設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

65 郷土料理と正月休み
●65 郷土きょうど料理りょうり正月しょうがつやす

 西にしもりからかえってきて、裏庭うらにわすみにアカシメジをひろげてしておいた。
 何日なんにちれのそとして、あめ夜間やかんはしまってとかえした。
 そうしてパリパリに乾燥かんそうしたアカシメジを今度こんどこなにする。

「へぇ、なんだか香辛料こうしんりょうみたいです」
「そうだねぇ」

 マリーちゃんがのぞいてくるに返事へんじをしながら作業さぎょうをした。
 おおきめのびん乾燥かんそうざいともれておく。
 できれば、もう二瓶にびんくらいしいなぁ。

 いよいよ王都おうとにも正月しょうがつやすみがくる。

 ゆきがちらつく毎日まいにちぎていく。
 まだ王都おうとではゆきもってない。それほどもらないのだといた。

晩御飯ばんごはんたのしみです」
「だよね、マリーちゃん」
「えへへ、ごちそうになります」

 今日きょう三人さんにんなべパーティーです。

「これがアカシメジなべ
「おおおおお」
「これが……」

 マリーちゃんは感嘆かんたんこえをあげて、シャロちゃんが感心かんしんがおをする。
 アカシメジのこなを、野菜やさいのスープにたっぷりれる。
 なべあかいろをしていて、美味おいしそうだ。
 あかいスープとえばからいものがおおいけど、これはコクがあってとっても美味おいしいのだ。

「いただきます」
「「いただきます」」

 それぞれざらによそってスプーンですくってべる。

美味おいしいです。ミレーユさん」
美味おいしいですよ。先生せんせいはじめてべました」
「ふふん。どうじゃ、これがハシユリむら正月しょうがつ料理りょうりなのじゃ」

 ちょっとおじいちゃんみたいに真似まねしてみる。
 そうそう、おじいちゃんはちいさいころよくあそんでくれていたけれど、両親りょうしんよりさきんでしまった。
 子供好こどもずきで、いつもニコニコしたのをおぼえている。
 なんでかこの正月しょうがつやすみになると、白髪しらがしろいひげのおじいちゃんをおもすのだ。
 には特大とくだいのアカシメジをっているイメージで。

本当ほんとう、コクがあって美味おいしい」

 みんなでなべをもぐもぐべる。
 このさむふゆべるととても美味おいしい。
 暖炉だんろがあるといっても、やっぱり限界げんかいはある。
 部屋へや十分じゅうぶんあたたかいけれど、あたたかい料理りょうりはじんわりとからだにしみる。

「それじゃあ、明日あしたから一週間いっしゅうかん、おみせ正月しょうがつやすみです」
「はーい」
わたしはシャロちゃんと一緒いっしょにマーシャル錬金術れんきんじゅつてんにいるから」
「はい。なにかありましたらそちらへきますね。それではまた来年らいねん。ばいばい」

 さきにマリーちゃんとおわかれする。

「んじゃ、シャロちゃん、おうちへかえろっか」
「はーい」

 シャロちゃんと一緒いっしょにマーシャル錬金術れんきんじゅつてんへとかった。
 そこそこの規模きぼのおみせだ。かなりおおきい。
 それでご実家じっかはこの錬金術れんきんじゅつてん中庭なかにわ部分ぶぶんをつぶしてててあった。

「こんばんわ」
「こんばんわ。シャロ、ミレーユ先生せんせい
「こんばんわ~」

 挨拶あいさつわす。
 ここの錬金術れんきんじゅつてんひととは、以前いぜん講習会こうしゅうかいなどで一緒いっしょになったので面識めんしきがある。
 それでわたしはここでもシャロちゃんの師匠ししょうということで一目いちもくかれていて、先生せんせいびされていた。
 店主てんしゅ父親ちちおやだった。それであとぐのはおにいさんで錬金術れんきんじゅつにはつよいんだけど、経営けいえいのほうが壊滅的かいめつてきでちょっと問題もんだいになっている。
 それでも老舗しにせだけあってげもおおきいので、なんとかやっていた。

「ミレーユ先生せんせいいもうとがお世話せわになっています」

 おにいちゃんもこのとおわたしのほうが年下とししたなのに敬意けいいはらってくれる。
 なんだかとってもこそばゆい。
 もうゆうはんべたので、あとはお風呂ふろはいってるだけだ。

「ふふふ、シャロちゃんとお風呂ふろ~」
「はい。先生せんせい、お風呂ふろはいりましょう」

 さすがシャロちゃんち。お風呂ふろおおきくて、とっても快適かいてきだった。
 でもここのお風呂ふろ巨大きょだい錬金れんきんがまねるみたいで、機械きかいまわりにいてある。
 ふゆのお風呂ふろあたたかくて気持きもちいい。なんだか自分じぶんなべになったような気分きぶんだ。
「アカシメジをれたらわたしたちも美味おいしくなるかな?」
「ほぇ? ミレーユ先生せんせいそんなことかんがえてたんですか。なんだかかわいいっ」
「まあ、ね」
「そーれ。ミレーユ先生せんせいたべちゃうぞぉ」
「きゃああ、シャロちゃんにべられちゃうぅぅぅ」

 とまあお風呂ふろあそびました。

 シャロちゃんのいえ客間きゃくまでふっかふかの快適かいてきベッドでねむる。
 今日きょうはシャロちゃんは自分じぶん部屋へや一人ひとりるらしい。

「ポムぅ」
「きゅっきゅっ」

 最近さいきんはずっとシャロちゃんと一緒いっしょ部屋へやていたので、いないとなんだかさむしかった。
 でも大丈夫だいじょうぶわたしにはまだポム隊員たいいんがいるからね。
 こうしてちらつくゆきながめながら、はじめてのおとまりのよるけていきました。
 そりゃもうぐっすりですよ。えっへん。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する