設定を選択してください。

[総ルビ]私たちだけ24時間オンライン生産生活

13.平原とプリン
◆13.平原へいげんとプリン

 デルタまち方面ほうめん平原へいげんひろがっている。
 なかを、地面じめん茶色ちゃいろになっているみち蛇行だこうしつつ、こうのえなくなるところまでつづいている。

 どうも、掲示けいじばん、wikiによると、北東ほくとうもりはLv1の時点じてんってみて「てきすくないので、効率こうりつわるい」とみされていて、おおくのユーザーは、町側まちがわ平原へいげんたたかっていたようだ。
 てきは「草原そうげんウサギ」で茶色ちゃいろをしている。
 もう一種類しゅるい、スライムけいモンスター「プリン」がいる。

 まわりが見渡みわたせる平原へいげんでは、何人なんにんものユーザーたちがらばって、戦闘せんとうしているのがえる。
 わたしたちはむらはたけからてすぐに、モンスターをさっそく発見はっけんする。

「これはこれは、どうても『プリン』ですね」
「わーい。キャラメルがうえにかかってるよ~」

 そうなのだ。プリンはよこからると台形だいけいかたちで、うえたいらになっていて、はん透明とうめい黄色きいろ
 側面そくめんくちいている。
 そして、一番いちばんじょう茶色ちゃいろ部分ぶぶんがあり、どうてもキャラメルプリンだった。
 上下じょうげにプルプルふるえている。

「おいしそうだね」

 いつもの陣形じんけいで、たたかいにいどむ。
 サクラちゃんが、さっそくたてかまえつつ、ナイフで攻撃こうげきする。
 わたしとクルミも攻撃こうげき開始かいしする。

 プリンはナイフややり攻撃こうげきしても平気へいきかおをしている。
 ぎゃくに、わたし魔法まほうてると、が><になって、ビクッとするので、魔法まほう弱点じゃくてんのようだ。

 しばらくすると、プリンがいきなり魔法まほう使つかってきた。
 魔法まほうはサクラちゃんのたて正面しょうめんからぶつかってくだけたので、ダメージはとくにない。

魔法まほうよわくて、魔法まほう攻撃こうげきキャラなんだね」
「そのようですわ」

 プリンは、ウサギより防御ぼうぎょかHPがたかいようだ。
 わたしは、いつもより魔法まほう攻撃こうげき気持きもおおめに攻撃こうげきする。
 その甲斐かいあって、プリンをやっつけることができた。

 ドロップアイテムはと。

 ●プリンの欠片かけら
  とくに使つかみちかっていない。
  種別しゅべつ素材そざい
  レア:1  ランク:2

「なんだろうこれ」
「さー。なんだろうね~」
べられるのかしら」

 サクラちゃんがへんなことをう。
 たしかにプリンだったらべられるかもしれない。
 サクラちゃんはちょっとめてみるらしい。

あじは、とくにしませんわ」
「……そうなんだ」

 そのあとも、プリンと草原そうげんウサギをたおしていく。
 ウサギはもりウサギと、とくちがいがないようにかんじる。

 草原そうげんには、薬草やくそうとタンポポそう、そしてキノコはえていないようだ。
 わりに一ぽんだけ、ちいさいあかがなっている低木ていぼくをみつけた。
 っている植物しょくぶつでいうなら、あかいろのブルーベリーというかんじだ。

「これ、ぜったいべられるよね」

 さっそく一つだけ採取さいしゅして、アイテム表示ひょうじてみる。

 ●ツグミの
  美味おいしい。ほのかな酸味さんみあまみがある。
  種別しゅべつもの
  レア:2  ランク:2
  満腹まんぷく:1上昇じょうしょう

 あれ、らない植物しょくぶつは「?」になるんじゃなかったのかな。
 からないシステムだ。まあいいや。
 まず三つぶ収穫しゅうかくして、三にんべてみる。

「んー。なんというか、あじはイチゴけいかな?」
「そうですわね。ケーキとかにするとよさそうですわ」

 れいによってみのっている半分はんぶん四十程度ていど採取さいしゅする。

 そのあともプリンと平原へいげんウサギと戦闘せんとうしつつ移動いどうする。
 しかし夕方ゆうがたになっても、ほかのツグミのつからなかった。

 雑貨ざっかで「ウサギの毛皮けがわ(茶色ちゃいろ)」x35を売却ばいきゃくし3,500セシル増加ぞうか
 プリンの欠片かけらx20なんだけど、雑貨ざっかでは0セシルだったので、ストレージのこやしになっている。

 また村長そんちょううちにお邪魔じゃまする。
 うさぎのにく三十五干肉ほしにく加工かこうする。
 これはわたし仕事しごとだが、今日きょうはサクラちゃんが手伝てつだってくれた。
 たった十五ふんでカラカラになるのも思議しぎだ。そのへんはファンタジーである。
 クルミはなにかごそごそ一人ひとりでやっている。

 おにくしあがるころ、クルミがびをした。

「んー。できたぞー」
「なんでしょう? なにができたのですか?」
「えー。それはまだ、ひ、み、つ。ごはんべたあとぐらいに発表はっぴょうするぴょん」

 できた干肉ほしにく百五わたし回収かいしゅうして、村長そんちょうたくあとにする。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する