのをんだままなので、わたしがわのパーティーとヒカリちゃんたちのレイド構成こうせいにしてある。
 ちなみにヒカリちゃんのパーティーはヒカリちゃんがリーダーで「おこめけん」というパーティーめいだった。
 リーダーがヒカリちゃんなのは、おじいさんと二人ふたり行動こうどうすることもあるからだ。

 草原そうげんもどり、まずは草原そうげんウサギにたいしてしん魔法まほうのおためしをする。

「エンジェルブレス」

 ヒカリちゃんがステータスアップ魔法まほうける。
 わたしたち全員ぜんいんからだ最初さいしょ発光はっこうしたとおもったら、徐々じょじょおさまってった。
 視界しかいすみにステータスアップのバフのアイコンが表示ひょうじされている。
 表示ひょうじによると効果こうか時間じかんは二十ぷんぐらいみたい。

「ライトランス!」

 わたし単体たんたい攻撃こうげきしろ魔法まほう短縮たんしゅく詠唱えいしょうする。まだなが詠唱えいしょうめていない。
 てきななうえからひかりやり発生はっせいしてさる。

 わたしは二かい攻撃こうげきたおすことができた。ヒカリちゃんのライトランスでは草原そうげんウサギは一撃いちげきだった。
 コマチさんとマイケルはまえひかえているけれど、とくに出番でばんはなかった。

 つづいてあたらしい草原そうげんウサギ相手あいてに、範囲はんい攻撃こうげき魔法まほうためす。
 コマチさんにウサギを二ひきれてきてもらって、ヒカリちゃんがためちをする。

「ゴッドレイ!」

 今度こんどやりではなく、ひかりそのものがうえからそそいでいててきまわりをあかるくする攻撃こうげきだった。
 ひかりそそぐだけでなく、てきまわりにひかり粒子りゅうし発生はっせいしてはえていく。
 すごくきれいで幻想げんそうてきだった。
 まさにヒカリちゃんの名前なまえにふさわしい攻撃こうげきで、たいあらわすというかんじである。
 こちらもウサギは一撃いちげきだった。

「なんか余裕よゆうだね」
「そうですね。せっかくですからトカゲりしていきますか」
「お嬢様じょうさま賛成さんせいですわ」

 そのまま、ウサギをかるりをしながら移動いどうしてトカゲゾーンまでくる。

前衛ぜんえいはおまかせください」

 コマチさんがからだってくれるみたいだ。
 トカゲの正面しょうめんにコマチさんが素早すばやうごきで短剣たんけんりつけたり、尻尾しっぽ攻撃こうげきけたりする。
 そのうしがわからわたし魔法まほう、ヒカリちゃんのひかり魔法まほう、マイケルのこおり魔法まほう次々つぎつぎとトカゲをおそい、クルミたちと戦闘せんとうしたのとわらないような時間じかんかたづけることができた。
 なおドロップ管理かんりはコマチさんだ。
 マイケルはプリンドロップの「びたどうつえ」を使つかっていた。マイケルよりつえほうながくらいで、ちょっと使つかいにくそうだ。
 わたし結局けっきょくまだひかり魔法まほうはあんまりつよくないみたいなので、せっかくロザリオをったけど、ため以降いこう火力かりょく重視じゅうし魔法まほう使つかっている。
 今日きょうかえったら、二人ふたりとも相談そうだんしてどうするかめようとおもう。

「よし、この調子ちょうしでどんどんやろう」

 MPがりなくならない程度ていど頻度ひんど戦闘せんとうかえして、トカゲをなが作業さぎょうのようにたおしていく。
 一人ひとりだったら複数ふくすうかい攻撃こうげきしないとたおせないので、MPもすぐにからっぽになってポーションなどが必要ひつようになるだろう。

 三にん魔法まほう炸裂さくれつするので、昼間ひるまなのに花火はなび大会たいかいみたいになっている。
 あかあおしろ三色さんしょく構成こうせいで、やっぱりしろとく綺麗きれい

 コマチさんは以前いぜんけつつも多少たしょうのダメージを覚悟かくごでひたすら攻撃こうげきめて、ヒカリちゃんのヒールで回復かいふくしながらたたかうスタイルだった。
 いまはあまり深追ふかおいせずに、てき攻撃こうげき素早すばやさでけて防御ぼうぎょ主体しゅたいたたかうことで、ヒールの回数かいすうらして、ヒカリちゃんに攻撃こうげき魔法まほう使用しよう回数かいすうやす作戦さくせんにしている。
 そのぶん、ヒカリちゃんの負担ふたん攻撃こうげき魔法まほう回復かいふく魔法まほうのどちらを使つかうか見極みきわめる必要ひつようがでてきたので、以前いぜんよりプレイヤースキルがいるたたかかたになった。
 でもヒカリちゃんはかしこなので、これくらいならべつ負担ふたんではないようだ。

 回復かいふく専門せんもんだったヒカリちゃんが、しん魔法まほう現在げんざいところ最大さいだい火力かりょくかもしれないことになった。
 わたし魔法まほうもそこそこつよいとおもうけど。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する