設定を選択してください。

[総ルビ]私たちだけ24時間オンライン生産生活

40.ステ確認
◆40.ステ確認かくにん

 十六にち。ゲームない時間じかんで380ねんがつ十六にち
 年号ねんごうはホイップ記念きねんれきとかいう年号ねんごうだった。月日つきひ現実げんじつおなじ。
 いまは五がつきた半球はんきゅう準拠じゅんきょはるあたたかいつづいている。
 むらにいたときはにしなかったけど、曜日ようび現実げんじつ準拠じゅんきょ今日きょうすい曜日ようびだ。

 日本にほんではにち曜日ようびはおやすみでまちかける。
 このまちではにち曜日ようびはおみせもおやすみでほとんどひらいていない。

 ギルドと宿屋やどや例外れいがいだそうだ。
 わたしたちはまえにち曜日ようびはブドウりをしていたので、実際じっさいにはていない。

 ヒカリちゃんたちとけいたいは、まえまっていた宿やどをおすすめしておいた。

 ちなみに現実げんじつ時間じかんではちょうど夏休なつやすみで三日みっかの二十三ごろだ。
 そろそろ現実げんじつ時間じかん夜中よなかになるので、リアルおやすみタイムだった。

 ぎゃく廃人はいじんたちは、いまからの時間じかんがコアタイムで、今日きょうにもデルタまちせてきそうだ。

 ちょっとステータス確認かくにんをしてみる。

 プレイヤー:ミケ
 種族しゅぞく猫耳ねこみみぞく
 Lv:8
 HP:140/140
 MP:180/180
 装備そうび
  ウサギさん帽子ぼうし(しろ)
  青銅せいどうつえ
  初心しょしんしゃのローブ
  初心しょしんしゃくつ
  ドングリふう木工もっこうペンダント
 スキル
  マジックボール:Lv5
  アイスブリーズ:Lv3
  ファイアショット:Lv2
  ヒール:Lv2
  槍術そうじゅつ:Lv1
  防御ぼうぎょ:Lv1
  薬師くすし:Lv5
  料理りょうり:Lv5
  採取さいしゅ:Lv3
  園芸えんげい:Lv2
  り:Lv2
  錬金れんきんじゅつ:Lv1
  魔力まりょく操作そうさ:Lv1

 ヒールは結局けっきょくそれほど使つかっていないので、あんまりびていない。

 戦闘せんとうに、じっとしたり、すわったりして休憩きゅうけいすると、自然しぜん回復かいふくりょうえるみたいで、がっつり連戦れんせんしなけば、背伸せのりをしないわたしたちはHP、MPともに危険きけんいきまではいかないのだ。

 クルミは槍術そうじゅつ木工もっこうのレベルがたかい。
 サクラちゃんはシールドバッシュと防御ぼうぎょ絵画かいがのレベルがたかい。
 たぶん。

 わたしたちは、そう、のう作業さぎょう
 生産せいさんプレイはするつもりだったけど、農業のうぎょう想定そうていしていなかった。

 雑草ざっそうあらため太陽たいようそう収穫しゅうかくする。かまりて作業さぎょうした。
 わたし調薬ちょうやくするぶんのぞいて、全部ぜんぶ農業のうぎょうギルドにはらう。
 一度いちどはたけたがやなおしたあと、太陽たいようそうたねなおす。
 文章ぶんしょうにしたら数行すうぎょうだけど、かなり大変たいへん時間じかんもかかった。

 もどってきておひるはんにする。

 午後ごごは、ちょっとおかけをする。
 このまちには地下ちか採掘さいくつじょうがある。
 鉱山こうざんみたいになっていて、いし鉄鉱てっこうせきなどさまざまな鉱物こうぶつれる。
 リアルなら普通ふつう色々いろいろれなくてまっているものれるけれど、ここではちがうらしい。

 生産せいさんギルドにき、普通ふつうのツルハシを購入こうにゅうした。2,500セシルだった。
 わたしたちは、まだだれ鍛冶かじスキルをっていないけれど、ブラスミくんもいるし、ちょっとやってみようということになったのだ。

 さっそく南西なんせいにある採掘さいくつじょうく。
 ここも領主りょうしゅもので、とく入場にゅうじょうりょうとかはられなかった。
 係員かかりいんとあとちかくにちいさなおとこがいた。

「おねえちゃんたち、はじめてだろ? おれ地図ちずってくれよ。三にんで一まい共有きょうゆうで、500セシルだぜ」

 ふむふむ。坑道こうどうない地図ちず販売はんばいしているらしい。

なかまよったらもどってくるの大変たいへんだぜ。かなりんでるから、地図ちずたないやつ毎年まいとし何人なんにんか、行方ゆくえ不明ふめいになってさわぎになるんだ」

 わたしたちは忠告ちゅうこくしたがって購入こうにゅうめる。

かったわ。一枚いちまい頂戴ちょうだい
「まいどあり」

 地図ちず上層じょうそうのみ記載きさいされていて、どこらへんでなにれるかおお雑把ざっぱみがあった。
 どういう理屈りくつかわからないけど、購入こうにゅうしたらゲームのマップ機能きのう連携れんけいされて、マップがわにこの地図ちず表示ひょうじされるようになった。
 これなら、地図ちずっていて迷子まいごになるというダメなことにならなくて、いている。
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する