設定を選択してください。

[総ルビ]私たちだけ24時間オンライン生産生活

1.医療実験
◆1.医療いりょう実験じっけん

 わたしこと大野おおの真美まみ、十八さい女子じょしこうをこのはる無事ぶじ卒業そつぎょうした。きたい大学だいがく合格ごうかくできなかったため、予備よびこうせいをしている。
 わたしはネットでかけた、二かげつかん二十四時間じかん連続れんぞくVRダイブ医療いりょう実験じっけん被験ひけんしゃ友達ともだち応募おうぼし、それに当選とうせんした。

 VR技術ぎじゅつ実用じつよう寸前すんぜん段階だんかいまですすみ、関連かんれん医療いりょう機器ききなどの開発かいはつきゅうピッチですすんでいる。
 募集ぼしゅう要項ようこうは、十八さい以上いじょう健康けんこうかたしたしい三にんひとグループ単位たんい家族かぞく同意どういられるかた免責めんせき事項じこう書類しょるい同意どういできるかたのみ。
 ちょうど夏休なつやすみの二かげつかん時期じきかさなり問題もんだいなかった。
 このゲームない時間じかん加速かそく世界せかい採用さいようされていて六ばいのスピードで時間じかんすすむため、実質じっしつ2×6で一ねんかんおこなわれることになる。
 体感たいかん期間きかんながいこともあり、高額こうがく謝礼しゃれいきんる。

 ゲームの名前なまえは「Wonderland Virtual Reality Online」通称つうしょうWVROである。
 けん魔法まほうすこ思議しぎなVR世界せかいだ。
 オープンベータ終了しゅうりょうはそのままほんサービスに移行いこうする。
 ほんサービスは月額げつがく課金かきんせい予定よていしており、ゲームないではアイテム課金かきんはないので、課金かきんしゃ有利ゆうりになるわけではい。
 クローズドテストまでは、守秘しゅひ義務ぎむせられているためか、プレスリリース以上いじょう情報じょうほうはほぼ公開こうかいされていなかった。

 WVROが開始かいしされる三日みっかまえわたしたちは、秋立あきたち総合そうごう大学だいがく病院びょういんあつまった。

「やっはろー、真美まみ
「はろはろ、みくる」

「おはようございます。真美まみさん」
「おはよう、さくらちゃん」

 それでは、これから一ねんかん一緒いっしょ冒険ぼうけんする仲間なかま紹介しょうかいしよう。
 三にんおな高校こうこう出身しゅっしんだ。
 まずわたし身長しんちょう148センチ。体重たいじゅうかるいほう。なぜかむねだけおおきくなりそこそこある。
 黒髪くろかみかたまでのストレートヘアをしている。
 かお友人ゆうじんいわく、ロリけいっぺたがふくらんでいて可愛かわいいらしい。
 運動うんどう苦手にがて得意とくいなのは数学すうがく読書どくしょ図工ずこうしょう学校がっこう図工ずこうでは、よく作品さくひんがクラスないしょうり、二かい公民こうみんかん展示てんじされたこともある。

 つぎ安達あだちみくる。十八さい身長しんちょう155センチ。体重たいじゅうかるいほう。
 むねは、残念ざんねんながらぺったんこだ。いや、ふくらみかけだ。
 かお普通ふつう。どちらかというと、すっきりがお美人びじんけいかな。
 運動うんどうはできるほうだが、勉強べんきょうはあまり得意とくいではないようだ。

 つぎ春巻はるまきさくら。十八さい身長しんちょうは160センチ。体重たいじゅうはたぶんかんかるめ。
 スタイルはかなりい。髪形かみがたはロングですべすべ、さらさらしている。うらやましい。
 勉強べんきょうなんでもできて、運動うんどう普通ふつうだ。がすごくうまい。写実しゃじつてきなのもアニメ調ちょうもできる。
 あまりしゃべらないタイプだけど、はなすとですます調ちょうでお嬢様じょうさまキャラが似合にあっている。

 三にんとも集合しゅうごう時間じかんにはって、説明せつめいしつへと案内あんないされる。
 しばらくすると、イケメンの眼鏡めがねをかけたお医者いしゃさんがはいってくる。

今日きょうからよろしくおねがいします。わたしは、この実験じっけん責任せきにんしゃ丸木まるきです」
「「「よろしくおねがいします」」」

 加速かそく世界せかいへのちょう時間じかんのダイブは、まだ実験じっけんがあまりすすんでいない。
 理由りゆう簡単かんたんで、ちょう時間じかんごすだけのコンテンツが読書どくしょぐらいしかVR世界せかいにまだなかったからだ。
 そこでちょうどサービスが開始かいしされるWVROでごす実験じっけん提案ていあんされた。
 わたしたちは、毎週まいしゅうまたはなに問題もんだい発生はっせいしたときにレポートを提出ていしゅつすれば、あとは自由じゆうにゲームをすすめていいとう。
 あとたまに、ゲームない丸木まるきさんが問診もんしんをするそうだ。
 なお、普通ふつうひとたちは現実げんじつ時間じかんで一にち時間じかんのログイン制限せいげんされている。

 丸木まるきさんに案内あんないされて、わたしたちは五かいにある部屋へや案内あんないされた。
 そこには、最新さいしんのVRヘッドギア連携れんけいたきり介護かいごようベッドがかれていた。
 ギアには筋力きんりょく低下ていかおさえるための機能きのうそなわっている。

 今日きょうはVRヘッドギアのセットアップと、からだ異変いへんないかの事前じぜんチェックだった。

 わたしたちは、入院にゅういん着替きがえた。そして、VRヘッドギアをけてベッドにた。
 脳波のうは測定そくてい身体しんたいチェックがおこなわれ、VR空間くうかんつ。
 そこは、簡単かんたん部屋へやになっていて、姿見すがたみ、コタツつくえ、ベッドがあった。

わたしそっくり」

 わたしおもわずつぶやいた。ゆったりしたルームウェアをわたし瓜二うりふたつのアバターがかがみまえっていた。
 視界しかいすみには「メインメニュー」なるものがホログラムでかんでいる。
 ここはまだWVROのゲームないではなく、VRヘッドギアのプライベート空間くうかんだった。
 わたしたちは、半日はんにちかけて専用せんようのミニゲームをして六ばい加速かそく世界せかいをひとまず体験たいけんした。
 ジャングルジムにロッククライミング、パラグライダー、テニスなどだ。
 現実げんじつ体験たいけんすると危険きけんあそびも、ゲームないなら安全あんぜんだ。

 健康けんこう診断しんだん様々さまざま事前じぜん検査けんさおこなわれ、あっというまに準備じゅんび二日ふつかかんぎた。
 明日あしたから、いよいよながながいVRゲーム生活せいかつはじまる。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する