設定を選択してください。

[総ルビ]私たちだけ24時間オンライン生産生活

18.氷結の杖とパーティーボーナス
 わたしはさっそく「ふる氷結ひょうけつつえ」を装備そうびして、アイスブリーズをプリンにぶつけてみる。
 名前なまえとおり、つめたいかぜがプリンをつつみ、たん時間じかんだが、うごきがまる。
 どうやら「状態じょうたい異常いじょう氷結ひょうけつ」が発動はつどうして、そのあいだ物理ぶつり攻撃こうげき普段ふだんより有効ゆうこうのようだ。
 たん時間じかんでやっつけることができた。
 MP消費しょうひりょうは、マジックボールよりおおいことがかった。
 威力いりょくからない。たぶんそれなりにつよいだろう。
 てきごとに適性てきせい属性ぞくせいがあるらしい。プリンは魔法まほう使つかってくるから反対はんたいこおりよわそうだ。

 いつものように、ウサギの毛皮けがわ雑貨ざっかはらい、村長そんちょううちにお邪魔じゃまする。

 せっかくなので今日きょうはウサギにく干肉ほしにく(醤油しょうゆ)に加工かこうする。
 醤油しょうゆ雑貨ざっかっていない。確認かくにんみ。たぶん、ものあつかいなのだろう。
 しお胡椒こしょう村長そんちょうけてもらった醤油しょうゆけてなじんだら、あぶって乾燥かんそうさせる。
 試食ししょくようにばらしてべてみる。
 日本にほんじんごのみのビーフジャーキーみたいなかんじになった。わたしはこれが一番いちばんきかな。

「うひょー。ハムっぽさがなくておいしいよ~」
醤油しょうゆもいいですわね」

 二人ふたりにも好評こうひょうのようだ。
 試食ししょくようのこりは、明日あした露店ろてんしてもらおう。

「ところで村長そんちょうさん。ほかひとには料理りょうり調薬ちょうやくおしえないのですか?」
「うむ、おしえてもいいのじゃが、そもそもおしえてほしいとってくるものすくないのじゃ。それに名乗なのらない不届ふとどしゃには、面倒めんどうだからことわっておるわい。高圧こうあつてき態度たいどものもおる。こまったものじゃ」
「はい、同業どうぎょうしゃとして、すみません。わりにあやまっておきます」

「なに、おじょうさんたちはにせんでよい。そういえばわすれていたが、パーティーめいめたようじゃな。名前なまえはそのもの本質ほんしつあらわ大切たいせつなものじゃ。名前なまえけて、なが経過けいかすると、ボーナスの加護かごくとわれておる。野良のらパーティーより固定こていパーティーのほう優遇ゆうぐうされるということじゃ。たまにゲストをやす程度ていど問題もんだいないぞ。おぼえておくといい」
情報じょうほうありがとうございます」

 さらっと有用ゆうよう情報じょうほうながしてくる村長そんちょう。さすが村長そんちょう。これからもよろしく。

 宿屋やどや毎晩まいばんおなじメニューのそこそこのあじのスープとかたいパンをべる。
 そして、よる部屋へやもどって、二人ふたりはペンダントづくり、わたし情報じょうほう収集しゅうしゅうだ。

 あんじょう氷結ひょうけつつえ」の情報じょうほうはまだ掲載けいさいされていなかった。
 プリンが武器ぶきとす情報じょうほうは、掲載けいさいされていた。
 もっとも「初期しょき武器ぶきより補正ほせいわるいハズレ装備そうび開始かいし早々そうそう職種しょくしゅ転向てんこうするひとけや、雑貨ざっかれるので、ないよりはマシだが、レアをねらうほどではない」と評価ひょうかされていた。

 しんスキルをおぼえられるとんだら、プリンりが発生はっせいするだろうか。


 七日なのかあさわたしたちはあさはんいただく。
 今日きょうあさはんは、ウサギにくのサンドイッチだった。

「すみません。これ、おひるのお弁当べんとうよう購入こうにゅうできませんか?」
「あいよ、今朝けさあまってるから、しければ50セシルで提供ていきょうするよ」

 しお胡椒こしょういたウサギにくとレタスのようなっぱを、うすった固焼かたやきパンではさんである。
 ぶっちゃけると、いつものよるはんよりおいしいとおもう。
 四にんぶん200セシルをはらい、おひるとしてっていく。
 どうして四にんぶんかって? それは、クルミが二人ふたりぶんべると主張しゅちょうしたからだ。

 今日きょうてんしてもらうために、雑貨ざっかりトラニーくんりる。
 今日きょう販売はんばいひん以下いかとおり。

 ・星形ほしがた木工もっこうペンダント   5,000セシル x3
 ・ウサギのペンダント 4,000セシル x4
 ・ウサギの干肉ほしにく(しお胡椒こしょう)    150セシル x10
 ・ウサギの干肉ほしにく(しおハーブ)   150セシル x10
 ・ウサギの干肉ほしにく(醤油しょうゆ)     150セシル x20
 ・ツグミの         100セシル x30

 ツグミののこっていたのをわすれていたので、すこのこしてりにす。
 一粒ひとつぶ100セシルだからたかいとおもう。れなくてもいい。おまけだね。

 トラニーくんも、魔法まほうのアイテムぶくろ全部ぜんぶ収納しゅうのうしてっていった。
 だいたいのNPCもアイテムぶくろっていて、便利べんり使つかっているようだ。
 しかし、収納しゅうのうしたからといって、時間じかん経過けいかがないわけではないので、鮮度せんどちるものもある。

 今日きょう村長そんちょうところろう。

村長そんちょうさん、今日きょうはごようはないですか?」
「そうじゃの、とくにクエストにはならんのじゃが、冒険ぼうけんしゃのために薬草やくそう採取さいしゅしてポーションをつくってほしいのじゃ。薬草やくそう群生ぐんせいはわしがおしえておくぞ」
「わかりました」
露店ろてんゴザはっているかな? できたポーションは自分じぶんたちで露店ろてん販売はんばいするといい」

 ホログラムのマップ画面がめんしるしいた。
 村長そんちょう最初さいしょときおしえてくれなかったじゃないですか! とはえない。
 まだそこまでわたしたちを信用しんようしていなかったのだろう。

 今日きょうはまた、もりくことが決定けっていした。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する