設定を選択してください。

[総ルビ]転移者ホクトの異世界ハーレム旅行記

12. フクベル迷宮
●12. フクベル迷宮めいきゅう

 王都おうと南側みなみがわ王宮おうきゅう貴族きぞくがい西にし商業しょうぎょう地区ちくひがしがダウンタウン、そして北端ほくたん迷宮めいきゅうがある。
 あさはんべて準備じゅんびえると、おれたちは王宮おうきゅう馬車ばしゃってみなみからきた移動いどうして迷宮めいきゅうった。
 ぐち全部ぜんぶよっつあり内部ないぶつながっているという。
 フクベルの冒険者ぼうけんしゃギルドは迷宮めいきゅうぐちひとつのすぐちかくにあった。

 まずはギルドで依頼いらい確認かくにんだ。おれたちのランクはまだDのままだ。Dランクの依頼いらいは、迷宮めいきゅう荷物にもつちくらいしかなかった。
 迷宮めいきゅうぐちがわである上層じょうそうはアリスが魔物まものくわしいという。中層ちゅうそう下層かそう学院がくいん教科書きょうかしょでしかんだことがないそうだ。どれがべられるか、素材そざいになるか、弱点じゃくてん注意点ちゅういてんなど、必要ひつよう知識ちしきおおい。
 まだぜん属性ぞくせい魔法まほう習得しゅうとくしていないが、実地じっち訓練くんれんということでいいだろう。

 迷宮入めいきゅういぐちには門番もんばん結構けっこういる。槍持やりもちにけん使つか魔法使まほうつかいもいるようだ。
 今日きょう護衛ごえいがついてきていないという。安全あんぜんマージンをって慎重しんちょう探検たんけんしよう。

 アリスはフードをおさえて、バレないようにしながら門番もんばんまえ通過つうかする。
 ぐちからすぐははばすうメートルのくださかになっている。そこをけるとひろめの部屋へやた。天井てんじょういちめんしろ発光はっこうしていて十分じゅうぶんあかるさがあった。
 ここにも兵隊へいたい常駐じょうちゅうしているようだ。部屋へやからはよっつの通路つうろびている。

迷宮めいきゅうない地図ちずとかないけど、いいのかな」

大丈夫だいじょうぶウサ。わたしはマップを完全かんぜん記憶きおくしておけるウサ」


 アリスのいち人称にんしょうが「わたし」になっている。おれが「わらわ」は王族おうぞくくらいしか使つかわないから目立めだつとってやめさせたのだ。「ウサ」のほうはこのくにではにしないようなのでっておく。

 適当てきとう通路つうろはいると、どんどんすすんでいく。このへんつちがむきしだがくずれないのだろうか。

「なにかちかくにいるにおいがします」


 ピーテが警告けいこくしてくる。アリスがローブをいで収納しゅうのうした。ニーソ姿すがたがまぶしい。
 おれたちもけんいて戦闘せんとう態勢たいせいる。先頭せんとうみぎがソティ、ひだりおれ、そのうしろにピーテ、最後尾さいこうびがアリスだ。

