設定を選択してください。

アリストーン・オンライン

#007. 中川蒔絵
 翌日7月2日、朝9時。県立漆川高校。
 首都圏にあるどこにでもある普通高校だ。

「なあアリストーンやってるか?」
「ああ始めた。まだレベ2でさ」
「俺もレベル2だよ、一緒にやるか?」

 教室内ではそんな会話が聞こえてくる。
 俺ももちろん始めたけど、教室で会話する相手とかいない。
 友達が少ないので。

「アリスシステムまだ買ってなくて」
「だよなぁ。高い買い物だもん」
「そうだよね」

 もちろん大多数はこっちの様子見派だった。
 全員ゲームやってるわけないんだよな。当たり前だけど。

「ねえ、琉亜るあ君」
「ん? なに?」

 声を掛けてきたのは隣の席の中川なかがわ蒔絵まきえちゃんだ。
 ふわふわのセミロングで小動物みたいな可愛さがあって、一部男子には絶大な人気を誇っているが、本人にその自覚はない。

 俺はそんな男子たちの非難めいた視線を感じつつ、答える。

琉亜るあ君、自分からは言わないけど、アリストーン始めたんでしょ?」
「何で知ってるの?」
「昨日の帰り、顔が笑顔で怖かったから」
「怖くてすまんな」
「普段、あんまりニコニコしないもんね。意外な顔見れてよかったわ」
「そりゃどうも」
「いひひ」

 蒔絵ちゃんは口をニィッてして、得意な顔をする。
 そんな顔ももちろん可愛い。

「それで、ね?」

 隣の席なのにさらに顔を近づけてくる。
 内緒話らしい。
 ちょっといい匂いがする。なんだこれ。

 ドキドキしつつ、俺は話を聞く。

「実は私もこの前アリスシステム買ったの。でもRPGとかそんなに詳しくなくて」
「ふむ」
「一緒に、その、琉亜るあ君と一緒に、冒険、したいな?」

 顔を赤らめて、笑顔を向けてくる。
 くらくらするくらいの笑顔だ。

「うーん」
「いいよね? 一緒に冒険しよ?」
「あーわかった、わかった。ただし妹も一緒かもしれん」
「妹さん? 確かよみちゃんだっけ」
「なんで知ってるんだ……」
「えへへ、ちょっとね」
「怖い」
「いいじゃない。女子にはネットワークあるの。同じ小学校、中学出身者とかいるでしょ」
「そういえばそうだな」

 まあ、いいか。
 ちなみに俺は文芸部、蒔絵ちゃんは図書部だったりする。
 一緒に思うかもしれないが、文芸部は主に文章を書くほう、図書部は読むほうが専門だ。
 残念なことにこの二つで男女に分かれている。

「それで思ったんだけど、VR部、作らない?」
「は? VR部?」
「そう、VR部。部活の時間もゲームできるわよ」
「う、それは魅力的だな」
「部員には最低5名必要だけど、残り3名は女子で目星つけてあるから」
「女子、うっ……」

 正直なところ、俺は女子があまり得意ではない。

「自覚ないだろうけど、琉亜君とお近づきになりたい子、けっこういるんだよ」
「まじか」

 いや蒔絵ちゃんにだってお近づきになりたい男子は大量にいる。
 逆は想像しがたい。
 俺が別に好かれる理由が思いつかない。

「俺なんかに近づいてどうすんだよ」
「え、そりゃあ男女の仲でしょ。にひひ」

 悪い笑顔だ。
 というか、そうすると筆頭の蒔絵ちゃんも俺に好意があるのか?
 そう言う風には見えないが、もしくは誰かくっつけたい子がいるか。

 突っ込んでみたい気がするが、これは藪蛇だな。
 やめよう。俺の危険予知アンテナがビンビンに反応してる。

「とりあえずこれに名前書いて。それと一緒に転部届出しましょ」
「え、もうか?」
「早いほうがいいでしょ」
「ああ」

 ちなみに漆川高校は部活が必修になっている。
 俺は差し出された用紙に名前を書く。
 いまだにこういうのはアナログなのが笑ってしまう。

 俺は副部長らしい。部長は蒔絵ちゃんがやってくれる。

 昼休みには書類を提出して、そして放課後になった現在、先生の判子が押されて仮認可されていた。
 ただしまだ生徒会と正式な認可までには最低でも1週間程度は掛かるらしい。

