設定を選択してください。

[総ルビ]転移者ホクトの異世界ハーレム旅行記

31. 魔王
●31. 魔王まおう

 クーデルまちあとにしてすすみ、むらをいくつか経由けいゆして王都おうとヘドリックに到着とうちゃくした。

「なんだ、めずらしいなひとぞくか」

「あ、はい」

「そっちは獣人じゅうじんたちにエルフだな」

「そうです」

「ようこそヘドリックへ。はいつぎひと


 門番もんばん一応いちおう人相にんそうチェックをされる。
 よかった勇者ゆうしゃ一行いっこうとして指名手配しめいてはいされていないかドキドキした。

 魔都まとはそれなりにひろい。
 もんからみて一番奥いちばんおくおおきな王城おうじょうっていた。

 おれたちはそのままダメもと王城おうじょうかった。

なにようだ」

ればかるとおもいますが、ひとぞく商人しょうにんでして」

「まあそうだな」

めずらしいものを王様おうさま直々じきじきなに交換こうかん販売はんばいできないかとおもいましてうかがいました」

「そうか」

「はい」


 緊張きんちょう一瞬いっしゅんだ。

かった。いち時間じかんにまたてくれ。それまでに確認かくにんしておく」

「ありがとうございます。たすかります」


 よかった。なんとかだいいち関門かんもん突破とっぱした。
 そしていち時間じかん、またた。

王様おうさまはすぐにおいになる」

「そうですか」

「ああ、異国いこく品々しなじなたのしみにしているそうです」

かりました。よろしくおねがいします」


 こうしておれたちは、商人しょうにんとして普通ふつう魔王まおう面会めんかいする機会きかいた。
 まさに、なにわぬかお、というやつをして、緊張きんちょうしつつも、一般人いっぱんじんよそおう。

 ついにおおきなおおきなとびらまえった。
 このこうにながたび終着点しゅうちゃくてん魔王まおうがいるとおもうと、じゅうあつかってくる。
 あせにぎる。
 でもいま大丈夫だいじょうぶおれたちは商人しょうにん、そう商人しょうにんということでひとつ。

ひとぞく商人しょうにんたち御一行ごいっこうさま、はいります」


 衛兵えいへい声掛こえかけをして、だいとびらいていく。
 そのこうにはまず地面じめんあか絨毯じゅうたんかれている。
 一番奥いちばんおくには、魔王まおう、そしておおきな王座おうざ椅子いす

 あれ、魔王まおうちっちゃくね。

 巨人きょじんつのえたいかついかおのおっさんが魔王まおうだとおもっていたのに。
 なんかちんちくりんのそれも幼女ようじょ肌色はだいろあお灰色はいいろだけど、ちいさなさんセンチぐらいのつのえている。
 身長しんちょうおれたちのなか一番いちばんちいさいアリスぐらい。

