設定を選択してください。

[総ルビ]私たちだけ24時間オンライン生産生活

11.木工職人クルミ
◆11.木工もっこう職人しょくにんクルミ

「あー。わたしのことは木工もっこう職人しょくにんクルミとんでくれたまえ」
木工もっこう職人しょくにんクルミさま」
「なんで棒読ぼうよみなのさー」
面白おもしろいですわね」

 さらにウサギりをつづける。

 一時間じかんほどもり適当てきとう移動いどうしていたら、けた土地とちてきた。

 ちいさな草地くさちちいさないずみになっていた。
 てきがでない安全あんぜん地帯ちたい、セーフティーエリアだ。
 この場所ばしょからみずいていて、いずみから小川おがわながていた。
 みずなかには小魚こざかなおよいでいるのがうえからえる。

 丁度ちょうど、おなかもすいてきた。
 ナイフでの解体かいたいえらんでランクのがったウサギのにく「ランク:3」を一口ひとくちだいり、料理りょうりセットのてつくししている。
 しお胡椒こしょうした準備じゅんび完了かんりょうした。
 わたしすみほうで、えだならべてをおこした。
 まわりに「なまのウサギにくぐし」を九ほん地面じめんしていく。ちょっとあつい。

 だんだんにくけるいいにおいがしてくる。

「わー。おにくいいにおいい~」
「もうちょっとだからってね」

 できたおにく二人ふたりくばる。

 ●ウサギの串焼くしやき(しお胡椒こしょう)
  しお胡椒こしょういてこうばしくけたウサギにく肉汁にくじゅうたっぷりだ。
  種別しゅべつもの
  レア:1  ランク:3
  満腹まんぷく:20上昇じょうしょう

 クルミはあっというにくぐしを三つわった。
 よだれをらしそうにしながら、サクラちゃんがべているところをている。

「クルミさんかったら一ぽんべますか?」
「やったー。いいの? ありがとう」

 クルミはサクラちゃんからにくぐしをゲットした。
 それをうれしそうにべていた。

 すぐにわると、またくし作成さくせいはじめる。

「んー。これ鉛筆えんぴつけずりみたいでハマるわ~」

 からないでもないけれど、ハマるほどとはおもわないかなわたしは。
 それよりもわたしはピンとたので、いずみみずびんんでみた。

 ●みずはいったびん
  綺麗きれいわきみずはいったびんとくあじはしないが美味おいしいがする。
  種別しゅべつもの
  レア:1  ランク:4
  満腹まんぷく(水分すいぶん):10上昇じょうしょう

 ランクが2もたかかった。15あるみずようびん全部ぜんぶえておいた。

 もりいずみ撤収てっしゅうし、午後ごごもそのへん探検たんけんして、薬草やくそうとタンポポを回収かいしゅうする。
 ウサギも結構けっこうかずれた。

 むらもどってきた。
 広場ひろばたがトラニーくんはいなかったので、雑貨ざっかく。
 もの完売かんばい。12,700セシルのげ。びんは五十確保かくほ代金だいきん750セシル。
 き11,650セシル増加ぞうかになった。
 トラニーくんはまだしなので、とくにお駄賃だちんはいらないそうだ。
 しょくじゅうとおこづかいは、雑貨ざっかからもらっているという。
 ウサギの毛皮けがわってしまおう。三十で3,000セシルなり。

「あのー。わたし、自分じぶんよう木工もっこうナイフがしい。ってもいい?」
「いいよ」
「もちろんですわ」

「おじょうさんたち、木工もっこうナイフだったら、入門にゅうもん木工もっこうセットがおとくだよ」

 ナイフにかなやすり、かみやすり、キリ、接着せっちゃくざいのセットだ。
 おまけで、ペンダントようひもx10をけてくれるという。

 セットは5,000セシルだった。ナイフはランク:3で攻撃こうげきりょく+6である。
 残金ざんきん10,550セシルだ。
 ちなみに、いまのところおかねわたしがまとめて管理かんりしている。

 村長そんちょうたくへお邪魔じゃまして、干肉ほしにく作成さくせいする。
 今日きょうはラビットにく三十なので干肉ほしにくが九十にもなる。
 うち干肉ほしにく村長そんちょうにプレゼントした。


「わしにもくれるのかい。ありがとう」
「いえいえ、お世話せわになっていますから」

 宿屋やどやもどり、いつものゆうはんいただいてベッドにはいる。
 わたし日課にっか掲示けいじばん、wikiチェックをした。

 掲示けいじばんでは「ウサギの干肉ほしにく」について情報じょうほうがっていた。
 不味まず携帯けいたいしょく革命かくめいだとほめたたえられていた。
 あと一部いちぶ女子じょしっぽいひと中心ちゅうしんのトラねこ可愛かわいいと評判ひょうばんだった。
 干肉ほしにくは、天日てんぴせばできるんじゃないかと憶測おくそくっていて、そのあと日光にっこう実際じっさいしてみたひとがでてきて、五時間じかんかかったそうだ。

 翌朝よくあさ四日よっかあさ。クルミは若干じゃっかんねむそうにしててきた。
 いてみたところ、くし量産りょうさんして合計ごうけい三十ぽんつくったとっていた。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する