設定を選択してください。

[総ルビ]転移者ホクトの異世界ハーレム旅行記

26. イノシシレース
●26. イノシシレース

 数日すうじつかけて王都おうとアルバーンまでもどってきた。適当てきとう宿屋やどや部屋へやりて一泊いっぱくしていく。
 翌朝よくあさには北東ほくとうがわへそのまますすむ。

 相変あいかわらず穀倉こくそう地帯ちたいはやし交互こうごるような土地とちだ。しばらくは特筆とくひつすべきこともなく、のんびりするだけだった。
 途中とちゅう村々むらむらには、街道かいどう沿いなので宿やどがあり、どこにもこまらなかった。

 ひくやまえたさきちいさめのかわがあるところに、検問所けんもんしょがあった。
 ここが国境こっきょうだ。ここからさきはアンダルシア帝国ていこくである。
 検問所けんもんしょ石造いしづくりのしっかりした建造物けんぞうぶつだった。検問所けんもんしょ前後ぜんごまちになっている。
 検問けんもん兵士へいしにギルドカードをせ、みな奴隷どれいであることをげる。

 担当者たんとうしゃは、奴隷どれい獣人じゅうじんとエルフがめずらしいのか、四人よにん順番じゅんばんながめまわすと、「ふむ」とうなずいて「ってよし」とった。

簡単かんたんとおれたウサ。なにまれなかったウサ」

「アリス、なにかやましい気持きもちでもあるのか?」

なんでもないでウサ」


 釈然しゃくぜんとしないが、まあいいや。ふたた馬車ばしゃさきいそぐ。
 アンダルシア帝国ていこく国旗こっき赤地あかじ黄色きいろ満月まんげつだった。つきなかではなく、右上みぎうえすこしずれている。左側ひだりがわには、黄色きいろほしふたななめにならんでいた。

 そのまま国境こっきょうまち通過つうかして、つぎまちまでた。
 今日きょうはこのまちまることにしよう。馬車ばしゃいて、すこはやいがゆうはんべる場所ばしょさがしていた。
 おれたちがあるいていると、突然とつぜんおんなこえひびいた。

「どいて、どいて、どいて!」


 左方向ひだりほうこうるともうスピードでイノシシがせまってくる。おれはどちらがわけるかまよってしまう。みぎか、ひだりか、やっぱりみぎか。
 イノシシには、手綱たづなけられていて、れるようになっているみたいだ。
 おれみぎけたが、イノシシも何故なぜかこっちに進路しんろえた。
 ぎりぎりでイノシシをけ、手綱たづなつかみ、った。
 必死ひっしにイノシシを制御せいぎょしようと、手綱たづなをひっぱった。みち障害物しょうがいぶつひとをなんとかけて、かせるように、かたのあたりをポンポンたたいてやる。

 いくらか時間じかんかったが、イノシシはいきらせて、はしるのをやめた。
 みんながいる場所ばしょまでもどってくると、そこには、あかかみおんなが、もうわけなさそうにっていた。

 彼女かのじょからはなしうかがう。
 名前なまえはウェコエ。彼女かのじょはイノシシにってレースの練習れんしゅうをしていたところ、さくえて暴走ぼうそうしてしまい、とされて、イノシシをいかけていたらしい。

 レースはまち行事ぎょうじで、本番ほんばん三日みっかだそうだ。

 おれはなしいているあいだに、フルベールとソティはイノシシを餌付えづけしていた。

「ほーれ、イノシシちゃん。たくさんべて、美味おいしいおにくになるのです」

「おにく! おにくになるのにゃ」


 二人ふたりともべる満々まんまんだな。
 彼女かのじょは、さっきのおれ騎乗きじょうて、提案ていあんしてきた。

「それで、いきなりなんですが、わたしわりに、ワイルドボアレースにてみませんか? あなたはわたしより、ずっと才能さいのうがあるとおもうんです」

「ほうほう?」

参加さんかするだけで、景品けいひんもらえますよ。優勝ゆうしょうすると豪華ごうか賞品しょうひんもらえます」

「なるほど。ちなみに、優勝ゆうしょう賞品しょうひんはなんなの?」

「なんと、だいりくガニの、なんとまるごと一匹いっぴきぶんです」


 餌付えづけをしていたソティが「カニ」といて、すごい速度そくど反応はんのうしてこっちにんできた。

「カニべたいにゃ。ご主人しゅじんさま

「そういうとおもったよ」


 三日みっか足止あしどめをらうけれど、まぁ、それぐらいなら許容きょよう範囲はんいか。

かった。レースるよ」

「やったにゃ」


 このは、彼女かのじょのおすすめのみせき、ゆうはんべておひらきになった。
 今日きょうゆうはんは、うすいトルティーヤふうのパンもどきに、鶏肉とりにく野菜やさいいたものだった。
 明日あしたあさから、レースの練習れんしゅうをしてもらうことになっている。
 さっさと宿やどもどって、みなですぐにた。

 翌朝よくあさ宿屋やどやのこちらもトルティーヤふうのパンのあさはんわって、そとる。
 宿屋やどやまえには、昨日きのうのウェコエがイノシシをれてっていた。イノシシにるためか今日きょう男装だんそうふうのパンツルックだ。