「フサフサレタスだウサ」


 最初さいしょはレタスの魔物まものだ。いちメートルのレタスである。くちらしきものがあり、っこをうねうねさせてちかづいてくる。

「これって食用しょくよう?」

「サラダで今朝けさべたウサ」

「げ。これだったのかよ」


 弱点じゃくてん魔法まほうけんにもよわい。攻撃こうげき方法ほうほうっこの触手しょくしゅ攻撃こうげきさんしてかしてくる。

「なんか気持きもわるいにゃ、ぷたつにゃ」


 ソティが突撃とつげきしてレタスを半分はんぶんにする。てきうごかなくなった。魔力まりょく結晶けっしょう回収かいしゅうしてっぱも収納しゅうのうしておく。

「もっとおくくウサ」


 今度こんどはコボルトが四匹よんひきあつまっていた。コボルトは全身ぜんしんあおいぬあたま人型ひとがた魔物まものだ。にはこんぼうっている。またまえ一匹いっぴきたて装備そうびだ。
 たてきはソティが、もう一匹いっぴきおれが、ピーテがなか一匹いっぴきをマークした。最後さいご一匹いっぴき後方こうほうにいる。
 おれはコボルトと一対一いちたいいちたたきあう。互角ごかくではないがなかなかすきけない。ソティはたて相手あいてにやや有利ゆうりだ。ピーテはまえ相手あいてをかわしつつ、後方こうほう一匹いっぴきにも威嚇いかくをしている。器用きようなものだ。

「いくウサ。サンダー・ボルト」


 アリスがそれぞれのコボルトの頭上ずじょうからよんほん雷撃らいげきとす。バン! とおとがする。
 コボルト四匹よんひきたおれたがまだいきがある。剣士けんし三人さんにんがそれぞれとどめをした。後方こうほう一匹いっぴき雷撃らいげきのみでんだようだ。
 コボルトは美味おいしくないのでべない。結晶けっしょうのみ回収かいしゅうした。

 つぎはウォーキング・ツリー。しかもクリスマス仕様しようだった。レタスのばんである。しかしおおきい。なお、てっぺんに黄色きいろほしっていた。

「なんすかこれ」

かざりつけされてるウォーキング・ツリーでウサ。わりとレアでウサ」


 おれふと触手しょくしゅ一本いっぽん相手あいてけんかう。この触手しょくしゅなかなかかたい。表面ひょうめんけずれるが切断せつだんまではいかない。

「ピーテ交代こうたいして」


 おれはピーテと場所ばしょ交代こうたいしてうしろにがる。

「よし、ホクト。ファイヤー・アローをお見舞みまいウサ」

了解りょうかい


 おれはピーテのわきからちゅうぐらいの威力いりょくのファイヤー・アローをたたける。中央ちゅうおう命中めいちゅうしぽっきりれた。そしてうごかなくなった。
 おれたちは結晶けっしょうだけ回収かいしゅうして、のこりをわきけてからすすんだ。

数人すうにんなにかとたたかってるです。右側みぎがわです」


 ピーテがかれみちみぎしながらってくる。

「ちょっと様子ようすこう」


 おれたちはかれみちみぎすすんだ。
 そこにはコボルト三匹さんびきたいして、剣士けんし四人よにんたたかっていた。いや、三人さんにんたたかっていて一人ひとり後方こうほうからている。
 後方こうほう一人ひとり魔法使まほうつかいかともおもったが、けんたて装備そうびしているし、魔法まほう使つかうそぶりをせない。全員ぜんいん犬耳いぬみみ男性だんせいだ。前衛ぜんえい三人さんにん両手りょうてけんりかざしている。防具ぼうぐ安物やすものかわ装備そうびだ。後方こうほう一人ひとりはライトプレートけい装備そうびしている。

