設定を選択してください。

[総ルビ]転移者ホクトの異世界ハーレム旅行記

14. フクベル迷宮(3)
●14. フクベル迷宮めいきゅう(3)

 翌朝よくあさ朝食ちょうしょくべたあと神殿しんでんかう。
 用心ようじんねて迷宮めいきゅう装備そうびのままている。王都おうと神殿しんでんはポテポテまちのものより立派りっぱではあったが、王宮おうきゅうほどではなかった。石造いしづくりのしろ建物たてものだ。貴族きぞくがいなかにあった。
 おれたちはあまりひとがいない神殿しんでんなかはいり、祝福しゅくふくのおねがいをした。

わたしにも魔法まほう使つかえるかにゃ?」

「きっとなにひとつくらいは使つかえるとおもいます」

「どんな適性てきせいたのしみウサ」


 だったので、みんなで個室こしつにお邪魔じゃました。おかね銀貨ぎんかよんまいられた。値段ねだんわらないようだ。アリスのフードは不敬ふけいにとられかねないのでいだのだが、やはり巫女みこさんは少々しょうしょうおどろいたようだ。ここの神殿しんでん巫女みこさんはオレンジいろうさぎひとぞくだった。

 ソティの適性てきせい結果けっかだが、着火ちゃっか、ライト、清潔せいけつ適性てきせいあり。収納しゅうのう適性てきせいなしだった。普通ふつうといえば普通ふつうらしい。

 馬車ばしゃたせてあるので、馬車ばしゃ迷宮めいきゅうかう。

 今日きょう迷宮めいきゅうよん階層かいそうへとかう。とってもよん階層かいそうへはいっ階層かいそうからじゅっ階層かいそうまでりれる非常ひじょう階段かいだんみたいな場所ばしょがあるのでそこをとおっていく。

「なあ、おれたち割合わりあい戦闘せんとうらくすすめてるけど、こういうものなの?」

「いいや。普通ふつうはコボルト相手あいてでももっと時間じかんもかかるしあぶなっかしいウサ」

「おしろ騎士きしたちとかでも?」

騎士きしがコボルトごときにけはしないウサがサクサクたおせるわけではないウサ」

だいりくガニいないかにゃ。カニべたいにゃ」

「カニはそうだウサ。っておれすぐウサ」


 よんそう普通ふつうつち洞窟どうくつだった。いや、べつへん迷宮めいきゅうもとめてるわけではない。
 魔物まものはゴブリンで、一二〇ひゃくにじゅっセンチの背丈せたけに、茶色ちゃいろざった緑色みどりいろ、いわゆるヨモギしょくはだだ。かみがない。
 最初さいしょのゴブリンは三匹さんびきだった。どいつもぼろいびたけんたて装備そうびしている。よろいていなくてボロぬのをまとっている。
 二匹にひきまえ一匹いっぴき後衛こうえいのようだ。おれとソティは前衛ぜんえい二匹にひき対峙たいじしてけんまじえる。おれたたかっているゴブリンは、防御ぼうぎょてっしているようでおれけんると、けんたて使つかって防御ぼうぎょしてくる。
 ピーテはおれよこから攻撃こうげきしているが、たてちの防御ぼうぎょけないでいる。

「こいつ、わりとつよいぞ。アリス魔法まほうでやっつけてしまおう」

了解りょうかい


 アリスがつえかまえて集中しゅうちゅうはじめる。アリスの魔力まりょくはかなりあるが連戦れんせんだときびしいので、なるべくなら温存おんぞんしておきたい。
 しかしゴブリンがわさきうごいた。