「おはようございます。ホクトさん。さっそく練習れんしゅうしましょう」

「ああ、おはよう。よろしくおねがいします」


 挨拶あいさつわすと、すぐにあるした。
 目的もくてきはすぐそこのけん、レース練習れんしゅうじょうだ。

 イノシシの名前なまえは「与太郎よたろう」だった。スタート地点ちてんまでっていき、うえる。
 今日きょう機嫌きげんがいいのか、ブウブウと一度いちどいて、まっすぐまえている。
 おれしり一度いちどたたくと、与太郎よたろうはしした。っすぐすすんでいく。
 途中とちゅうよこたおした障害物しょうがいぶつがあるが、軽々かるがるえてふたたはしす。
 左側ひだりがわ障害物しょうがいぶつ、そのさき右側みぎがわ障害物しょうがいぶつがある。
 おれ手綱たづなみぎひだりって、障害物しょうがいぶつけるコースに誘導ゆうどうする。
 与太郎よたろうあたまがいいようで、素直すなおしたがって、障害物しょうがいぶつけてはしっていった。
 障害物しょうがいぶつけると、すぐゴールだ。
 ウェコエが感心かんしんしてった。

与太郎よたろういきピッタリですね。すごいですね」


 みなも、よこていて、ワイワイってめてくれた。
 ゴールした与太郎よたろうにおやつをあたえる。

 おも与太郎よたろう休憩きゅうけいはさみつつ、ウェコエにスタートの素早すばや仕方しかた障害物しょうがいぶつけなどについてレクチャーをけた。

 与太郎よたろう疲労ひろうまってしまうので、それほどながくは練習れんしゅうできなかった。
 まちまわっても、あまりるものがないのでひまだった。
 のこ時間じかんは、ほか動物どうぶつ世話せわ手伝てつだいやはたけ手伝てつだいをしてごした。

 翌日よくじつ。イノシシが二匹にひきになっていた。今日きょうからは競争きょうそうをするらしい。
 レースは、ストップウォッチとかがないので、三匹さんびき同時どうじスタートで最初さいしょにゴールしたイノシシがきで二回にかいせんすす形式けいしきらしい。
 なお途中とちゅうでイノシシからとされると失格しっかくになるようだ。

 ソティがスタートがかりをしてくれる。
 ウェコエはおれみぎどなりで、イノシシ「勘太郎かんたろう」にっている。
 おれたちは、ほぼ同時どうじにスタートをった。
 最初さいしょ障害物しょうがいぶつは、丸太まるたえだ。
 ウェコエのほうがかるいからか、簡単かんたんにジャンプをしていく。
 おれほう若干じゃっかんおくれてジャンプをしてえていく。
 もう一回いっかい丸太まるたえがある。今度こんど与太郎よたろう頑張がんばって、おなじままですすめた。
 つぎ障害物しょうがいぶつけだ。左右さゆうける。おれはぎりぎりのところねらって素早すばやける。
 ウェコエは左右さゆうコントロールが苦手にがてなのか、若干じゃっかんよろけている。
 障害物しょうがいぶつけた段階だんかいで、おれき、両者りょうしゃ並走へいそうする。
 あとは直線ちょくせんはしればわりだ。どちらも全力ぜんりょくはしける。
 おれ姿勢しせいひくくして、上下じょうげれをおさえるようにって、与太郎よたろう発破はっぱける。
 あたま一個いっこぶんで、おれった。

 こんなかんじで練習れんしゅうをして、あっというにレース本番ほんばんになった。

 レースはひるぎからはじまる。
 今日きょうれで、まるかたちくも時折ときおりながれていく。あたたかく、ごしやすいだ。
 参加者さんかしゃ二七にじゅうななめい三回さんかいせんけば優勝ゆうしょうだ。
 まち中央通ちゅうおうどおりのなかにレースコースがつくられ、まわりにひとだかりができている。
 まわりでは、サンドイッチやにくぐし美味おいしいスープなどがられている。
 人出ひとではそこそこだが、宗教的しゅうきょうてきかんじはしなくて、まつりというか、もよおものかんじだ。

 おれ対戦たいせんするのは、ちいさなおんなと、スキンヘッドの二〇にじゅっさいまえくらい青年せいねんだった。
 オッズ、そう、ごとをしている連中れんちゅうがいる。
 一番いちばん人気にんきおんなつぎがスキンヘッドの青年せいねん、そして不人気ふにんき絶好調ぜっこうちょうなのがおれである。
 若干じゃっかん釈然しゃくぜんとしないものもかんじるが、たしかに三日みっかまえはじめた新参者しんざんものだからこんなもんか。

たびにいちゃん、頑張がんばって」

「ホクトさん、頑張がんばってください。カニのために!」


 まわりのひとやソティはじめ、みんなが応援おうえんしてくれた。

「よーい、どん!」


 三人さんにんとも一斉いっせいにスタートした。
 ちいさなおんなせたイノシシはたけしダッシュで、どんどんはなしていく。
 さすがに、一番いちばん人気にんきごわいぞ。
 おれと、スキンヘッドくんおなじぐらいの速度そくどでそれをった。

 そうしているうちにすぐに、おんなひとつめの障害物しょうがいぶつたっした。
 なんかすごいジャンプを披露ひろうしている、すでにぎりぎりでしがみついているだけだ。

 おれたちもひとつめの障害物しょうがいぶつえる。
 すぐに、おんなのがふたつめの障害物しょうがいぶつえようと、イノシシがジャンプしたが、ジャンプがすごい。
 おれたちのばいぐらいジャンプしたよ。
 あー。やっぱり、おんなはジャンプにえきれず、とされてしまった。
 おれはなるべく最小さいしょうのジャンプでふたつめの障害物しょうがいぶつえて、左右さゆうける障害物しょうがいぶつもなるべく大回おおまわりにならないようにけてゴールをした。
 スキンヘッドくんより若干じゃっかん余裕よゆうつことができた。

「ちぇー。大損おおぞんだぜ」

「まさかテアリーちゃんがジャンプで失敗しっぱいするなんてっ」

にいちゃんよくやった。大儲おおもうけだ!」


 など様々さまざまこえこえてきた。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する