設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

51 王都で火事だよ
●51 王都おうと火事かじだよ

 九月くがつはいって、ちょっとずつすずしくなってきた。
 先月せんげつとどこおりなく、各所かくしょ支払しはらいをませて、あとベッドbedセットset借金しゃっきんはらってもう大丈夫だいじょうぶになりました。

 そんなある

 カンカンカンカン。

 かねおとが、王都おうとないひびわたった。

「え、なに?」
「ミレーユさん、火事かじみたいです。このおと間違まちがいないです」

 マリーちゃんがんできた。

「ささ、きましょう。ちかくだったら荷物にもつってげないと、んじゃいますよ」
「あ、そうだね」

 たしかにおとなりとかそのとなりという可能かのうせいもないわけではない。
 王都おうと建物たてものは、ベースbase石造いしづくりなんだけど、屋根やねとかはしらとか【はり】なんかは、いえおおい。
 だからけっこううつ可能かのうせいがある。
 こういうとき、密集みっしゅうしてっている王都おうとみたいな大都市だいとし危険きけんだ。

「あ、ちょっとまって、あるポーションpotion全部ぜんぶってく」
「あ、はい、手伝てつだいます」
「じゃあわたし一応いちおう薬草やくそうとかあつめてきます」

 わたしとシャロちゃんでポーションpotionあつめて、そのほか関連かんれん製品せいひんをマリーちゃんにおねがいしてあつめる。

「よし、だいたいオーケーOKey
「ではいきましょう」
きます」

 さんにん収納しゅうのうリュックruck背負せおって、そら見上みあげる。
 けむりはどっちだ。あっちだ。住宅じゅうたくがい方向ほうこう、やや貧困ひんこんがいちかいとおもう。

 まんいちということもある。
 貧困ひんこんがい場合ばあいによっては、放火ほうかされることもある。こわひとはいる。

 さんにんけむり目指めざしてはしった。

「あ、二人ふたりともはやいよぉ」

 シャロちゃんがすでにへばっていたので、ちょっとあしおくらせる。
 さんにんったほうがいい。

 けむりはどんどんちかくなっている。

 かどがったらなるほど、まだ消火しょうかちゅうだった。
 めずらしい王立おうりつ騎士きしだん魔術まじゅつ部隊ぶたいが、魔法まほうみずしていた。

 そろいのむらさきマントmantleがその威厳いげんあらわしている。紋章もんしょう【たか】つえだ。

 いちいちみずげて、バケツbucketしていてはわない。
 まちまわったら、魔術まじゅつ部隊ぶたい人数にんずうではとてもせなくて、王都おうと全体ぜんたいえてしまうかもしれない。
 だから魔術まじゅつ部隊ぶたいは、すぐにやってくる。
 初期しょき消火しょうか重要じゅうようだった。

 そらとかんでたらすごいんだけど、残念ざんねんだけど魔術まじゅつ部隊ぶたいそらべるひとはいない。
 いやあ、なかにはそらんだりするひともいる。
 自分じぶんんでるわけではないけど、ワイバーンWyvern部隊ぶたいかずすくないものの王都おうとにはいて、昼間ひるまはだいたい交代こうたいだれ一人ひとりそらんでいる。

 だから王都おうとそらにはいちワイバーンWyvernかならえる。
 さすがによるんでないけど。

「おつかさまです。錬金術れんきんじゅつです。ポーションpotionをどうぞ」
「ああ、たすかります」

 魔術まじゅつ部隊ぶたいひとポーションpotionがあるのをつたえる。
 基本きほんてき攻撃こうげき魔法まほう回復かいふく魔法まほう系統けいとうちがっていて、両方りょうほうできるひとすくない。

 住民じゅうみんひと火傷やけどをしたひとなどが、よこたわっているので、具合ぐあいて、ポーションpotion使つかっていく。
 中級ちゅうきゅうポーションpotion低級ていきゅうポーションpotion患者かんじゃ容体ようだいながら、使つかけていく。
 そしてかく財産ざいさんである、ちゅう上級じょうきゅうポーションpotionさんぼんだけある。いざというとき使つかおう。

 午前ごぜんちゅうだけどポーションpotion準備じゅんびわっていたし、昨日きのうまでののこりのポーションpotionもある。

たすかります」
「ありがとうございます」

 ポーションpotionひととおきているひと回復かいふくさせた。
 そのあとは、一応いちおう元気げんきそうな魔術まじゅつ部隊ぶたいにも、薬草やくそうくばっていく。

「お、薬草やくそうか。めずらしいな、ありがたい」
「いえいえ」

「どこの錬金術れんきんじゅつだい? ないかおだ」
「え、あはい、わたし、ミレーユ錬金術れんきんじゅつ調薬ちょうやくてんのミレーユです」
「あっ、あの、れいの」
れいの?」
「いえ、今年ことしはいってからうわさはかねがね」
「は、はあ」

 そうわれてしまうと、ちょっとれる。
 いいうわさならいいけど、どうだろうね。へんなことわれていたら、ずかしい。

 はなしかけられたのは、がとてもたか魔術まじゅつ部隊ぶたい隊長たいちょうらしい。
 ほかひと敬意けいいはらっているのがかる。

「なるほど、たしかに。うんうん、えらいえらいねぇ」

 あたまをなでなでされた。
 むむ。また子供こどもいじゃん。もう。レディーladyだってってるのに。

「もうっ、子供こどもじゃないですからね」
「ああ、こりゃあ失礼しつれいしました」
「いえ、いいんです」

 きりっとしたかおをしていた。
 さすがに火事かじ現場げんばで、にこにこするわけではないみたい。そういうところはをわきまえている。えらい。

 緊急きんきゅうせいたかひとは、秘蔵ひぞうポーションpotionたすかっていた。あってよかった、ポーションpotion様様さまさま

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する