加勢かせいしようか?」

「いいえ、結構けっこうです。うちの野郎やろうどもはそんなやわじゃない」


 後方こうほう一人ひとり加勢かせいはいらないという。アリスが耳打みみうちしてきた。

「あの三人さんにん奴隷どれいウサ。くろ首輪くびわをしているウサ。あっちいくウサ」


 それだけうと、もとみちもどってってしまう。おれいかけてアリスのよこならぶ。
 すこもどってからアリスにはなしかける。

奴隷どれい制度せいどがあるんだな。らなかったよ」

わたし奴隷どれいきらいウサ。命令めいれいしたがわなくてはいけなくて、ちょっと可哀想かわいそうウサ」

奴隷どれい制度せいどをなくしたいとおもうかい?」

制度せいど必要ひつようウサ。借金しゃっきん犯罪者はんざいしゃは無くならないウサ」


 これ以上いじょうはなしたくない雰囲気ふんいきだったので、奴隷どれいはなしはやめた。

 つぎ遭遇そうぐうしたのはポイズンヒョウで二匹にひきいる。

「ポイズンヒョウはたたかったことあるぞ」

「それならたよりにするウサ」


 おれとソティが前衛ぜんえいる。ヒョウはジャンプでまえめてきた。けん威嚇いかくしてやると、左右さゆう移動いどうしたりして結構けっこう素早すばやい。
 プレレのおっさんはすぐにたおしていたがつよてきのようだ。
 ヒョウはびかかってきてばしてくる。つめするどいのでたったらかなりのダメージだろう。
 ヒョウが素早すばやいのでピーテとアリスもまとしぼるのに苦戦くせんちゅうだ。

「どうしようか」

「フラッシュをためしてみるウサ。カウントダウンをするからゼロになったらまぶしくなるよ。一瞬いっしゅんをつぶってから相手あいて攻撃こうげきするウサ」

了解りょうかい

さんいち、ゼロ」


 おれをつぶっていたが、ライトのすうばいあかるさにつつまれたようだ。まぶたこうがわあかるくなった。ひかりつよぎるとクラクラしてしばらくうごけなくなる。ヒョウは二匹にひきともまっていた。
 おれちからいっぱいにヒョウのくびねらってりつける。もう一匹いっぴきもソティが仕留しとめてくれた。

「やったウサ」

結構けっこうつよかったな」

たたかいがいがあるウサ」


 ヒョウはべられないので毛皮けがわいで結晶けっしょうかえる。
 フラッシュ作戦さくせん有効ゆうこうだが、をつぶるのがこわいという問題もんだいがある。まんいちてきにフラッシュがいていないと、こっちがをつぶっているあいだにやられてしまう。なるべく使つかわずにきたい。

 そのあとたような魔物まもの十数じゅうすうひきたおした。

今日きょうはこのぐらいにするか。魔法まほう練習れんしゅうもしたいし」


 アリスの案内あんないみちもどる。どうも正確せいかくにはみちではなく、ちかみちすすんでいるようだ。よくおぼえられるなこんなみち

 アリスは出口でぐち到着とうちゃくするすこまえにローブを収納しゅうのうからして羽織はおり、フードをふかくかぶる。
 おれたちは地上ちじょう生還せいかんし、冒険者ぼうけんしゃギルドで結晶けっしょう素材そざいってもらい、あるいて王宮おうきゅうかえる。
 ギルドまえには冒険者ぼうけんしゃきゃく見込みこんだ露店ろてんている。

「おにくにおいにゃ」

美味おいしそうです。わたしべたいです」


 ポコにく串焼くしやきのようだ。くしをひっくりかえしながらしお胡椒こしょうっていていた。

異国いこくのおにいさん、どうだい。おれのたちぶんわせてどうだい」

「じゃあ、ポコにく串焼くしやき、よっつ」

「へい、まいど」

「やったにゃ」


 ジャーキーとはちが肉厚にくあつむとなかから肉汁にくじゅうてくる。なかなかうまい。
 三人娘さんにんむすめ必死ひっしにおにくにかぶりついている。

「そういえば、ポコって結局けっきょくなんなんだ」

魔物まものだウサ。迷宮めいきゅうなかんでいて二本足にほんあしけものウサ。つよさはヒョウよりよわいウサ」

「あたしはむら放牧ほうぼくしてるっていたにゃ」

魔物まもののポコと家畜かちくのポコがいるウサ。ちがいは二本足にほんあしつことくらいあじおなじウサ」


 おれ二本足にほんあしならくまかなと予想よそうする。けど異世界いせかいだからどんな格好かっこうをしているかは未知数みちすうだ。

 王宮おうきゅうもどり、午後ごごからは王宮おうきゅう訓練くんれんじょう魔法まほう練習れんしゅうをした。ピーテとソティも回復かいふく魔法まほう訓練くんれんをしている。おれはファイヤー・ボールやかぜのウィンド、つちのアース・ウォールを一日いちにちおぼえた。サンダーけい今日きょう無理むりだった。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する