「メリ アケル ホリフレイ」


 後衛こうえいのゴブリンがなぞ言語げんごはっして、アリスに雷撃らいげき魔法まほうんできた。

「きゃっ!」


 アリスはみじかさけんで、しゃがみこんでしまったのがちらっとえた。

大丈夫だいじょうぶ?」

「あ、うん。なんともないウサ。なんとか防御ぼうぎょまくふせいだウサ。ちょっとピリっとたウサ」

わたし反対はんたいがわまわって、うしろのやつたたきます」


 それをてピーテがけんかまえて二匹にひきあいだんでいく。
 うまくすりけて反対はんたいがわ後衛こうえいゴブリン、いやゴブリン・メイジとでもぼう。そいつと対峙たいじする。
 おれ一対一いちたいいちになったのですこ不安ふあんになった。しかし相手あいてはまだ防御ぼうぎょ主体しゅたい戦略せんりゃくらしく、こうからはりかかってこない。正直しょうじきたすかった。

「おかえしするウサ。サンダー・ボルト!」


 アリスのかみなり三匹さんびきとも命中めいちゅうする。前回ぜんかいかみなりよりおとおおきい。おそらく威力いりょくつよいのだろう。
 ゴブリンは全員ぜんいんたおれてピクリともうごかなくなった。すこげてけむりている。たおしたようだ。ねんのためくび切断せつだんしておく。
 剣士けんし三人さんにんむねあたりにある魔力まりょく結晶けっしょう作業さぎょうをする。

「ゴブリン・メイジなんてはじめてたウサ。さすがのわたしもびっくりウサ」


 おれもアリスがやられたかとおもって心臓しんぞうわるかった。ねんのためピーテがヒールをアリスにけてやる。かみちぢれたりしていたところがなおったようだ。

あたたかい。ありがとうウサ」


じゃちがいがないから厄介やっかいだな。ほかにもいるのかな」

「ホクトはレア魔物まものきがつよぎるにゃ」

「え、おれのせい?」

「ホクトさんのせいにきまっています」

「ホクトのせいウサ」


 全会ぜんかい一致いっちおれのせいらしい。なんでだ。

面倒めんどうはいやだな。さっさとそう移動いどうしよう」


 そうへのくだざかちかくにあるらしい。すぐにそういた。そこはまたしても草地くさちだが、ちょくちょくながくさえていて見通みとおしがわるい。ポテポテまち周辺しゅうへんみたいなかんじだった。

 あんじょう、まずはスタンダード・グラスホッパー通称つうしょうバッタがでてきた。

「バッタさんチュース。おひさっス」

「バカってないで、やっつけてくださいです」


 おれ正面しょうめんり、ソティが右側みぎがわからあしりにかかる。すぐにバッタはうしあしられてジャンプできなくなった。
 うごきがにぶったところでそのままソティがロングソードのながさをかしてくび上段じょうだんりでとした。

「バッタのうしあしって魔物まものけんとかにできないの?」

「できるウサ。地方ちほうではっていないみたいウサ、でも王都おうとでは対象たいしょうウサ」


 ちょうどショートソードにいいながさだ。ピーテにってってもらおう。

「あとした階層かいそうのほうがてきつよいとはかぎらない?」

多少たしょう前後ぜんごするウサ。相性あいしょうもあるウサ」


 そのあと無事ぶじ巨大きょだいりくカニもでてきた。巨大きょだいだしつめ攻撃こうげきつよい。おれ途中とちゅういてしまった。
 ソティがまたロングソードのリーチをかしてくちのあたりをやぶっていた。

「カニ、カッニッ、カニカニカニ」


 ソティが勝利しょうりうたうたっていた。即興そっきょうだったろうに、以前いぜんのをよくおぼえているな。そういうおれもなぜかおぼえてしまっていた。
 きずはアリスのヒールでなおしてもらった。回復かいふく魔法まほう自分じぶん使つかうより、他人たにんけたほうがいとされているそうだ。なぜなのかはからない。

今日きょうはカニパスタにしてもらいましょうか」


 このあとはバッタとカニとじゅっかいほど戦闘せんとうした。アイアンマイマイとも再会さいかいした。

 またかえりに中央ちゅうおう広場ひろばでエイマンがジャグリングをしていた。

「エイマンさん、どんなうわさあつめているの?」

「それはまだ秘密ひみつです」

「そうですか」


 エイマンは秘密ひみつだという。というか「まだ」ってった。そのうちおしえてくれるだろう。
 秘密ひみつとかわれるとになってしまうな。ありがちなのは国家こっか転覆てんぷくねらったクーデターとかか。でもそのうわさ公園こうえんあつめるとはおもえない。

