設定を選択してください。

インヴォーク! 起動せよ、新生レグルス!!

【第0章最終話】新団長イングリット
 ホワイトエンペラー要塞攻略作戦から、ネロのギルドが撤収してから早くも一週間。彼らはアイアンクロス大隊の駐屯地内部で、生存した負傷者が救護されたことと、アネット少尉及びベアトリクス少佐の奮戦によりホワイトエンペラー要塞の奪還が完了した事実を知ったのであった。

――生存者の中には、レグルスの団長クラウディオ・スカラーと、副団長カズヒラ、Aチームメンバーの名があった。
 カズヒラはトケビ族の戦士だったこともあり、老兵でありながら一番軽傷であった。リハビリが順調にいけば冒険者に復帰できるという。そしてAチームメンバーも一時的な失神に留まったようで全員無事であった。
――だが、クラウディオは今も意識不明な状態が続いていた。

「――以上が、ホワイトエンペラー要塞攻略作戦の顛末だね。ネロ、イングリットちゃん」


 報告書を受け取ったクラウディオの兄、ユークリッド・スカラーは暗い顔をしながらも冷静に話した。


「――旦那様、団長の状態は一向に良くならないそうです。仮に回復しても、冒険者としてギルドに復帰するのは難しいと言われました」


 涙声で答えるイングリットは、まるで自分の責任かのようにこの件のことを報告した。

「イングリット君、君は何も悪くないよ。敵要塞にあんな強力な魔物が所属しているなど、私だって情報を掴めていなかったんだ。全てはギルドマスターでありながら、十全に情報を集めきれなかった私の責任だ」

「ネロ、一応言っておくが、このくらいのことでギルドマスターを降りるとか言うなよ。それにこの件は誰も悪くない。不運の積み重ねと思うしかないだろう」


――生存者の一人カズヒラからの報告は、既に届いていた。だが彼が見た範囲の情報では、魔物が自らの名をシャドウと名乗ったことと、強力な雷魔法を使うことくらいしか、わからない。
 ネロが自力で手に入れた情報と併せても、手がかりとするのには情報が足りないままであった。

「……とはいえども、クラウ(※クラウディオの愛称)が復帰できない可能性が高いとなると、レグルスに新しいリーダーを用意しなければならないなあ」


 ユークリッドは重苦しい顔のまま、こめかみに手を当てて今後の対応をどうするか思案する。
 元々クラウディオが「兄貴のためにすごい奴を大勢集めたキャラバンを作りたい」と言ったのが、レグルス結成の始まりであった。しかし肝心のリーダーであるクラウディオが再起不能の状態とあれば、新しくリーダーを決めなければならない。

「カズヒラは若手を育てることを望んでいるし、エミリーは団長にするには血気が強すぎる……」


 ユークリッドが思案している時であった。

「……ならば、一人しかいないじゃないか、ユークリッド」


 ネロが苦しそうな顔をしながら、答えた?

「……なんだ、ネロ。お前考えがあるのか?」

「当然だ。俺だって直接一緒に冒険した回数こそ少ないものの、彼らの素質はある程度把握している」

「ほう……」


 ユークリッドは、その素質の持ち主に、消去法ではあるものの心当たりがあった。

「クラウディオに代わってリーダーになれる人物と言ったら、俺はこの子しかいないと思う」


 質問に答えながら、彼はイングリットの肩を握った。

「えっ」


 戸惑うイングリットに対して、ネロは続ける。

「イングリット君、今日から君がレグルスのリーダーだ」

「ええっ!?」


 あまりに唐突な話であったため、彼女は驚きを隠せなかった。

「君は戦士としては頼りないが、ユークリッドが直々に参謀として認めたんだ。代わりにリーダーをやれるのは君しかいないと俺は考える」

「……おいおいネロ。ふざけてるのか? イングリットちゃんはあくまで参謀だぞ」


 ユークリッドが割り込むが、ネロは首を縦に振らなかった。

「だが、エミリー君にはクラウ君と同等の陣頭指揮は難しいだろ。彼女のリーダーとしての才能は、まだ十分とは言えない」

「それは、そうだがな……」

「それに、さっきの戦いで僕らの作戦の原型を作ったのはイングリット君だ。足りないところは僕が改良を加えたが、実戦を積めば彼女は僕と並ぶ司令官になれる才覚があるだろう」


 ネロの中で、イングリットの評価はかなり高かった。今回の依頼で彼女の参謀ぶりを評価したからだ。

「で、でもっ――」

「まあ、ここですぐに『でも』が出る辺り、不安はまだ残るけどね。だけども、この子がエミリー君達の苦手なことを代わりにやる分、エミリー君達がこの子を必死で守るというのはキャラバンとしてあって当然の団結力と思うよ」


 イングリットの否定を遮りながら、ネロは諭すように話した。
 ネロにこう言われてしまっては、リーダーとしてやっていく覚悟を固めなければいけなくなった。だがイングリットの中ではまだ踏ん切りがつかないため、助けを求めようとユークリッドの方を向くと――

「――代わりがいない以上、やむを得ない。お前の言う通りだ、ネロ」


 彼は静かに首を縦に振った。

「えっえっ」

『ええええええー!!!!!』


【第0章 レグルス崩壊 完】
次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する