設定を選択してください。

[総ルビ]転移者ホクトの異世界ハーレム旅行記

20. デコア王国王都へ
●20. デコア王国おうこく王都おうと

 あさ宿やどすこかたしろパンをまたべる。そして乗合のりあい馬車ばしゃ集合しゅうごう場所ばしょ商人しょうにんギルドまえく。

 おれたちのほかきゃくはおじさんが一人ひとりいるだけだった。

「よろしくおねがいします」

わかいの。よろしくたのむ」

人数にんずうすくないけど大丈夫だいじょうぶでしょうか」

「なに、王都おうと途中とちゅうひろっていくから問題もんだいないのさ」


 おれたちは馬車ばしゃ出発しゅっぱつした。穀倉こくそう地帯ちたいあし馬車ばしゃすすむ。

わかいの。あんたくそこの悪魔あくま奴隷どれいにしたのう」

悪魔あくまですか?」

「そうじゃ。こわこわい。すごい甲斐性かいしょうなのか。命知いのちしらずのあほうなのか」


 おじさんは『セルフィールのしろ悪魔あくま』についてかたってくれた。
 デコア王国おうこくはたびたび、獣人じゅうじんぞくから土地とちうばかえそうと戦争せんそう仕掛しかけてきた。
 しかしセルフィール王家おうけしろいウサギの悪魔あくままえにことごとく惨敗ざんぱいし、へいくしかなかった。
 六十ろくじゅうねんまえ前回ぜんかい戦争せんそうでもかわわたろうとしたふねのうち十数じゅうすうせきを、一人ひとりしろいウサギの魔術まじゅつによって一瞬いっしゅんやされ、おおくの犠牲ぎせいした。
 獣人じゅうじんぞくのウサギの王家おうけ悪魔あくまたましいみずからも悪魔あくまになった魔女まじょ末裔まつえいだとうわさされている。

わたし悪魔あくまじゃないウサ。こんなに可愛かわいいウサ」

たしかにかお可愛かわいいのう。むすめにしたいくらいじゃ。しかしそのからだにはひとぞくころした残虐ざんぎゃく魔術まじゅつながれておるのじゃ」

「なるほど」

「このくにものなららないひとはいない。みな笑顔えがおでもそのうらではこわがっているだろうさ」

「なんか納得なっとくできないウサ」


 おれたちは適当てきとうはなしをしたり、いっせのーせとかゆびスマとばれる、ゆびかずけがまるゲームなどをしてごす。

 つぎ村々むらむら経由けいゆして四日よっかつぎまちまでた。
 あらたに馬車ばしゃろうとしたわか夫婦ふうふがいたが、アリスをてやっぱりやめるとした。
 おれ奴隷どれいなので命令めいれいできるから安心あんしんだと説明せつめいしてやると、しぶかおをしたが結局けっきょくその夫婦ふうふ一緒いっしょっていくことにした。
 最初さいしょこわがってほとんどだまってはなれてすわっていた夫婦ふうふも、おれたちがジャーキーをかじったり、みなあそんだりしゃべってわらったりしているのをているうちに、恐怖心きょうふしんはなくなっていったようだった。

「おとぎばなしどおりの格好かっこうをした魔術まじゅつがいれば、はなし本当ほんとうだったとしんじるほかありません」

「まあそうですね」

「でも無邪気むじゃきわらところれば、かよったわたしたち人間にんげんとさほどわらないと、おもうようになりました」

かってもらえておれとしてもうれしいよ」


 夫婦ふうふ女性じょせいゆるめてった。
 むぎやジャガイモのはたけ延々えんえんながめながらすすむ。

 さらに二日ふつか王都おうとアルバーン方面ほうめんすすんだところまでた。
 うまがいななき、馬車ばしゃきゅうまった。おれたちは心配しんぱいになって御者台ぎょしゃだい隙間すきまからまえ確認かくにんする。
 そこには騎兵隊きへいたいみちをふさぎ、そのうしろにべつほろくるままっている。
 どうやら盗賊とうぞくではないようだ。
 全員ぜんいんりて様子ようする。御者ぎょしゃ騎兵隊きへいたいひとところってこえをかける。

「どうしたんですかい?」

しろいウサギと獣人じゅうじん黒髪くろかみひとぞくはいるか?」


 おれたちのことだ。ればすぐかるはずだ。自分じぶん名乗なのる。

「うむ。おまえたちを拘束こうそくする。王命おうめいだ。したがわないならどうなるかからんとおもえ」


 おれたちは相談そうだんする。いまちからならここは突破とっぱ可能かのうだ。しかしいまいる位置いちわるい。くになかほどで、ここでたおしてもりきれない。とりひとぞくなどの伝令でんれい先回さきまわりすれば、はさちにう。なによりがわわたれない。

したがいます。手荒てあら真似まねはしないでください。うちの魔法使まほうつかいはあらっぽいんです」


 おれ若干じゃっかんうそまじえつつおどしにならない程度ていどにプレッシャーをかける。
 四人よにんとも魔法まほう手錠てじょうけられてしまった。これは拘束こうそくするだけでなく魔法まほう発動はつどう阻害そがいするらしい。
 幌馬車ほろばしゃ荷台にだいなかおりれられてまくろされた。

 そのまま連行れんこうされる。途中とちゅう、トイレ以外いがいおりなかだった。よる馬車ばしゃなかだ。さいわいなことにさむくないのがありがたい。
 そのまま三日みっかかんごして、王都おうとアルバーンに到着とうちゃくした。連行れんこうさきはよくからないが王城おうじょう地下牢ちかろうのようだ。ろうのごはんはオートミールのようなものだった。

