設定を選択してください。

インヴォーク! 起動せよ、新生レグルス!!

不仲の姉妹
【作者コメント はじめに】

 これまでのエピソードはイングリット中心の視点で描写されていましたが、本章【第1章前日編】は明確に別人物の一人称で展開される話があります。

=======================
 大事な仕事の直前に、特別に休暇を頂くことができた。
 この休暇をどう使うかは、もう決めている。
 進んで行きたくはないけど、行かなければならない場所が私にはあった。



「……イングリット、お帰り」

「お母さん、ただいま……」


 久々に会った母は、前にも増してやつれていた。私達が赤ちゃんだった頃から、大人にしては背の低い人ではあったそうだけど、このままやつれていくと明らかに危ないことは明白であった。

リデラードは?」

「……あの子は相変わらずだよ」


――私が帰ってくるまでの間に、一番変わっていて欲しかった状況は、相変わらず変わっていないようだ。
 リデラードは、私と同じ誕生日に生まれた、二卵性双生児の妹。

イングリットは昔からこんなにもいい子なのに、なんであの子は昔から……」


 正直に言うと、リデラードと私は子供の頃から仲が悪かった。元からわがままな性格な子なのは知っていたけど、大きくなってもそれは治らないばかりか、ますます悪くなる一方。
――でも、リデラードをこんな状態に変えてしまったのは、私にも原因がある。

「ごめん、お母さん……私、仕送り以外の形で二人に何もしてあげられなくて」

「あんたは何も悪くないよ……全部リデラードが、いつまでもわがままな性根を治さないせいさ……」


――お母さんはそう言っているけど、結果的にリデラードにトドメを刺してしまったのは、他ならぬ私。



「……リデラード、入っていい?」


 返事はいつまでも帰って来ない。お酒に逃げているのか、それが済んだから眠っているのか。
 リデラードは就職に失敗してからずっと、お酒に逃げる日々を送っている。私と一緒の職場に面接に行った際、この子は面接官の人に失礼なことばかり言っていた。

 実技検査の時も態度は最悪で、他の受験者の人達とケンカをしたり、フェンシングの試合で反則行為を行ってまで勝とうとしたり……

 それでも、全部の審査でほぼ赤点だった私をとなりでみていたこの子は、面接官の言葉を聞いて自分の合格を確信していたようだ。

『今期の採用試験で不合格だったのは一人だけです』

 はじめは私も、間違いなく自分が落ちると思っていた――だけど、面接官が名前を呼んだのは、リデラードだった。
 それも「君よりひどい受験者は今まで観たことがないし、今後も現れないだろう」と付け加えて。

 それを聞いてリデラードが真っ先に問いただしたのは、私が合格した理由だった。リデラードが態度だけを理由に不合格なのは、さすがに私も納得できた。だけどほぼ赤点ばかりだった私が合格できた理由は、私もこの時わからなかった。
 その理由を、所長の方が直々にその場で発表してくれた。

『イングリットさんは、貴女と違ってとても礼儀正しかった』

『貴女が当社の従業員や他の受験者に失礼な口を利いた際、イングリットさんはご自身には何も非がないのにも関わらず常に率先して謝罪をしていた』

『結果には反映されなかったものの、イングリットさんの苦手なことにも一生懸命取り組む姿勢が強いことは、担当した試験官全員が認めています』

『よって私は、貴女より彼女の方が、当社の求める従業員にふさわしいと判断しました』


――その宣告はリデラードの心に、完全にトドメを刺してしまった。

 いや、本当にトドメを刺したのは、所長ではなくであった。補欠扱いとはいえども私が合格したことは、私のことを『出来損ない』見下していたリデラードの心に大きな傷をつけたのだ。

 それからリデラードは、当時の時点ではまだ成人していなかったのに、お酒に逃げる日々を送り始めた。

 そして元々わがままだった彼女は、前にも増して反抗的な性格になった。お母さんがどんどんやつれていく様子を見るからに、私が仕事に行っている間にリデラードが何をしてきたのかは、想像すること自体恐怖を感じた。

 今の私は転職して冒険者キャラバンに加入し、参謀の地位に認められている。私がさらに良い職についたことが気に食わないのか、今のリデラードは恐らく前にも増して荒れている。お母さんの泣きの電話が仕事中にかかってきたこともあったほどに。

――この『パンドラの箱』を、今から私は開けるのか。
 怖い、怖い、怖い怖い怖い怖い……ドアノブを握っただけで、強くおぞましい殺気と悪臭を感じるほどに。

「……入るよ」


 それでも私は、ゆっくりと開いた。
 その部屋にあったのは無数におかれた箱と、そこにしまった空の空き瓶、最低限の寝具、そして苛立つリデラードであった。

「――なにしに、来たのよ」


 彼女は私が入るなり、その辺にあったビンを握りだした。

「……リデラード、今度大事な仕事があるんだ。出張に出かけてくる」

「――それだけ? それだけを言いに来たの?」

「……お姉ちゃんは臆病者だから、今度の戦いでヘタしたら死ぬかもしれない」


――瞬間、リデラードの激昂した叫びが響き渡った。

「――いい気にならないでッッッ!!」


 瞬間的に、耳を押さえるしかなかった。

「そんなこと、いちいち言いに来るくらい意気地なしな根性で戦場に行くなら、いっそのこと本当に死んじゃいなさいよ! 出来損ないのアンタが! アタシを差し置いていい目ばかり見て!! バチが当たって死んじゃいなさいよッッッ!!」


――挨拶に来たことを、私は後悔した。

「――意気地なしは、あなたの方でしょう!」

「――!!」

「いい加減逃げるのはやめなさい!! 確かに私は臆病者だけど、今のあなたにそれを非難されなければいけないほどではないわよ!」

「うるさい! うるさいうるさいッ!!」

「昔はともかく今ではあなたの方がよっぽど卑怯で情けない、意気地なしで都合の悪いことから逃げてばかりの臆病者よ!!」

「黙れ黙れッ! 説教しにきただけならさっさと出ていけ!! さもないとババアもろとも本気でぶっ殺すわよ!!」


――やっぱりこの子には、何を言っても無駄だ。

「…………」


 即座に扉を閉めて、逃げるように走った――昔はともかく今はリデラードのことなんて、大嫌いだ。でも、お母さん共々見殺しにすることはできない。そのために、私はこれから向かうホワイトエンペラー要塞から必ず帰ってくる。
次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する