「アリス、なにってるか?」

「いいえ。わたしらないウサ」


 おれたちは夕方ゆうがたになるまでののこ時間じかん今日きょう魔法まほう練習れんしゅうをする。今日きょうはアイス・アロー、ウォーター・アローをおぼえた。水矢みずやたってもいたいだけかとおもったがちがうらしい。物質ぶっしつとしてのみずよりも魔力まりょくてき拘束こうそくがかかっていることが重要じゅうようなようだ。

「それにしても、ホクトの魔法まほう適性てきせい本当ほんとう驚異的きょういてきだウサ。どっかあたまがおかしいのかもしれないウサ」


 められているのか、けなされているのか。それが問題もんだいだ。アリスのかおるとうれしそうなのでめているんだろう。

「ところでホクトは収納しゅうのうをいつおぼえるにゃ?」

「ああ、うん。それは適性てきせいがないみたいだ。あきらめる」


 なぜか収納しゅうのう魔法まほうはうまくできない。ピーテ、アリスがピンチのとき荷物にもつ全部ぜんぶなくておれうごけないとこまるので、おれはいまだに分割ぶんかつした物資ぶっし荷物にもつぶくろれて背負せおっている。二人ふたりもいるので大丈夫だいじょうぶそうだが、おれ心配性しんぱいしょうなのだろうか。

 今日きょう晩御飯ばんごはんは、五日いつかぶりのカニパスタにでカニ、サラダなどだ。
 カニのおかげでとくにソティがご機嫌きげんである。

「こんな美味おいしい食事しょくじばかりだと、もうおうちかえれないにゃ」


 そういえば、ソティは王都おうとまではついてくるとはっていたけど、そのあと予定よていいていない。王都おうとなら仲間なかまになってくれるひとつかりそうだし、無理むり東国とうごくれてかなくてもいいとおもう。

「で、ソティはどうする?」

「ずっとアリスとピーテと一緒いっしょくにゃ。ごはん美味おいしいにゃ」


 あれ、おれではなくてアリスたち一緒いっしょにいたいのかな。おれはそれでもいいけど、ポテチをご馳走ちそうしたし、ピーテもどこまでついてくるか不明ふめいだった。

「じゃあ、ピーテはどうする?」

わたしはホクトが東国とうごくくなら一緒いっしょについていきたいです」

「なんでかいていい?」

「もっともっと色々いろいろなこと色々いろいろ料理りょうりたいんです」

「そういうならめないけど」

「それに……ホクトが一人ひとりだと可哀想かわいそうです」


 そっか、おれ異国いこくから一人ひとりばされてきたんだっけな。ずっとピーテたちがいたから、むしろ日本にほんにいたときよりさびしくないくらいだった。

「じゃあ、二人ふたりともこれからもよろしく」

「む! わたしはもうポイなのウサ?」


 アリスがむくれて、っぺたをふくらませておこったぞのポーズをする。アリスはしろかえってきたので、おれはそのまましろとどまるのかとおもっていた。
 おれ指先ゆびさきでアリスのっぺたをつついた。アリスはおれがつついたのでくちから空気くうきしながらアヒルぐちつくってせる。

「あれ、アリスも二人ふたり一緒いっしょきたいの?」

わたしだって、『ホクト』の仲間なかま一人ひとりのつもりウサ」

国王こくおうゆるしてくれるかな?」

わたしはいつもしろにいなくてフラフラしてるから平気へいきなはずウサ。それにパーティーには火力かりょく必要ひつようウサ」

「それじゃあ、よろしくたのむよ、アリス王女おうじょさま


 アリスは今度こんど得意とくいげなかんじの笑顔えがおになって小声こごえでいう。

「くるしゅうないウサ」


 まだすこさきだが何故なぜ三人さんにんとも東国とうごくへついてくることになりそうだ。おれ風呂ふろはいりながら、今頃いまごろになってうれしいやらずかしい気持きもちになってきた。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する