「どうしたのじゃ、はいってまいれ」

「し、失礼しつれいします」


 おれたちはけん収納しゅうのう魔法まほうでしまった状態じょうたいだった。

「まずはおおきな魔力まりょく結晶けっしょうなどどうでしょう」

「ほうほう」


 おれは、アイテムボックスちのひとりアリスにうなずく。

「おお、これはこれは、いい魔力まりょく結晶けっしょうだな。これなら人類じんるい帝都ていとだい魔法まほうめそうじゃ」

「そ、そんな」

「お。本気ほんきにした? うそうそじゃ。魔王まおうてきジョーク」

「さ、さようで」


 はちびっこだが、本性ほんしょうからない。年齢ねんれいだって実際じっさいのところは不明ふめいだ。

「じゃあこれは魔剣まけんイビルレオソードと交換こうかんでどうじゃ」

「どうじゃといわれましても、そのけんがないとからないので」

「そうだな。おいじい魔剣まけんイビルレオソードもってまいれ。る」


「は。さようで」


 よこひかえていたじいさんがれいをしてりにった。
 っているあいだ会話かいわとかしないとな。
 とおもっていたら、すぐにもどってくる。おはやいおかえりで。

「なかなかいいしなですね」


 おれはそれっぽいことをうがよくからん。本気ほんき商売しょうばいしようというはない。

「では交換こうかんで」

「よいよい」


 こうして交渉こうしょう成立せいりつした。
 いよいよだ。演技えんぎためされる。

つぎ武器ぶき一式いしきです」


 今度こんどはピーテのアイテムボックスからおれたちの「使つかっている」武器ぶきした。

片手かたてけん片手かたてけん両手りょうてけんつえつえですね」


 それぞれが自分じぶん武器ぶきにもって、魔王まおう対峙たいじする。

「それで王様おうさま

「なんじゃ」


 いぶかしげにてくる魔王まおう。そりゃそうだろう。

「お覚悟かくごを。王様おうさま王国おうこく人類じんるいへの侵略しんりゃく行為こうい見逃みのがすわけにはいきません」

「うわーん。商人しょうにんじゃったはずなのに、いまれば、おのれ、われ勇者ゆうしゃ一行いっこうではないか」

「そうです」

「そんな、ひどいのじゃ。わし、なんにもわるいことしていないのじゃ」

「しかし歴史れきし王国おうこく侵略しんりゃく記載きさいされています」

「それはもう、ずっとまえ魔王まおうなのじゃ」

「そうですね、そうみたいですが」

「わしらはもう砂漠さばく横断おうだんしてまで、ひとぞく領地りょうちまでこうなんておもっておらんじゃん」

問答もんどう無用むよう覚悟かくご

「うぎゃあ」


 こうして、魔王まおうけんわせる。
 キンキン、シュッ、キンキンキン、シュ。

 たまにけつつ、けんでもふせぐ。

「おのれ魔王まおう

「わーん」


 おれ短距離たんきょりテレポートを使用しようし、魔王まおうぜんぎりぎりに転移てんいけん首筋くびすじてた。

魔王まおう、お覚悟かくご

降参こうさんじゃ」

最後さいごのこすことはないか、魔王まおう

「わーん。かった。魔王まおうけなのじゃ。わしもあのたちみたいに忠誠ちゅうせい奴隷どれいになるからゆるしてたもう」

「あ、奴隷どれい奴隷どれいちゃんになるの?」

「はいなのじゃ」

「そっか、それじゃあ、しょうがないかな」


 こうして戦闘せんとう終了しゅうりょうした。
 奴隷どれい商人しょうにんれてこられた。

王様おうさま本当ほんとうに、ひとぞくの、忠誠ちゅうせい奴隷どれいにおなりですか?」

「そうだが」

かりました。いいですね」


 魔王まおう首輪くびわをはめる。
 そしてちいさな幼女ようじょ王様おうさまは、おれまえにひざまずいて、あしこうくちづけをした。

「う、うううう」


 魔王まおう奴隷どれい試練しれんけていた。

「はあはあはあ、わったのじゃ。そうだな。わしのことは魔王まおうちゃんとでもんでくれ」

魔王まおうちゃん」

「もっとこっちちかづいて、ちょっとかがんでおねがい」


 おれ魔王まおう目線めせんわせるようにかがんだ。

勇者ゆうしゃ、しゅきになっちゃった」


 ちゅ。

 魔王まおうおれくちにキスしてきた。おさなかおでもおんなだった。



 こうして世界せかい平和へいわになった。
 おれたちは魔王まおうちゃんもれて、一度いちどワープで帝都ていとによって報告ほうこくをした。

「なんと魔王まおうつかまえてくるとはな。たおすのよりよほどむずかしいだろうに」

「まあ、いろいろあって」

「ははは、そなたらしい」


 皇帝こうていにはわらわれてしまった。

「それで地球ちきゅうもどりたいんだけど、そういうわけにもいかないですよね」


 おれまわりを見回みまわす。おれ奴隷どれいたちプラス、フルベールがいる。

奴隷どれいたちはそなたなしではきられないからな」


 まあ厳密げんみつにはきられないわけではないらしいが、醜聞しゅうぶんわるいというやつだ。
 忠誠ちゅうせい奴隷どれいをほっぽらかしてしゅひとがいなくなるのは浮気うわきとみなされる。

 ワープでアリスの両親りょうしんのいるセルフィール王国おうこく王都おうとフクベルまでもどってきた。

「おお、アリスよく無事ぶじで。みなもよくやった


 王様おうさま今日きょう元気げんきらしい。

「これでホクトも王子おうじだな」

おれ王家おうけりするんですか」
「ああ、忠誠ちゅうせい奴隷どれいであっても、うちのだからな」

「そうなんですね」
「まあ、なにわるまで王都おうとでゆっくりしていきなさい」


 こうしてフクベルじょう滞在たいざいまった。
 奴隷どれいちゃんたちは、魔王まおうくわえてから嫉妬しっとしておれ余計よけいベタベタしてくるようになった。奴隷どれいでないフルベールもまんざらでもない。
 しょっちゅうむねけてきたり、キスをせまってきたりする。
 おれはたじたじしてまどうのみ。

「ご主人しゅじんさまぁ、ホクト、キスしてください」

「ほっぺにチュしてにゃ」

「ホクトキスがほしいウサ」

「フルにもキスして。おっぱいにしてもいいよ?」

「むきー。魔王まおうちゃんが一番いちばん最初さいしょにキスしてもらうんじゃあ」


 やれやれ、魔王まおうたおしたのにおれまわりはまえよりさわがしい。
 まえ魔王まおうたおすまでは、とセーブしていたらしいのだ。

 はあ、ハーレムがいっちょ完成かんせいしてしまったらしい。これからも大変たいへんだ。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する