設定を選択してください。

[総ルビ]転移者ホクトの異世界ハーレム旅行記

19. デコア王国入国
●19. デコア王国おうこく入国にゅうこく

 おれたちはあさから固焼かたやきパンに薄味うすあじのポコと野菜やさいのスープをべて微妙びみょう気持きもちだ。
 ふね出発しゅっぱつっている。くにはさんでいるのはクネスノクがわで、はばいちキロメートルくらいある。

「アリスさま。なんておいたわしい格好かっこうなんでしょう」

「よい、にするでないウサ。仕方しかたがなかったウサ」

「せめて首輪くびわってあげたいところです」

「これはあいしるしなのウサ。問題もんだいないウサ」


 アリスはギーナとわかれをしんで会話かいわちゅうだ。
 アリスは数少かずすくない白兎しろうさぎれいのミニスカートの赤白あかしろ制服せいふくもどきなので非常ひじょう目立めだつ。まわりのひとたちが遠巻とおまきにながめてくる。
 せめてアリスの格好かっこうをおとなしいものにしたいがこの格好かっこう一番いちばん防御力ぼうぎょりょくたかい。
 おれたちもライトプレートを着込きこんで冒険者ぼうけんしゃふう、というか冒険者ぼうけんしゃそのものの格好かっこうをしている。
 いつ何時なんどきなにおそわれるかからないのが異世界いせかいである。

 乗船じょうせん時間じかんになったようで先頭せんとうのほうがうごした。一応いちおうゲートのようなところ警備けいびたいひと人相にんそう確認かくにんしている。ちなみにならんでいるひとおれたち以外いがいみなひとぞくだ。

 おれたちのばんになった。警備けいびたいひとおどろいたようだがぬふりをしておれたちをとおした。
 おれたちのふね中型船ちゅうがたせん五十ごじゅうにん程度ていどれそうだ。料金りょうきん前払まえばらせい銀貨ぎんか十五じゅうごまいだった。
 ギーナさんははなれたところからこっちをていた。

 ふねきしはなれる。いているのだがこのふねはゴーレムせんらしい。左右さゆう水車すいしゃのような装置そうち回転かいてんしてまえすすちからている。
 きしはなれてからすぐに、警備けいびたいひとたちが一斉いっせいはじめた。どうもかんじアリスの見送みおくりだ。よくると、エルリル王女おうじょえらひとざっている。

警備けいびたいひとみんな見送みおくりしてくれるみたいだぞ」

「はい。頑張がんばってってきますウサ」


 アリスもふねすみからかえした。
 ふねふかあおみずながれているかわ横断おうだんしていく。

 ほどなくして反対はんたいがわ到着とうちゃくした。桟橋さんばし接岸せつがんしてひとりていく。こちらにもゲートがありひとぞくがチェックをしている。
 おれたちのばんがくる。

三人さんにんともあなたの奴隷どれいですか?」


 首輪くびわには所有者しょゆうしゃ名前なまえ魔法まほうなにかでているのでればすぐかる。

「ずいぶん甲斐性かいしょうがあるんですね。身分みぶん証明書しょうめいしょはありますか」


 冒険者ぼうけんしゃギルドカードをす。おれよこいてあったにかざすとすぐにチェックされる。

「はい、結構けっこうです。っていいです」


 国境こっきょうはすんなりとおしてくれた。こちらがわまちになっているようだ。
 みち沿いに国旗こっきかかげられている。しろ下地したじみどり五芒星ごぼうせいみっかれている。
 どうやってすすもうか。乗合のりあい馬車ばしゃか、荷馬車にばしゃ相乗あいのりさせてもらうか。最悪さいあく徒歩とほでもかまわないができれば目立めだつのであるきたくない。

「おにいさん、おひとついかがですか。あまいですよ」


 じゅっさいぐらいの少女しょうじょ露天ろてんしょうこえをかけてくる。オレンジいろ果物くだものだ。確認かくにんしたらミカンのようだ。セルフィールの硬貨こうかよっってみんなにくばる。ついでに馬車ばしゃがありそうな商人しょうにんギルドの場所ばしょたずねる。
 おれかわかたをみんなにせてやる。

