設定を選択してください。

アリストーン・オンライン

#003. 初ログイン
 俺たちはミルバスタン王国、王都ミルシーダの西広場に転送されてきた。
 広場の隅に「西広場」と看板があるので。

「はい、無事に王都に到着です」
「え、無事じゃないことがあるの?」
「ワタシは消えちゃうかもしれなかったんですから……」
「いや、キャンセルしないよ、大丈夫」
「ありがとうございます」

 多くのNPCとプレイヤーが歩き回っている。
 注目するとNPCは緑色、プレイヤーは青の名前がマーカーとして浮かび上がってくる。
 注目しなければ出てこないので、マーカーだらけにならず、景観を損なわないようになっているらしい。
 表示はLvの数字と名前だけのようだった。

 視界の隅には「ルル@ruru_highland、Lv1、冒険者」という表示とHP、MPが満タンになっているバーが表示されている。
 HPバーが緑、MPバーが青だ。

「さて、で俺は何すればいいの?」
「何をしてもいいんです」
「は? いや、分かってたけど、は?」
「敵を倒しても、フィールドで薬草を取っても、アイテムの売買で儲けても、アイテムの生産をしても、釣りだけしていても、いいんです」
「あ、そうだよね。確かにそれを求めてMMOを選んだんだけど」
「ありがとうございます」
「ちなみにエリスを売ることは?」
「ぶーぅ。召喚後のワタシを売ることはできません、残念でした」
「ちぃ」

 ガイド妖精を売り飛ばせば、少しはお金になると思ったのに。
 もちろん冗談だが。

 他の人はガイド妖精を連れていないように見える。

「ちなみに、必要ない時はワタシたちは透明化しているので、見えません」
「あ、それでいないんだ」
「そうですね。本当に連れていない人もいると思いますが、ゆゆしき行為です」

 俺の目標は、スーパー普通プレイだ。
 変態プレイや、特殊プレイをする気はない。
 王道を突っ走り、そしてルートど真ん中を攻略する。

「ちなみに、ガイド妖精は特別にゲーム的メタ視点を理解していますが、ほかのNPCはその限りではないので、ご注意くださいませ。HP、MP、復活、転送とかは理解してます」

 そうだね。NPCにはどこまでゲーム的要素を理解しているかで段階がある。
 外の世界の常識まで知ってると変になってしまう。
 かといって何も分からず完全な異世界風にすると、意思疎通が不便になる可能性がある。
 なかなか難しい。

「とりあえずの目標としてワタシの使用権が切れる、10日後までに200ジェム稼いでください」
「ああ、200ジェムね」

 200ジェムは200円なので、別に困ったら課金してもいいけど。

 そうだな、目標を少し修正しよう。

 ――無課金ノーマルプレイを極める。

 よしこれでいこう。

 課金圧には負けない、絶対にだ。

 視界の隅のアイコンの並びに新着マークが複数ある。

 ▼観光ガイドブック
 ・Lv1 チュートリアルを受けよう Clear[完了]
 ・Lv1 攻撃スキルを習得しよう
 ・Lv1 戦闘をしてみよう
 ・Lv1 ガイド妖精ルルコと契約しよう Clear[完了]

 ホログラムを触って完了ボタンを押す。

 >「チュートリアルを受けよう」完了。10ジェム。8000TEA取得
 >「ガイド妖精ルルコと契約しよう」完了。10ジェム。8000TEA取得

 おおう、とりあえず、20ジェム、1万6千TEA取得した。
 これなら簡単に200ジェムくらいいきそう。

 ちなみにゲーム内通貨がTEAで、課金とワールドマーケット用通貨がジェムになっている。

 もうふたつ新着が点滅している。

 ▼ログインボーナス
 1日目 200無料ジェム、カードガチャ券*10枚

 ありがとうございます。よくあるシステム、通称ログボだ。

 ▼メール
 件名:オープン記念
 本文:アリストーン・オンライン配信開始記念としまして、200無料ジェムをお送りします。
 これからも当ゲームをよろしくお願いします。
 添付:200無料ジェム

 おお、ありがとうございます。オープン記念だ、やった。

 合計ですでに420ジェムなんだけど、儲ける気があるのか、ここは。

「どうでしたか?」
「初回記念で結構貰った」
「よかったですね」

「んじゃさっそくカード引いてみるか」
「はい!」

 ▼カードガチャ
 100ジェム/1回。1000ジェム/11回。カードガチャ券5枚/1回。
 イベントモンスターカード以外の、ほぼ全モンスター、補助カードが出る。
 フィールドボスカードなども同確率で出る。
 ・補助カード率80%
 ・→アメジストカード 35%
 ・→サファイアカード 25%
 ・→ルビーカード   15%
 ・→ダイヤモンドカード 5%
 ・モンスターカード類 全種類で20%を均等割り。

 [ガチャ券*5/1回]というボタンを押す。

 ホログラム画面に、宇宙から地上へズームアップするガチャ演出が表示されて最後にピカンと光った。

 >カードガチャで「ストラカード」取得

 ストラだ。さっきチュートリアルで出てきた。すぐ倒したから、半分スルーされてたけど。

 10枚だったので、もう1回引ける。

 >カードガチャで「アメジストカード」取得

「ストラカードとアメジストカードだった」
「はい。最初はストラカードが固定ですね。2個目は運ですね」
「運は普通ってことか」
「そうですね」

 まあ、いいか。無難プレイ。普通プレイ。
 ちなみにIDの再作成は何回もできないので、リセマラはできない。
 キャラクターこのゲームでいうアバターの再作成は何回もできるけど、ログインボーナスはキャラクター単位ではなくID単位なので、意味はないそうだ。

 ストラカードをデッキにセットする。

「強化もするか。このサファイアカードを素材に設定して、強化っと」

 ピーン。と効果音がして、強化完了。
 Lv1ストラがLv3ストラになった。

 ちょっとだけ強くなったらしい。補正値見てもよく分からないが。

「実感するのは難しいですね。強いカードを外してみれば分かると思いますが、最初だけだと」
「だよね」

 とにかくカードシステムもあるので、なんとかカードを集めよう。

「ちなみにカードを集めるには?」
「モンスタードロップかガチャかトレードのどれかです」
「つまり半分は課金と?」
「ええ、でも課金では強化カードばかり出るバランスなので、モンスターカードがほしいならドロップかトレードです」
「なるほど」

 逆に言えば、モンスターを狩りまくってモンスターカードが出れば一攫いっかく千金せんきんも夢ではないという。

「なんか、やる気出てきた!」
「おお、頑張ってください、ご主人様」

 俺はカードガチャをやるときにさっとアイテムショップを見ていた。
 その中に見つけてしまったのだ。

 ▼公式通信ショップ
 ※ジェムでもお買い上げが可能。
 現在のレート。100円=150ジェム。
 ◆ギフト券
 ・ネットde買い物ギフト券(1,000pt)
  1000円。

 つまりギフト券1000円分が1500ジェムで買える。
 これを使えば、事実上お金を稼げる。

 もちろん主目的はゲームを楽しむことだけど、ついでに儲かるなら万々歳だろう。
 モチベーション的には、月に1万円くらい稼げれば、どうだろうか。

 まあ、頭の隅にでも覚えておこう。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する