設定を選択してください。

インヴォーク! 起動せよ、新生レグルス!!

レグルス崩壊
 クラウディオが負傷者ふしょうしゃともとりでから退却たいきゃくをしていたそのとき――天空てんくうからひかりおびおそかった。
 それは――とりでのレンガを一撃いちげき破壊はかいし、天井てんじょう一気いっき倒壊とうかいさせた。
 高高こうこうからの射撃しゃげきゆえ多少たしょう威力いりょく減衰げんすいがあったのだろうか、天井てんじょう貫通かんつうするまでにはいたらなかったものの、その衝撃しょうげきはすさまじいものであった。

「うわあああ!!」


 負傷者ふしょうしゃやカズヒラ副長ふくちょうともに、レンガの雪崩なだれまれるクラウディオ。あっというかれは、ガレキのやままってしまった。





――この景色けしきは、遠方えんぽうから物資ぶっしはこんでいる最中さいちゅうだったイングリットのにも、きざまれていた。

「――な、なに!?」


 わかったのは、なにかしらのかたちだい1とりで攻撃こうげきけたこと。それだけであった。

「――イングリットくん! 作戦さくせん中止ちゅうしだ! いそいでかえしなさい!!」


 出発しゅっぱつしてばかりのイングリットを、ネロがめた。

「で、でも! あそこには団長だんちょうをはじめとしたわたしたち仲間なかまが――」

あきらめろ! いまくときみえをけるぞ!!」


 どうかんがえてもネロの判断はんだんただしい、イングリットもそれはわかっていた。

「……ごめんなさいっ」


 なみだながすイングリット。仲間なかまたすけにけないことをいた、なみだであった。

「……ギルドマスター! 上空じょうくうからなぞ飛翔ひしょうたい接近せっきんしています!!」


――そのときであった。

「なんだとっ? 詳細しょうさいは!?」

くろとりはねえます――なにかしらのとりがた魔物まものです!!」


――かれらはらないことだが、イングリットの仲間なかまたちうばった悪魔あくまが、意地汚いじきたないことにもかれらのもとせまっていた。

「――各自かくじ魔道士まどうし対空たいくう攻撃こうげきいそげ! かぜ魔法まほう迎撃げいげきせよ!!」


 ネロの命令めいれいくだり、かれのまわりに魔道士まどうしたちつどう。



「……ほう、対空たいくう魔道士まどうしか。トリストじんのカスにしてはやるじゃないか。だが――」


 遠方えんぽうからせま悪魔あくま、シャドウは狩人かりうどひとみてき迎撃げいげき態勢たいせい見抜みぬいた。

『――ウォォォォォォーォウ!!』


 瞬間しゅんかんかれ声変こえがわりもしていないおさなのどから、けたたましい雄叫おたけびをげた。



「……なんだ、いま雄叫おたけびは!?」


――その雄叫おたけびが、丁度ちょうど地上ちじょうひびわたっていたころ

「かまうな! きっとこけおどしだ! 射程しゃてい圏内けんないはいったらかぜ魔法まほうとせ!!」

「ギルドマスター! 大変たいへんです!!」

今度こんどはなんだ!?」


――さっき、ネロはいま雄叫おたけびを「こけおどし」評価ひょうかした。

本陣ほんじん後方こうほうもりから、多数たすうとりがた魔物まもの出現しゅつげんしました! このままだと挟撃きょうげきされます!!」

「なんだと!?」


 だがそれは、かれにしてはめずらしい完全かんぜん間違まちがいであった――いや、かれですらめないてきかくたまうべきものであった。

「……ま、まさかやつが、やつ雄叫おたけびがこれをせたのか!?」


 だが、こたえるものがだれもいないとはいえ、即座そくざにここで正解せいかいにたどりくのは、ネロだけとえるだろう。




「……よし、これであとは全員ぜんいんなぶりごろしだな」


 一方いっぽうシャドウは、やるべきことをすべえたのか、きゅう方向ほうこうえてホワイトエンペラー要塞ようさいほうもどっていた。

(もうすぐトリスト陸軍りくぐん正規せいきへい時間じかんだ。生憎あいにくだけど、あいつらにぼくきていることをまだられるわけにはいかない)


――かれ胸中きょうちゅうおもっていた。トリストじんなかでももっともにくむべきてきである正規せいきぐんのことを。

「フフ、ハハ、ハッハッハッハ!」
次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する