設定を選択してください。

[総ルビ]転移者ホクトの異世界ハーレム旅行記

22. 王都アルバーン(2)
●22. 王都おうとアルバーン(2)

 午後ごご迷宮めいきゅうでもいいが、魔力まりょくっているのでウィンドウショッピングをする。
 王城おうじょうまわりはたかそうなおみせばかりだ。綺麗きれいなドレスや高級こうきゅう装備そうびかざってあるおみせおおい。高級こうきゅう奴隷どれいてんもあった。
 高級こうきゅうなおみせ店先みせさきにはガラスのまどがついている。ガラスも高級こうきゅうひんだが一部いちぶ普及ふきゅうしている。ガラス細工さいくみせ高級店こうきゅうてんなかにある。
 おれたちは高級店こうきゅうてんそとからながめるだけで素通すどおりした。庶民しょみんけの商店街しょうてんがい移動いどうする。

 女性向じょせいむけの作業着さぎょうぎみせ発見はっけんした。ようするにメイドふくやウェイトレスだ。
 おれ目線めせんだけで注目ちゅうもくしていると、ピーテがおれ目線めせんざとくつけてくる。

「やっぱりホクトさんはああいうふくきなんですね」


 色々いろいろわれてちょっとっていくことになった。
 ながめのワンピースからみじかいのまである。エプロンも装飾そうしょくおおたかめのものからシンプルなみじか前掛まえかけまでそろえているようだ。
 店員てんいんはいるが、おれたちがしゃべりながらていると遠慮えんりょしてなのかはなしかけてこなかった。
 女子じょし四人よにん色々いろいろふくては寸評すんぴょうしている。よくいてみると、おれ趣味しゅみかどうかとかはなしているようだ。
 しばらくするとピーテが紺色こんいろながいスカートのシックな衣装いしょうってきてからだててせてくる。
 ソティも水色みずいろみじかいスカート、フリフリのエプロンでむね強調きょうちょうされているねらったかんじの衣装いしょうからだててせてくる。

「ホクトはどっちがこのみかにゃ?」

「えっと……おれ水色みずいろのほうかな」

「やったにゃ」


 ソティがうれしそうに衣装いしょういだきしめる。ピーテはそそくさと衣装いしょうもどしにった。

わたし衣装いしょうとどっちがこのみウサ?」


 アリスの衣装いしょうはというと、いつもとおなじだ。

「どっちも可愛かわいいよ」

「えー。そんなのずるいウサ」


 そんなことをしているうちに、おれ四人よにん衣装いしょううことになってしまった。なぜかフルベールの衣装いしょうまでだ。
 みなでおそろいのさきほどの水色みずいろみじかいスカートのやつしがった。

「でも、そんなのってどうするんだ。いえもないのに」

「おしろるから大丈夫だいじょうぶにゃ」

収納しゅうのうわたしがするから場所ばしょらないです」

可愛かわいわたしたちの格好かっこうたいとおもわないウサ?」


 はい。全員ぜんいんぶんたいです。おれ言葉巧ことばだくみに誘導ゆうどうされ、誘惑ゆうわくけてしまったのだ。
 ギルドカードからよんセットぶんのおかね支払しはらう。しかしさいわいなことに既製品きせいひんだったようでおもったよりやすかった。
 女性じょせい店員てんいん余分よぶんなことは一切いっさいわずに、作業さぎょうだけをしてくれる。この店員てんいんプロだ。かっている。

「ホクトさん。わたしぶんまですまないのです」


 フルベールはエルフなので美人びじんさんだ。それにあの衣装いしょうむねおおきめの彼女かのじょにぴったりだろう。

 つぎ物屋ものや物色ぶっしょくする。ポコにくもあるにはあるが主流しゅりゅう牛肉ぎゅうにくのようだ。
 さっきまでふく夢中むちゅうだったのにものたらすぐにびついた。

「おにくうまいにゃ」

「ビーフジャーキーもいけるウサ」


 ビーフジャーキーをアリスがった。すこしだけべて、のこりは収納しゅうのうしておく。まだポコジャーキーものこっている。

 おれたちは輸入ゆにゅう雑貨ざっかはいってみる。
 ひがしどなりのアンダルシア帝国ていこくおれたちがいたセルフィール王国おうこく雑貨ざっかおもあつかっているようだ。
 なかでもおれ注目ちゅうもくしたのは帝国ていこくせい腕時計うでどけいだ。魔道まどうであり、デジタル時計どけいのように「17じゅうしち34さんじゅうよんふん」とだけ数字すうじかんでいる。
 装飾そうしょく最低限さいていげんだが文字もじ部分ぶぶん金属きんぞくせいでベルトは革製かわせいだった。
 おれはさっそく店主てんしゅ交渉こうしょうする。できれば全員ぜんいんぶんほしい。四個よんこだ。

「お客様きゃくさまはおたかい。それは時計とけいです。デコアでも正確せいかく時間じかん重要視じゅうようしされていないので、注目ちゅうもくされていません。しかしわたし正確せいかく時間じかんこそがきるために重要じゅうようだとおもっています」


