設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

32 中級を見てもらうだよ
●32 中級ちゅうきゅうてもらうだよ

「やあ、どうしたんだい。ミレーユちゃん」
「はい。メイラさん。あの、中級ちゅうきゅうポーションpotionができまして」
「おお、はなしにはいていたけど、ついにか」
「はい。ついにです」

 リュックサックrucksackからポーションpotionす。
 ホーランド商業しょうぎょうギルドguildのメイラふく会長かいちょうさんだ。いつもお世話せわになっています。

水色みずいろポーションpotionたしかに。どれどれ含有がんゆう魔力まりょくも、うん。たしかに中級ちゅうきゅうポーションpotionだな。だが、ちょっと魔力まりょくおおくないかいこれは」
わたしむらではこれぐらいでしたよ」
「そうなのかい?」
「はい。王都おうと中級ちゅうきゅうポーションpotionが、その、いにくいんですけど、てい品質ひんしつなんだとおもいます」
「ああ、やっぱりそういうことか」
「はい」
なかはいってくれ。はなしをしよう」
「え、あ、はい」

 メイラさんにれられてなかはいった。
 いつもの調度ちょうどひんがあってたかそうな絨毯【じゅうたん】ソファーsofa部屋へやだ。

「このポーションpotionんだ水色みずいろ間違まちがいなく高級こうきゅうひんだ」
「まあ、うちでは普通ふつうレベルlevelのですけど」
「これで普通ふつうなのか。特別とくべつせいとかではなくて」
「はい」
普通ふつう中級ちゅうきゅうポーションpotionよりたかろう」
「え、でも王都おうとポーションpotionたかいから、それだともっとたかくなって、一般いっぱん庶民しょみんだとこまっちゃいます」
「まあそうだな」
「できればその、やすりたいなって」

「だめだ」

「えっでも」
低級ていきゅうポーションpotionかるきずとか怪我けがにしかかないから、見逃みのがしてもらえていた」
「あ、はい」
「しかし中級ちゅうきゅうポーションpotionはそうはいかない。これは利権りけんからんでいる」
「ですよね、まあっています」
「だからやすくていいポーションpotionなんて消費しょうひしゃからすれば最高さいこうだけども、ほか錬金術れんきんじゅつだまっていない」
「ですよね」

 メイラさんとそのはないをした。
 意見いけん平行へいこうせんわたしやすくていいポーションpotionりたい。メイラさんは抗争こうそうになるとして、いままでのものよりたかることを主張しゅちょうした。

「じゃあ、あの、うちで直売ちょくばいぶんだけちょっとやすくして、ほかおろすものは、ちょっとたかいものということで」
「うーん。それならいいかな。直売ちょくばいではたいしてれないしな」
「そうですよね。メインmainはお医者いしゃさんのところとかですし」
「だよな。うちのギルドguild加盟かめいしている医者いしゃのところには通達つうたつすから、必要ひつようりょうおろしてくれ」
かりました」

 そうなのだ。
 商品しょうひん自分じぶんのおみせるだけではない。
 ギルドguildつうじて、関連かんれんするおみせでも、いしてくれる。

 じつ面倒めんどうくさかったからわなかったけど、石鹸【せっけん】シャンプーshampooなども、うちのみせつくったものを、雑貨ざっかてんやここの本店ほんてんなどであつかってくれている。
 値段ねだんはうちのみせ直接ちょくせつうよりちょっとたかくなる。うちは卸値おろしねってもらうので、ちょっと利益りえきやすくなるんだけど、それでも販路はんろひろいことは重要じゅうようだった。

 ということで、まちほかのおみせでは高級こうきゅうひんポーションpotionということであつかう。
 でもうちで直接ちょくせつうぶんにはひそかに中級ちゅうきゅうポーションpotionということで、えるようにしてもらった。
 おかねがないならうちまでいにてくれる、といいな。

 自分じぶんのおみせではやすれるなら、ちではないだろうか。

 そうしておみせもどると、なにやらひとだかりが出来できていた。

品質ひんしつのいい中級ちゅうきゅうポーションpotionやすいっていて……」
中級ちゅうきゅうポーションpotion庶民しょみんけにてるって」
中級ちゅうきゅうポーションpotionがあるってはなしはここかい」

 もともと王都おうとでは中級ちゅうきゅうポーションpotion品薄しなうすだ。
 ちなみに上級じょうきゅうポーションpotion特級とっきゅうポーションpotionばれるものもなか存在そんざいしているけれど、王都おうとでは普段ふだんあつかっていない。
 上級じょうきゅうポーションpotion材料ざいりょう高級こうきゅうだ。おも貴族きぞくけで、材料ざいりょうはいったときだけ限定げんてい生産せいさんされているらしい。
 特級とっきゅうポーションpotion秘薬ひやく現在げんざいおおやけにされていないけど、わたし、ミレーユしか王都おうとではつくれない。材料ざいりょうであるユグドラシルYggdrasilっぱが必要ひつようで、ほかにもいくつか材料ざいりょう必要ひつようだ。
 もしかしたら世界せかいでもあにわたしだけしか秘薬ひやくつくれないのかもしれない。あやうく、断絶だんぜつするところだったかも。

 中級ちゅうきゅうポーションpotionはそれなりにかずそろえていた。だから大丈夫だいじょうぶだろう。
 そして、どうやら庶民しょみんには品薄しなうすたかかったので、購入こうにゅうあきらめていたひとたちがいて、そういうひとあつまってきたみたいだった。
 よくそういうはなしきつけてくるものだ。感心かんしんしちゃう。

 この混乱こんらんは、日暮ひぐれの閉店へいてん時間じかんまでつづいたけど、なんとかおさまった。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する