あまくてすこ酸味さんみがあって美味おいしいです」

美味おいしいにゃ」

「ホクトについてくるとあたらしいものにありつけてよいウサ」


 ミカンをべながらあるく。かわてるゴミばこがないのでピーテに収納しゅうのうしてもらう。

 商人しょうにんギルドにきさっそく馬車ばしゃ確認かくにんする。乗合のりあい馬車ばしゃ明日あしたあさ出発しゅっぱつのようだ。まだ昼前ひるまえなのでひまぎる。
 冒険者ぼうけんしゃギルドに今度こんどって、小中しょうちゅう魔力まりょく結晶けっしょうをいくつか換金かんきんする。こちらはポルンという単位たんいでいくつかの硬貨こうか構成こうせいされているようだ。硬貨こうかとはべつにギルドカードにチャージできる魔法まほうによる電子でんし通貨つうかもどきも利用りようできる。はちわりをカードにれてもらった。女子じょし三人さんにんにもいくらかけてたせる。
 おすすめの物屋ものやさんを紹介しょうかいしてもらう。

 目当めあての物屋ものや発見はっけんした。牛肉ぎゅうにくのステーキだ。
 おれたちは牛肉ぎゅうにくのステーキ、しろパン、コンソメふうスープの昼食ちゅうしょくセットをたのむ。

「おにく美味おいしいにゃ」

美味おいしいごはんがべられてしあわせウサ」

いご主人しゅじんさまめぐえてよかったです」

「ほんとウサ。ごはんにけちくさいことわないひとかったウサ」


 三人さんにんともフォークとナイフを器用きよう使つかって黙々もくもくとおにくべる。牛肉ぎゅうにく三〇〇さんびゃくグラムでしお胡椒こしょう、ニンニクの味付あじつけで赤身あかみのこらない程度ていど具合ぐあいだ。
 しろパンは異世界いせかいてからはじめてべた。ふわふわもっちりなかんじの高級こうきゅうパンである。
 獣人じゅうじんぞくくにでは一日いちにち二食にしょく普通ふつうで、おひる休憩きゅうけいとおやつ程度ていどひとぞく一日いちにち三食さんしょく基本的きほんてき文化ぶんかだそうだ。

 アリスなんかたいらだったおなかすこふくれているのがえる。あとの二人ふたりよろいでよくからない。

「ぽんぽこりんだな」


 おなかがいっぱいになったところあるいてはらごなしをしよう。

「なにしようか。明日あしたあさまでひまなんだが」

まちすみからすみまであるきましょう」


 ということで、上流じょうりゅうがわみなみのほうへく。
 基本的きほんてき獣人じゅうじんぞくはこちらがわないので、ひとぞくこうがわく。そのため商店しょうてんもほとんどこうがわにあり、まちすみのほうは馬屋うまや倉庫そうこならんでいるだけになっている。
 人族ひとぞくがわ警備けいびたいひとがたくさんいる。けいよろいた、けんやりったひとたちだ。

 露店ろてん出店でみせ商店しょうてんなどを物色ぶっしょくしてまわる。にくはさっきべたので露店ろてんではわない。
 みずあめの露店ろてんつけた。黄金色こがねいろをしている。おれはおなかいっぱいなので、女子じょし三人さんにんってやる。

あまくて美味おいしいにゃ」


 ほかにはコマの露店ろてんちかくのむらから野菜やさい販売はんばいする露店ろてんがあった。

 夕方ゆうがたになる直前ちょくぜん宿やどをぶらぶらさがしてめる。ねらいは中流ちゅうりゅう宿やどだ。

「ツインの部屋へやふたつですか? もうわけないのですが奴隷どれいだけの部屋へやることはできません。大部屋おおべや奴隷どれいれるならできます。あとは馬屋うまやです」


 どうしようか。相談そうだんする。

「ダブルの部屋へやでみんなで一緒いっしょましょう」

屋根やねさえあればなんでもいいにゃ」

「わたしもダブルでいいウサ」


 ゆうはん宿屋やどや食堂しょくどうでとる。若干じゃっかんかたしろパンにビーフシチューだ。牛肉ぎゅうにく野菜やさいのうまみがたっぷりていて、にくもほぐれてやわらかい。パンはダメだがシチューはかった。

 なんとなくきで、みんなでひとつのベッドでねむることになった。
 おれはさんでピーテがみぎどなりとソティが左隣ひだりどなり布団ふとんはいった。アリスがう。

「じゃあわたしうえるウサ」

うえ? それはちょっと」


 おれうえっかってくる。おもったよりかるい。これならなんとか、いやしかし長時間ちょうじかんはきついだろう。

わるいけどピーテのこうがわねむって」


 おれはアリスをどかして四人よにんならんでねむった。ピーテとソティがくっいてくる。

「ホクトさんいつわたしたちをべてくれるんですか?」

「まだそういう気分きぶんじゃないので」

「ホクトは甲斐性かいしょうなしにゃ」


次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する