 店主てんしゅ力説りきせつしてくる。

よっつもってくださるなら勉強べんきょうさせていただきます」

わたしにもひと時計とけいというのをくださいなのです」


 フルベールも興味きょうみったみたいだ。

「ではいつぶんですね。ひとつはべつ会計かいけいで」


 値段ねだんひと八〇〇はっぴゃくポルンだった。全員ぜんいんうでけてまわる。

「こんなもの必要ひつようあるか疑問ぎもんウサ」

「ホクトさんのことです。きっと必要ひつようだとおもいます」

「わーい。ってもらったにゃ」

「おそろいでっちゃったのです」


 基本きほん一緒いっしょ行動こうどうしているのでらないかもしれない。しかし、いつべつ行動こうどう必要ひつようになるかからない。あるならあったほう便利べんりだろう。

 もうすぐ夕方ゆうがただ。フルベールとわかれて王宮おうきゅうもどる。
 今日きょうゆうはんは、しろパン、牛肉ぎゅうにくのヒレステーキ、サラダだった。
 ステーキは以前いぜん国境こっきょうべたものとあじている。しお胡椒こしょう、ニンニクで味付あじつけしてある。
 あと醤油しょうゆベースのソースがいていれば日本人にほんじんごのみだなというかんじだ。

 からだをふいてる。今日きょうおれるのはソティのばんだ。
 ソティは一緒いっしょ布団ふとんはい挨拶あいさつするとすぐにねむってしまった。


 翌朝よくあさ今日きょう迷宮めいきゅうく。
 迷宮めいきゅうまえ冒険者ぼうけんしゃギルドにくとフルベールがおれたちをかまえていた。

「あの! しばらくわたし一緒いっしょ行動こうどうさせてくださいなのです」

「それはべつにいいけれど、おれたちは帝国ていこくくことになっている」

「そうですか。とりあえず王都おうとにいるあいだだけでも結構けっこうなのです。そういえば、ホクトさんたちはどこにまっているのですか?」

「ああ。じつはおしろめてもらっているんだ」

「なんですって!」


 おれはフルベールにしょ事情じじょうでおしろにいるとっておいた。

「フルベール、おしろのごはん美味おいしいにゃ」

わたし一緒いっしょにおしろでおとまりしたいなのです」


 こういうながれでフルベールもおしろ招待しょうたいするには王様おうさま許可きょかがいるとおもう。
 そのためいったんおしろもどった。メイドをつかまえてフルベールのことを王様おうさま伝言でんごんたのんだ。
 えらいメイドのひと判断はんだん許可きょか自体じたいはすぐにりる。人数にんずうえたのでとなり部屋へやりることになった。

 ふたた迷宮めいきゅうまえもどってくる。

今日きょう目標もくひょうは?」

「それはもちろん、はち退治たいじなのです」


 迷宮めいきゅう地下ちかよんそうへまたた。ベア・ビーが姿すがたあらわす。
 フルベールが補助ほじょ魔法まほう発動はつどうする。

「ウィンド・アーマー」


 パーティー全員ぜんいんぶんかぜ精霊せいれい防御ぼうぎょ魔法まほう使つかってくれた。てき物理ぶつり攻撃こうげきかぜちから利用りようして、威力いりょくよわめてくれるらしい。

 フルベールをわせて四人よにんけん散発的さんぱつてきおそってくる熊蜂くまばちをつぎつぎてていく。
 おれたち三人さんにんくらべてフルベールのけんはあまりうまくない。それでも昨日きのう一人ひとり熊蜂くまばちたおしただけあってよわいわけでもなかった。

 段々だんだんおそってくる間隔かんかくみじかくなり、死体したいから魔力まりょく結晶けっしょう回収かいしゅうするのをやめる。わないのだ。

 そして、ついに普通ふつう熊蜂くまばちばいおおきさの女王蜂じょおうばちつけた。
 眉毛まゆげむらさきからだ部分ぶぶん金色きんいろのファーみたいになっている。マダムふうはちである。

「ウィンド・カッター」


 先制せんせいでフルベールがかぜ攻撃こうげき魔法まほう仕掛しかける。
 ちいさい竜巻たつまき発生はっせいして、女王蜂じょおうばちかぜきざむ。女王蜂じょおうばちかぜはね毛並けなみがボロボロになってしまった。
 ピーテとソティがけんたたける。女王蜂じょおうばちおおきいのでねらいやすい。うごきも普通ふつう熊蜂くまばちよりくない。

魔法まほうくぞ。――ファイヤー・ボール」


 ピーテとソティがけて場所ばしょけてくれ、おれ魔法まほう発動はつどうさせた。

「ピギャー。グルグル。ガー」


 女王蜂じょおうばち断末魔だんまつまげる。しばらくはえていたが、墜落ついらくしてがる。火達磨ひだるまになり丸焼まるやきになった。
 女王蜂じょおうばちはあっけなかった。

わたしかればこんなてきやっぱりらくちんなのです」


 フルベールが余裕よゆうせる。
 女王蜂じょおうばちからはおおきめの黄色きいろ透明度とうめいどたか結晶けっしょうれた。

「わ、わたし出番でばんられたウサ……」


 アリスはしょんぼりしていた。しかし、のんびりはしていられない。
 のこった熊蜂くまばちがまだたまにあらわれる。それらをみんなかたづける。
 かえりはきにたおした熊蜂くまばち死体したいから結晶けっしょうあつめつつ、残存ざんそんへいをやっつけていく。

 あつめた結晶けっしょうはかなりのかずになった。五十ごじゅっぐらいだろうか。
 ギルドに報告ほうこくき、結晶けっしょうをカードマネーに交換こうかんする。

女王蜂じょおうばち退治たいじですね。たしかにおおきな結晶けっしょうです。ランク昇進しょうしんもあるかもしれません。ご苦労様くろうさまでした」


 ギルド職員しょくいんはこのようにった。おれたちはランクCだ。フルベールはまだDらしい。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する