設定を選択してください。

[総ルビ]私たちだけ24時間オンライン生産生活

21.ボノックじいさん
◆21.ボノックじいさん

 八日ようかあさだ。今日きょうれ。というかまだ、あめていない。
 ゲームであめだと、なんかやりにくいもんね。
 あさからいつものスープとパンをべて、外出がいしゅつする。

 今日きょうはまず村長そんちょううちにお邪魔じゃまする。

 薬草やくそう百十を、5きゅうポーション(しぶひかえめ)にする。
 だけど器具きぐ関係かんけいで、干肉ほしにくのように一度いちどにたくさんつくれない。
 三つぶんずつ、けてつくることにした。

 二人ふたりには、りをしてもらってもいいけれど、またオオカミがたら大変たいへんだ。
 木工もっこうペンダントをつくってもらう。

 そのあいだ、たまに村長そんちょう会話かいわする。
 もりでオオカミとったこと。ボスっぽいのと遭遇そうぐうしたことをはなす。あとしろキノコの偽物にせものについてもはなした。

「オオオオカミにったのか。それは災難さいなんじゃったな。あれは、ごくまれにしか姿すがたあらわさん。うんわるかったのう」
「はい。それでおかねが三わりってしまって」
災難さいなんじゃな」

 しばら会話かいわもなく、黙々もくもく作業さぎょうする。
 ぽつりと、おもしたのか村長そんちょうがまたはなしだす。

「そういえば、宿やど反対はんたいがわの二けんとなりのボノックじいさんがむかし鍛冶かじをしていた。武器ぶき防具ぼうぐ販売はんばい修理しゅうりっていたから、いまでも在庫ざいこすこのこっておるようじゃ。なにかあれば、たずねてみればよい」
「そうしてみます。ありがとうございます」

 なんとかポーションを二十二製造せいぞうすることができた。
 頑張がんばったとおもう。スキル「薬師くすし:Lv3」になったようだ。

 そとると、だいぶ日差ひざしもたかくなってきた。

 ボノックじいさんのいえたずねる。
 とびらまっていたが、ノックをしてこえけると、けてなかれてくれた。

「こんないぼれになにようかな」

 わたしたちは名前なまえ名乗なのり、用件ようけんつたえる。
 あたらしいそれぞれの武器ぶきはないかたずねる。

「よかったな、丁度ちょうどあるわい。大盾おおたてのおじょうちゃんには、短剣たんけんがいいだろう」

 わたしたちに丁度ちょうどよさそうな、つぎのランクの武器ぶきせてくれる。

 ●青銅せいどうやり
  熟練じゅくれんこう作成さくせいした青銅せいどうやり。かなり品質ひんしつ
  種別しゅべつ武器ぶき(やり)
  レア:2  ランク:4
  攻撃こうげきりょく:20
  耐久たいきゅう:95/100

 ●青銅せいどう大盾おおたて
  熟練じゅくれんこう作成さくせいした大盾おおたて。かなり品質ひんしつ
  種別しゅべつ防具ぼうぐ(大盾おおたて)
  レア:2  ランク:4
  防御ぼうぎょりょく:20
  魔防まぼうりょく:18
  耐久たいきゅう:95/100

 ●青銅せいどう短剣たんけん
  熟練じゅくれんこう作成さくせいした短剣たんけん。かなり品質ひんしつ
  種別しゅべつ武器ぶき(片手かたてけん)
  レア:2  ランク:4
  攻撃こうげきりょく:20
  耐久たいきゅう:95/100

 ●青銅せいどうつえ
  熟練じゅくれんこう作成さくせいしたつえ
  種別しゅべつ武器ぶき(つえ)
  レア:2  ランク:3
  攻撃こうげきりょく:14
  魔攻まこうりょく:17
  耐久たいきゅう:95/100

つえはすまん。魔法まほう専門せんもんではないので、よりちょっとおとるぞ」

 たしかにおとるけど、いままでよりはつよい。
 あと、きっぱなしだったから、耐久たいきゅうっているそうだ。

全部ぜんぶそろえるとるが、防具ぼうぐもあるぞ?」
防具ぼうぐはすみません。いまところだい丈夫じょうぶです」

 ガントレットぐらいつけてもいいけど、うごきづらいのは勘弁かんべんしたいかな。
 ちなみにつえ攻撃こうげきりょくなぐったとき威力いりょくだ。

 ためしに装備そうびしてみたら、結構けっこうおもい。
 でもこんなもんかな。
 わたしまわすことはあまりしないからいいか。

 武器ぶきたて購入こうにゅう。すべて5,000セシルで合計ごうけい20,000セシルである。
 残金ざんきんは63,705セシルとなった。


 お昼前ひるまえだけど、トラニーくんところき、今日きょう露店ろてんをおねがいする。
 ものは、ペンダント星形ほしがたx5、ウサギx7、5きゅうポーション(しぶひかえめ)x22となっている。
 干肉ほしにく昨日きのうつくっていないので、在庫ざいこがほとんどない。
 薬草やくそうびんりをれようとおもう。薬草やくそうx200@100セシル、びんx40@15セシルだ。
 ちなみに「@いくら」というのは一つあたりいくら、という意味いみだ。
 どうやらトラニーくんは、ながれのNPC商人しょうにんとしてられていて、ユーザー販売はんばいアイテムだとはおもわれていないらしい。
 20,000セシルを代金だいきんとして、トラニーくんあずけておく。
 ついでにこれで、死亡しぼうしてもそんなにセシルがらない。
 一石いっせき二鳥にちょうだ。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する