設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

41 南平原だよ
●41 みなみ平原へいげんだよ

 王都おうと西にしにはもりがある。
 そしてみなみにはかなりひろ平原へいげんひろがっているのだ。ここもむかしもりだったのだけど、まき建築けんちく資材しざいとして伐採ばっさいした結果けっか平原へいげんになったらしい。

 隻腕せきわんのおじさん、 ジョンさんとともにわたし四人よにん子供こどもたちでみなみ平原へいげんかう。

「お、子供こどもれで平原へいげんですか」
「はい。ちょっとスライムslimeりに」
めずらしいですね」
「まあそうですね、ってきます」

 城門じょうもんで、衛兵えいへいさんに挨拶あいさつしてとおしてもらう。

 西にしもり保護ほご森林しんりんなので、伐採ばっさい許可きょかされていない。そして魔物まもの魔獣まじゅうなどがる。キノコ、薬草やくそうなど錬金術れんきんじゅつにも使つか資源しげんおおいけれど、危険きけんおおきい。
 たいしてみなみ平原へいげんには、魔物まものスライムslimeつのウサギしかまずかけない。

「あーすごい。うしさんがいる」

 くろしろ灰色はいいろ茶色ちゃいろいろ種類しゅるいがいる。
 ロイヤルRoyalミルクmilkティーtea使つかミルクmilkはこうして放牧ほうぼくされているうしのものだ。
 みみには管理かんりひょうけられていて、ぬし判別はんべつできる。
 最大さいだい脅威きょういはこの家畜かちくうしだ。おこらせるとつの攻撃こうげきしてくるし、うしあしられて死亡しぼうすることもある。

「だからうしさんはおこらせてはいけないよ」
「「はーい」」
うしはまじで危険きけんだ。けてくれ」

 ジョンさんも同意どういらしい。

 つのウサギもとおくのほうにたまにかけるけれど、ひとかけるとすぐにげていきすばしっこいため、つかまえるのは困難こんなんだ。
 もしウサギがれたら、おにくもいっぱいべられるのに、残念ざんねんだ。

 あとうしのおにく流通りゅうつうしているけれど、けっこうたかい。干肉ほしにく流通りゅうつうしていて、こちらはなんとかわたしたちでもはいるぐらいのものだ。
 ステーキsteakとかになるとすごくたかい。

 一度いちどでいいからレストランrestaurantぎゅうステーキsteakべてみたいとはおもうんだけど、むら普段ふだんから魔獣まじゅうのおにく放題ほうだいだったから、期待きたいはあんまりしていない。

 スライムslimeはいるにはいるけど、まばらにしかいない。まずつけるのが大変たいへんだ。
 みんなで移動いどうしながらさがす。

 そのときにメートルmeter間隔かんかくひろがって、足元あしもともついでにさがす。これはおも薬草やくそうともうひとつの目的もくてき魔力まりょくさがすためだ。

 魔力まりょくいっセンチ[centi- meter]ぐらいのあおで、一度いちど十粒じゅっつぶくらいなっているはず。
 ただひくくさちいさいので、はなれているとつけられない。

 だからひろがってさがすしかない。
 大人おとなならんでさがしても、日当にっとう代金だいきんはらうと赤字あかじなので、普通ふつうはわざわざさがしたりしないのだった。
 そのせいで値段ねだんたかめなくせに品薄しなうすで、ってきてくれるひともいない。

「あった、あお!」
「よくやった」

 みんなで一度いちどあつまって、あおる。
 くさ実物じつぶつ冒険ぼうけんしゃギルドguildにもなかったので、子供こどもたちははじめてる。

 こうしてあおさがしながら、スライムslimeがそのあたりにいないかあるく。

スライムslime発見はっけん!」
「おし、よくててね、おねえさんから見本みほんせるね」

 わたしナイフknifeスライムslimeいかける。
 接近せっきんして、ナイフknifeをぶすっとす。かくをくりいてすと、もううごかなくなる。

「はい、簡単かんたんでしょ」
「うぉおお」
スライムslimeさんっ!」

 ポムもついてきているが、微妙びみょう表情ひょうじょうだ。
 ごめんねポム。でもスライムslime以外いがい選択肢せんたくしはない。

 スライムslime収納しゅうのうしてってかえった。
 このあめあとだったこともあって、けっこうなかずスライムslimeれた。

 貧困ひんこんがいもどってきて、あと処理しょり説明せつめいしないと。

スライムslimeかくは、冒険ぼうけんしゃギルドguildりつけましょう」
「「はーい」」

 魔物まものかく、それすなわち魔石ませきだ。スライムslime最低さいてい等級とうきゅうだけどれないこともない。魔道具まどうぐ燃料ねんりょうなどになる。

スライムslimeからだのほうは、こうやってひろげてして乾燥かんそうさせます」
「「はーい」」

 スライムslimeひろげていく。もちろん子供こどもたちにも手伝てつだってもらう。今度こんどからは子供こどもたちだけで、できるようになってもらわないと。

「こんなふうに乾燥かんそうしたら完成かんせいです」
「「おーお」」

 リュックruckから乾燥かんそうスライムslimeす。

「このすりばちをあげるので、乾燥かんそうスライムslimeをこれですりつぶしてください」
「「はーい」」
「まずはでちぎっていって、すりばちれて、ごりごりするんだよ」
「「はーい」」

 ったとおりの作業さぎょうをする。みんな大人おとなしくてくれる。

こなになったらジョンさんにわたして、ジョンさんがミレーユ錬金術れんきんじゅつてんってきてくれたら、おかねになります」
「「おかね!」」

 リュックruckから銀貨ぎんかせる。
 そうそうおかねになるんだよ、このスライムslimeが。
 おかねはごはんったりするのに、使つかえるね。

 こうして午前ごぜんちゅう日曜日にちようび子供こどもたちを順番じゅんばんりにつれてって、チームteamつくる。
 そのは、ジョンさんのチームteamわたしチームteamかれて指導しどうつづける。
 スライムslimeりと魔力まりょくは、人海じんかい戦術せんじゅつ有効ゆうこうなので、人数にんずうおおいほうがいい。

 いっげつには、年長ねんちょうしゃおおめで子供こどもたちだけのチームteamつくって、スライムslimeりをするようになった。ジョンさんは複数ふくすうチームteam順番じゅんばんまわっている。

 こうして子供こどもたちのつくった乾燥かんそうスライムslime粉末ふんまつは、無事ぶじにうちのみせられるようになったのでした。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する