設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

63 魔道ドライヤーだよ
●63 魔道まどうドライヤーだよ

 さてふゆはまだまだつづいている。
 今回こんかいはですね、じゃじゃーん。
 お風呂ふろ使つか魔道まどう。おかすのは普通ふつうまきストーブしきなんだけどね。
 あたまあらうじゃないですか。それであたまかわかすのには頭髪とうはつ乾燥機かんそうきつまりドライヤーがしいよね。
 ということで「魔道まどうドライヤー」です。
 もちろん既製品きせいひんもあるし、ってはいるよ。ただちょっと無骨ぶこつ大型おおがたのがおおきいかんじだとおもう。
 うちのドライヤーは他店たてんより小型こがたなんだ。

 とく女性じょせいかみながいし、それにふゆだとさむいからね。
 いっそのこと部屋べやごと魔道まどうドライヤーであたためてかわかしたらいいんじゃないか、というのもアリではあるけど、ずっと暖房だんぼうとして使つかうとかなり魔石ませき消費しょうひしてしまう。
 かなりのお値段ねだんになるかと。
 魔石ませきがもっとお手軽てがるだったらそれでもよかったね。
 魔道まどうコンロもあるので、こう火力かりょく自体じたいはできるんだけど、日中にっちゅうずっと使つかうとなると、ったがかかりそうな気配けはいがある。

 時計とけいなどでも使つかってる回転かいてんする魔道まどう類似るいじひんにプロペラをわせて送風機そうふうき部分ぶぶんつくる。
 このさきかぜあたためる魔道まどうつくる。あたためる部分ぶぶん魔道まどうコンロや魔道まどう懐炉かいろとほとんどおな仕組しくみだね。
 つまりいままでつくったものをわせただけなんだ。

「こうして、こうして、うんしょ」
「あ、またミレーユさん、なにつくってる」
先生せんせい今日きょうなにですか」
「えへへ、今日きょうはドライヤー」
「ドライヤーとは」

 ということでマリーちゃんとシャロちゃんに、かくかくしかじかと説明せつめいをした。

「いいですね!」
先生せんせい、とっても素敵すてきですね」

 もちろんわたし素敵すてきなわけではなく、魔道まどう素敵すてきだとめられた。
 いままでも小型こがた追求ついきゅうしていたので、はこびができるサイズになっている。
 片手かたてって、もう片方かたほうかみをわしわしして使つかうことができる。
 うむ、なかなかよい出来できではないでしょうか。

 なんというか魔法まほうじゅうふといのみたいなものができた。
 魔法まほうじゅうというのは魔道まどうじゅうで、ファイアアローみたいなものがんでいくものだ。

「いらっしゃいませ、新製品しんせいひん、ドライヤーでーす」
「どれどれ」

 うちのおみせにはおねえさんたちもくるので、ドライヤーにさっそく関心かんしんせてくれた。
 人数にんずうすくないけど貴族きぞくのうちのとかもいるので、お風呂ふろにははい習慣しゅうかんがある。

「これ、とってもいいですね」
素晴すばらしいです」

 とまあ試運転しうんてんをさせてみると好評こうひょうでした。

 よる、おみせめて、ごはんべて

「げへへ」
「お、そのかおはお風呂ふろでドライヤー使つかですね、先生せんせい
「そうですぅ」

 ということでシャロちゃんと一緒いっしょにお風呂ふろはいる。
 うん、今日きょうもいいだ。かおだけさむい。

「ずっとかっていたい」
「そうですね。でものぼせてしまいますね」
「そうだね、そろそろよっか」
「はい」

 さぁ、実践じっせんだ。

「わぁぁ、あたたかいかぜくるぅ」

 シャロちゃんのピンクかみをぶわああああとやる。
 ほーれほれほれ、さぁかわかすのだよ。
 すこしの時間じかん、あっというかわいた。

 つづいて自分じぶんかみもドライヤーでかわかした。
 わたしのほうがながくないので、らくちんだ。

 ということで自分じぶん使つかってもかなり便利べんり道具どうぐ魔道まどうドライヤー」でした。

 あぁ、わすれていた。
 銭湯せんとうんで、設置せっちしてもらった。
 かなり好評こうひょうなようで、はなしきつけた貴族きぞくいえとかからちょくちょく注文ちゅうもんはい程度ていどにはれているよ。

 つぎは「炬燵こたつ」というはなしてるけれど、どうしようか。
 あれうごけなくてこまるんだよね……。
 さぁて、つぎなにつくろうか。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する