設定を選択してください。

[総ルビ]私たちだけ24時間オンライン生産生活

25.ポーション作成と魔法詠唱
◆25.ポーション作成さくせい魔法まほう詠唱えいしょう

 昨日きのうれてからももりって、二十二ごろ宿やどもどってきてた。
 さすがにクルミとサクラちゃんも作業さぎょうをしないでたようだ。

 九日ここのかあさ。いつものスープにかたいパンをべる。

 なんか、そういえば、毎日まいにちのように干肉ほしにくつくってたけど、あまり生産せいさんしょく生活せいかつ満喫まんきつしてないがする。
 普通ふつうにモンスターって、薬草やくそう採取さいしゅしてフィールドワークにいそしんでた。

 ところで、手元てもと薬草やくそうが三百四十しろキノコが八十ある。
 昨日きのうよるにまたえたのだ。
 だから今日きょう午前ごぜんちゅうは、村長そんちょうところびたって、全部ぜんぶポーションにしてやる。
 計算けいさんするとびんが四十りない。
 ってきちゃいましょう。四十20セシルで800セシル。

 ちなみに、村長そんちょういえ作業さぎょう部屋べやほかのユーザーとはなしをする応接おうせつとはべつになっているため、新規しんきユーザーなどが、わたしたちが村長そんちょういえにいるときにても、かない構造こうぞうになっている。
 囲炉裏いろりのある部屋へやべつにあるのだ。

「そうか、オオオオカミをやっつけたか。おじょうさんたちも一人いちにんまえ冒険ぼうけんしゃじゃな。しかしやつはまたすぐ復活ふっかつするのじゃ」

 とかっていた。とくなにもくれなかった。
 クエストではないんだな。討伐とうばつ報酬ほうしゅうとか、ちょっと期待きたいしてたんだけどな。

 わたしは三つを一セットにして、次々つぎつぎポーションを作成さくせいする。
 すりつぶして、おかして、六十まで温度おんどげて、そして、お薬草やくそう投入とうにゅうする。
 それをかえす。
 よるうちびんいずみ美味おいしいみずんでおいたので、ランクのたかみず使つかえる。
 普通ふつうのゲームなら「六十八かい作成さくせい材料ざいりょうは五におみず」でできるのに、ちょっと面倒めんどうだ。
 簡単かんたん作成さくせいスキルみたいな便利べんり魔法まほうはないのだろうか。

 なんというか、大量たいりょう作成さくせいするには、リアルてき作業さぎょう効率こうりつスキルが必要ひつようだ。

 色々いろいろなことをかんがえながらなが作業さぎょうをする。

 そういえば丸木まるき先生せんせいは、へん爆弾ばくだんみたいの使つかっていたな。
 あれは発見はっけんアイテムじゃないかな。
 でも先生せんせいは、半分はんぶんGMみたいな立場たちばだから、きっと、通常つうじょう手段しゅだん入手にゅうしゅしたんじゃないんだろうな。

 ヒカリちゃんのヒール。
 詠唱えいしょうするとつよくなる秘密ひみつ結局けっきょくまだいてないな。
 おかしているあいだにメッセージおくりつけていておこう。

『ミケ:ヒカリちゃん、ヒールが詠唱えいしょうつよくなる秘密ひみつおしえてください』

 すぐに返事へんじがあった。

『ヒカリ:農家のうかのおばさんにきました。むかし教会きょうかいたそうです』
『ヒカリ:なんでも、いのりをめて言葉ことばとなえると、ねがいが神様かみさまとどくので、それでつよくなるんだそうです』

『ミケ:ふんふんそれで、いのりの言葉ことば固定こていなの?』

『ヒカリ:自分じぶんかんがえてめれば、いいそうです』
『ヒカリ:定型ていけいはありません』

『ミケ:なるほどね。ありがとう』

『ヒカリ:ウサギ帽子ぼうしはもうちょっと時間じかんかりそうです』

 わたしなにめておこう。
 やはり、名前なまえ名乗なのるのが流儀りゅうぎなんだとおもうので、最初さいしょ名乗なのることにする。

 こんなのとか「はミケ。おおいなる自然しぜん無垢むくなる魔力まりょく本流ほんりゅうわれあたえよ。マジックボール」とかどうだろう。
 属性ぞくせい魔法まほうっぽいところれてみた。

 ヒールのほうは「はミケ。せいなるつき女神めがみいやしをわれまえしめたまえ。ヒール」みたいなかんじかな。
 この世界せかい神様かみさまは、太陽たいようしんウクレレとつき女神めがみアクレレの二人ふたりによって、統治とうちされているという「設定せってい」だから。
 太陽たいようしんは「どう」のちから活力かつりょくとか攻撃こうげきりょくを、つき女神めがみは「せい」のちからいやしのちからつかさどっているとかいないとか。
 公式こうしきのプロローグみたいなページにいてあった。

 アイスもあったっけ。
 えっと「はミケ。万物ばんぶついましめる絶対ぜったい零度れいど氷結ひょうけつちからわれあたたまえ。アイスブリーズ」でどうだ。

 われながら、かんぺきではないか。これでわたし攻撃こうげきりょく当社とうしゃばい確実かくじつだ。

 ホログラムのメモアプリ。というのがいているので、それにんでおいて、暗記あんきしよう。
 いざというときに、カンペありとか格好かっこうかない。

 5きゅうポーション(しぶひかえめ)x68
 5きゅうMPポーションx16

 が完成かんせいした。ランクはいずれも3だった。


 このあと午後ごごは、平原へいげんってりをしたんだけど。
 もちろん、魔法まほう詠唱えいしょうのテストもした。

「ちょっ、ミケ。中二ちゅうにびょうすぐる。ばくしょう~」
「ミケさんはこれでも真剣しんけんみたいですわ。わらったら失礼しつれいですわよ」

 みたいな、予想よそうどおりの反応はんのうしめしていた。

 ちなみに、威力いりょくたかいのだろう。たぶん。
 威力いりょくあたりのMP効率こうりつが二ばいいはずなので、詠唱えいしょうずかしいのとながいのをのぞけば、そこまでわるくない。
 でも最大さいだい問題もんだいは、すぐ発動はつどうできないのでタイミングがむずかしいのだった。
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する