設定を選択してください。

[総ルビ]【書籍化コミカライズ】元貧乏エルフの錬金術調薬店(web版)

21 芽が出たよ
●21 たよ

 おみせまってすぐのころ。まず布団ふとんまくらをマリーちゃん経由けいゆ発注はっちゅうした。生活せいかつだけは支度したくきんとしてもらっていたけど、いかんせんそれだけではりなかった。独立どくりつ必要ひつようなおかねはまとめて月末げつまつばらいということになった。月末げつまつ無理むりなら翌月よくげつ以降いこう分割払ぶんかつばらいも利用りようできる。

 あとは食器しょっきるい使つかまきなんかが最低限さいていげん必要ひつようだった。
 ごはんパン[bread]普通ふつうってくるものだし、おかずはスープsoup一般いっぱんてきで、簡単かんたん調理ちょうり器具きぐ錬金術れんきんじゅつ共用きょうようなので、普段ふだんからリュックサックrucksackれている。

 ゆうはんわずかな野菜やさい燻製【くんせい】にくれてスープsoupつくる。料理りょうりいえ家事かじもしていたので得意とくいだった。
 ただこのいえには自分じぶんとあとポムしかいなくてさびしかった。

「ポム、いただきます」
「きゅっきゅっ」

 よるひろいえ一人ひとりだ。いやポムと二人ふたりきり。

「ポム、おやすみなさい」
「きゅっ」

 ポムをきしめて、ねむる。
 宿屋やどやせま部屋へやも、さびしさをまぎらわすためなら、有効ゆうこうかもしれないとおもった。
 居抜いぬ物件ぶっけんなので、ベッドbedふたいてあった。
 となりベッドbedからっぽだ。
 ポムは自分じぶんベッドbedよりもわたしうえたがるみたい。

 ポムがいてよかった。一人ひとりだったらもっともっとさびしいとおもう。

 そなけのタンス[chest]に、リュックサックrucksackからしたふくれていく。
 でも一着いっちゃくぶんリュックサックrucksackのこしてく。どこかにったときに着替きがえが必要ひつようになるかもしれないし。

 そうしておみせ準備じゅんびをした。
 おみせ午後ごごから毎日まいにち日曜日にちようび以外いがいけることにする。
 午前ごぜんちゅう仕込しこみや薬草やくそうえんなど、色々いろいろやることがあるので、おみせめておくことになった。

 薬草やくそうえんたねえてある。
 建物たてものちかくは日陰ひかげになるので、日光にっこうよわい、木陰こかげ日陰ひかげこの薬草やくそうえた。
 ぎゃくなからへんは日光にっこうがよくたるので、日向ひなたきな薬草やくそうえてある。

 特筆とくひつすることといえば、肥料ひりょう堆肥たいひぜて、クズ魔石ませき粉々こなごなにしたものを少量しょうりょうだけど、れてあった。
 これは王都おうとだと、魔素まそ極端きょくたんうすいことが品質ひんしつ低下ていかつながることがかっていたので、それの改善かいぜんになるはずだった。
 実家じっか薬草やくそう栽培さいばいかんする書物しょもついてあったことのりだ。

 実家じっかではとく魔素まそ場所ばしょそだ特殊とくしゅ薬草やくそうように、同様どうよう対策たいさくをしたことがあるから、たぶんイケるとおもう。
 ただ今回こんかいようじゃなくて、ほぼないのを普通ふつうくらいにするというちがいがあるので、かならずうまくいくとはかぎらない。
 錬金術れんきんじゅつとは慎重しんちょうなのだ。まんいち自然しぜん災害さいがいのようなことになってはいけない。なかには自然しぜんつよ作用さようするくすりなんかもあるので、いつでも慎重しんちょうであることは重要じゅうようだ。

 マリーちゃんと二人ふたり頑張がんばった。
 ポムはそのへんでころころしていた。日向ひなたぼっこなんかもこのきだ。

 オープンopenしてから一週間いっしゅうかん、なんとか経営けいえいできた。
 あめとかも準備じゅんびして、数日すうじつ経過けいかしたある

 薬草やくそうえんでは、ユグドラシルYggdrasilいまのところれないで元気げんきだ。
 それからはや薬草やくそうがもうはじめていた。

「ミレーユさん、ほら、がああ」
「うん。薬草やくそうはたくましいのもあるから、はやいね」
「はい。てますうぅううう」

 マリーちゃんがたのしそうだった。こういう植物しょくぶつ栽培さいばいとかもしたことがなかったらしい。
 さっそく感激かんげきしていた。

「これは ルーフラそう中級ちゅうきゅうヒーリングhealingポーションpotionベースbase原料げんりょうだね」
「ああ、これが中級ちゅうきゅうポーションpotion材料ざいりょうなんですね」
「はい。王都おうとでは、かなり入手にゅうしゅ困難こんなんで、栽培さいばい農家のうか近郊きんこう農家のうかのごくわずか、だそうです。メイラさんいわく」
「へえ、メイラ副会長ふくかいちょうくわしいんですね」
「そりゃあね。薬草やくそう卸問屋おろしどんやむすめだから」
「そうらしいですね」

 みずやりもわった。

 二人ふたりでおひるはんかるます。

「ミレーユさん。ついに午後ごごですね」
「はい」
おぼえているとおもいますが、ちゃんとご用意よういしましたよ」
「そうですね」
「なんか返事へんじぼうですね」
「はい」
緊張きんちょうしてますか」
「だって、だってええ、は、ずかしいんだもん」
自分じぶんめたことなのに」
「だって、だって」
「はいどうぞ。メイドmaidふくです」

 マリーちゃんが荷物にもつからわたしのためのメイドmaidふくしてくれる。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する