設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

67 咳止め薬
●67 せきやく

 王都おうとでは最近さいきんふゆだからかすこ風邪かぜ流行はやっている。
 そうはいっても症状しょうじょうかるいものでいまのところ大丈夫だいじょうぶそうだ。
 それでおも症状しょうじょうせきだった。
 せきやくつくろう。

「げほげほ」
「げほげほっ……」

 うちのみせでもになるきゃく何人なんにんかいる。
 じつはこのまえからあつめているアカシメジなのだけど、せきめの特効薬とっこうやくなのだ。
 それでまずは自分じぶん採取さいしゅして、べても安全あんぜんなのか確認かくにんしていたのだ。
 一応いちおう、そのままなまではぎゃくひどせき嘔吐おうとなどが中毒ちゅうどく症状しょうじょうこす。

 それで安全あんぜん処理しょりできることがかったので、冒険者ぼうけんしゃギルドに採取さいしゅ依頼いらいしてあるのだ。
 これをホーランド経由けいゆりをしていて傘下さんか乾物かんぶつさんやなんでもさんみたいなおみせ乾燥かんそう作業さぎょうからこなにするまでをやってもらう算段さんだんをつけてあった。

 ということでこなわたしところあつまってきていた。

「これをポーションにします」
「「はーい」」

 三人さんにんでささっと作業さぎょうをしてしまおう。
 普通ふつうにモリスそう薬草やくそうすいにアカシメジ粉末ふんまつ少量しょうりょうれて一煮立ひとにたちさせて馴染なじませる。
 あとはポーションみたいなつくかた大丈夫だいじょうぶ

「はい、せきやく完成かんせい
「わーわー」

 普通ふつうのポーションは回復かいふくはするんだけど瞬間的しゅんかんてきだ。せきがずっとつづくようなときには使つかいにくい。
 このくすりならモリスそう含有がんゆうりょうすくないのでやすくすりができる。
 やはり目的もくてきべつ特効薬とっこうやくのようなもののほうが、本来ほんらいなら汎用はんよう回復かいふくやくよりずっといいのだ。
 ただ特効薬とっこうやく材料ざいりょうもそれぞれことなっていて、なんじゅっ種類しゅるいとあるので、全部ぜんぶつくっていられないという。
 そんなことになったらわたし一日中いちにちじゅう調薬ちょうやく作業さぎょうになってしまう。
 でもいませきやく必要ひつようそうなので、こうして生産せいさんしているというわけ。

 ついでにキノコがおもいのほかたくさんあつまった。それでアカシメジ粉末ふんまつがたくさんある。コクが調味料ちょうみりょうとして販売はんばいしよう。
 もう粉末ふんまつになっている状態じょうたいであれば、どくはほとんどふくまれていなくて悪用あくようもできないから安心あんしんのはずだ。

 こうして王都おうとでは販売はんばいしていないせきやく発売はつばいになった。

せきやく、ください!」
せきやくができたんだってねぇ、げほげほ」
あたらしいのどくすりなんだって……」

 やすいということもあって、かる症状しょうじょうひとがあっちこちからあつまってっていく。
 ちょっとした大売おおうしみたいになってしまった。

 今回こんかい大売おおうしはマジックバッグとちがって、メイラさんにもおこられなかった。
 一応いちおうくすりだし世間せけんやくっているし、それからライバルの既得きとく権益けんえき利害りがい関係者かんけいしゃがほぼいないのがよかったね。
 ポーションのげがすこがっちゃうかもしれないけど、低級ていきゅうポーションだしね。

「このポーション、なんだ美味おいしくて」
「そうそう、なんかうまがあるんだよな」
くせになりそう」

 とちょっとポーションにたよぎで、アカシメジの旨味うまみってしまったひともいるみたい。
 ささ、そういうひとには粉末ふんまつがありますので、なべにしましょう。
 というふうに誘導ゆうどうをする。
 ポーションドランカーなんて駄目だめだよ。あんまりいっぱいむと中毒ちゅうどく症状しょうじょうんじゃうことだってあるんだから。
 これは絶対ぜったい駄目だめだよ。
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する