「普通の部活だと学校に集まってするけど、この部はネットワークゲームだから、家でもできるよね。ということで帰宅します!」
「ああ、んじゃ部活しないで帰るか」
「さようなら、琉亜君」
「さようなら、中川さん」

 ちなみに心の中では蒔絵ちゃんと呼んでいるが、普段は中川さんと苗字呼びだ。
 名前で呼ぶほど俺は親しくできないコミュ障なので。

 さて1人で帰ろう。
 文芸部の男子仲間には悪いが、俺は抜けさせてもらう。

 家に着き、着替えなど用を済ませてVRギアを被る。

「リンクスタート」

 ゲーム内に再び降り立つ。

「ああ、西門広場か」
「おかえりなさい、ご主人様ルルさん」
「ただいま、エリス」

 時刻はリアル午後4時。ゲーム内は日が沈んで8時間相当なので現実でいうところの午前2時ごろに該当する。
 青い満月「トリア」が南中を過ぎて、地面から60度くらいに傾いている。

 このゲームは午前6時から午前12時、午後6時から午後12時までが昼間で、あとは夜だ。
 それで午前0時から午前6時までは太陽の代わりに「ソエル」という赤い月が出ていて、昼の12時から午後6時までは「トリア」という青い月が出ている。

 月明りは思った以上に明るくて、視界は悪くない。
 昼間に比べればずっと暗いものの、街中には魔導灯もあるので、十分明るかった。

 ▼ログインボーナス
 2日目 100無料ジェム、アバター装備ガチャ券*5枚

 本日のログボだ。
 合計560無料ジェムになっている。
 何に使うかはまだ検討中だ。
 別に必要がなければ貯めておけばいい。

 夜中なのに露店が出ている。
 ほとんどがプレイヤー露店だ。

 ピコンとSNSツールから新着がついている。

 マキエ>ログインしたよ。今西門に向かっています
 ルア>了解。西門広場の入り口で待機します。キャラ名はルルです

 ここ王都は結構広い。
 東門からだと10分は掛かるはずだ。

 プレイヤーたちに可愛いストラ帽子をじろじろ見られつつ、立ったままじっと待つ。

 そこへ走ってくる美少女がいる。
 明るい茶髪で猫耳が生えている。俺と一緒のふわふわヘアの子だ。
 服装は初心者冒険者ではなく、春ワンピースのような桜色の服だ。

「はぁはぁ、あの? ルルさんですよね?」
「あ、うん。俺、俺がルルです。もちろん中身は琉亜だ」
「よかった。美少女だったから、違うかと思っちゃった」

 そういうと安堵の笑顔を見せてくれる。
 月明りに照らされた美少女の笑顔は、すごく美しい。

「ちょww」
「なによ?」

 彼女のマーカーを二度見してしまった。
 その名前は「タピオカ」。

「なに、タピオカさん。タピオカってww」
「あ、うん。しょうがないじゃない。自分の名前になるところ想像してなかったのよ。ペットの名前みたいに想像してて」
「あーなんかごめん、名前笑って」
「ううん」

 そうだよな。自分が操作する前提だと思ってないで命名する人はいる。

 妖精さんのほうは、あれ、この子妖精じゃない。天使だ。
 金髪碧眼のロングヘアで白い鳥の羽、頭に天使の輪がついている。

「よろしく、エリスです」
「よろしくお願いします。ワッフルです」

「エリス、この子は妖精じゃないの?」
「はい。ガイド妖精には種類が3つありまして、ワッフルさんはクエルという天使族ですね。課金アイテムです」
「なるほど」
「300ジェムだったけど、無料ジェムで」
「お、おう」
「残りの100ジェムでアバターを1回。でも今日のログボでアバター装備ガチャ券貰えたんだよね」
「あ、うん」

 それで春ワンピースなのか。
 美少女の彼女にかなり似合っている。可愛い。

「帽子、可愛いね」
「だろ? いいだろ」
「うん、かわいい……」

 そういうと、うっとりした表情で見つめてくる。
 なんかドキドキしてしまう。

「なにしたい?」

 一応、俺は確認してみる。

「えっと、まずは露店デート」
「えっデート!?」
「うん。デートだよ?」
「そ、そうか……」
「うん」

 俺と腕を絡めてくる。まじでデートみたいじゃないですか蒔絵さん。
 胸が、当たってるんだけど。
 その柔らかい感触にドキドキしてしまう。
 こんな積極的だとは知らなかった。

次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する