 翌日よくじつ牢番ろうばんろうからされ手錠てじょうはずされた。

王様おうさまがおいになる。くれぐれも粗相そそうのないように」


 牢番ろうばんわりメイドに案内あんないされておれたちはしろなかすすんだ。

 アリスのおしろよりおおきい謁見えっけんしつとおされた。左右さゆうにはけんやりった近衛兵このえへいならんでいる。
 中央ちゅうおうみちさき椅子いすからがっている王様おうさまがいた。
 一八〇ひゃくはちじゅっセンチぐらいで中肉ちゅうにくみどりベースで金刺きんしほどこした派手はでふくている。あかかるくウェーブのかかったすこながめのかみだ。かお四角しかくかんじのかおだ。おれてきにはフツメンだ。こしにはサーベルをげている。

「いやあ、すまんすまん。ちがいがあって、むかえにかせたのだがつかまえてしまった」

誤解ごかいけたのなら結構けっこうです」

「それにしてもアリス王女おうじょさまだそうだが。高貴こうき魔女まじょ愉快ゆかい格好かっこうをしておるな」

貴国きこく制度せいどのおかげで忠誠ちゅうせいちかえたウサ。おにかかれて光栄こうえいウサ」


 アリスがスカートのそでひろげてあたまふたたげる。

「それとお父様とうさまから親書しんしょあずかってきているウサ」

「どれ、直接ちょくせつってくるように」


 アリスがまえ王様おうさま親書しんしょ直接ちょくせつわたしてれつもどってくる。王様おうさま内容ないようをそのんだ。

「なかなか興味深きょうみぶか親書しんしょだったぞ。ホクトは異世界いせかいからたとか。あとこれに便乗びんじょうして正式せいしき国交こっこう樹立じゅりつして、奴隷どれい以外いがい獣人じゅうじん入国にゅうこくみとめてほしいといてあったぞ」

親書しんしょ内容ないようについてはわたしらされてないウサ。きにするといウサ」


 王様おうさまから情報じょうほう提供ていきょうける。異世界いせかい召喚しょうかんについて伝説でんせつではひとぞくではなくかみによる召喚しょうかん神話しんわ時代じだいにあった。召喚しょうかん勇者ゆうしゃすものである。勇者ゆうしゃ魔王まおう討伐とうばつかぎになる。などと王様おうさまかたった。勇者ゆうしゃについてはさらにひがしどなり帝国ていこくくわしいはずだという。どれも王家おうけ秘伝ひでんだそうだ。

忠誠ちゅうせい奴隷どれいにしたのは正解せいかいであったな。もし一般いっぱん奴隷どれいであったのなら、わしはホクトをここでころし、アリスたち獣人じゅうじんおのれ奴隷どれいにしたであろう」

こわいことをおっしゃいます」

「なに彼女かのじょらの忠誠ちゅうせいせるだけのちからがおぬしにあったということだ」

「はい」

「わしもあとじゅうねんわかければ、可愛かわいはべらせてハーレムにしたのだがな。ここだけのはなし王妃おうひこわいのでできんのだ」


 最後さいごにはなさけないことをした。ただのおやじである。
 おれたちはこの王城おうじょうにお世話せわになることになった。ゆうはん王城おうじょういただまる。それまで自由じゆう時間じかんだ。

 メイドにまち情報じょうほうおしえてもらい、まちまわる。
 王城おうじょうからほどちか公園こうえんのような場所ばしょところ露店街ろてんがいがあった。みち左右さゆうにフリーマーケットのようにゴザをいて商品しょうひんならべている。
 ふく野菜やさい装備そうびひん、アクセサリーなどがおおい。

一袋ひとふくろいかがですか、ミルクあめです。あまくて美味おいしいですよ」


 十五じゅうごさいぐらいの緑髪みどりがみ少女しょうじょをしていた。うしろにはれていないミルクあめふくろがたくさんのこっている。

試食ししょくできる?」

「はい、おひとつどうぞ」


 おれひともらってべた。いっセンチほどのまるくて乳白色にゅうはくしょくあめだ。日本にほんべたものとほぼわらない。ミルクの濃厚のうこうさとほどよいあまさが美味おいしい。

一袋ひとふくろください」

「ありがとうございます」


 おれは硬貨こうか一枚いちまいわたして五〇ごじゅうポルンを支払しはらう。さっそく女子じょし三人さんにんひとつずつくばる。

「かんだらダメだぞ。くちなかころがすんだ」


美味おいしいです」

「うまいにゃ」

あまいウサ」


 三人さんにんとも美味おいしそうにあめをなめる。

「ホクト、たびあいだいつでもべたいにゃ。あとふたふくろうべきにゃ」

「そうか? そんなにたかくないしじゃあおうか」


 おれ追加ついかふたふくろ購入こうにゅうした。ピーテがふくろまとめてってくれる。
 女子じょし三人さんにんふたあめ美味おいしそうになめている。
 まわりのひとたちも試食ししょくもらいはじめ、次々つぎつぎ購入こうにゅうしていく。
 いつしかひとだかりができて、ひとひとび、次々つぎつぎあめれていく。
 そう、おれたちはこんな場所ばしょでも目立めだつのだ。

「なんか、ひとだかりになってしまいましたね」

いまのうちにこうにこうか」


 おれたちはそっと飴屋あめやさんをあとにした。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する