設定を選択してください。

VRあるあるあるき

044.料理
 うん。今回は『料理』ということにしよう。
 半分は未定だ。

 まず、魚釣りについて。
 魚介類は市場にいけば何でもだいたい買える。ただお値段はやや高めだ。
 自分で釣るほうがお得になる場合も多い。
 この前のロブスターなんかが典型例だ。
 地元民は、お肉もお魚もよく食べる。
 グルメだけど調理法はシンプルなものが多い。

 俺たちの状態は、調理器具をある程度は揃えた。
 七輪、鍋、フライパン、トング、まな板、そして包丁。
 みんなを代表してオムイさんが担当、保管している。
 包丁はちょっとした武器並みのお値段だった。
 モンスター肉も切れるいいやつなんだそうだ。
 味付けも、塩、コショウ、砂糖、バター、オリーブオイル、ゴマ油、ビネガー、ニンニク、バジル、唐辛子、レモン、ライム、タイム、ローズマリーとか結構揃えた。

 醤油、味噌、そしてお米はこの国では流通していない。
 ゲームが日本市場をメインで考えていないことと、異世界風だから、探検して見つけるのがそれらしくていいということだろう。
 辛みは、大根、洋ガラシ、ホースラディッシュという洋ワサビなどもある。

 俺のお気に入り料理は、アベルボアの香草焼きだ。
 最初に食べたものに近いが、マイナーチェンジしてより美味くなった。
 ウサギの淡白な肉質も、バター焼きとかにするとかなりいける。
 もちろん作るのはオムイさんだ。
 俺は食べる専門で詳しくは知らない。
 ちょっとお願いとか好みとかを言うだけ。
 楽ちんポジション。

 ゲームの料理は、現実にかなり近い。
 しかし煮込み時間などが短縮化されていて、長時間煮込み続けないといけないとかは、なくなっている。
 簡単、ご都合主義だ。
 それでも材料は揃えないと、その味に基本的にはならない。
 そして便利なのは「うま味調味料」という究極の材料もある。
 固形の「スープの元」「ブイヨン」と「コンソメ」もあるので、購入済みだ。
 中世では存在しないはずだけど、どこかの誰かが生産しているらしい。
 これがないと、洋風料理の作成は、野菜を煮込むところから始めて材料集めも面倒くさいし、値段もかなり掛かる。

 俺はリアルでの食生活はかなり適当だったのに、異世界ではグルメになっちまった。
 それの影響でリアルご飯もカップ麺からコンビニ弁当、パスタ類とかサラダとか食べるようになった。
 少しだけ健康的になったと思う。


 今日も市場で流通してないレア食材を得るために、遠征する。
 目的地は南側、沼地地帯。

「というわけで、カエル、ナマズがねらい目です」

「ゲテモノですかね?」

「まぁ文化の違いみたいなもんだな。比較的普通だと思う」

「そうですかね」

「うん」

 オムイさんの突っ込みは現代っ子の代表のようだ。
 ナマズなんてどこの国でも食べるし、カエルだって食われまくりだ。
 どちらもあっさり系で、獣肉系ではないので、女の子でもそれほど抵抗はないはずだ。

 ナマケモノとかヤマアラシとかの肉は臭いらしい。
 下ごしらえや、調理方法でも変わるとは思うけど、あんまり食べたいとは思わない。
 そういう意味ではモンスター系食材は、少し獣肉系だから、牛肉とかの独特な臭みがあるかもしれない。
 そのぶん旨味も強いと思うんだけど、ほとんど流通していないので、まだ食べたことはない。
 美味しいドラゴンステーキが将来の目標だ。

 いやー、グルメになったね、本当。

 歩いていき、沼というか泉みたいな場所に来る。
 人も住んでいないので、凄く水がきれいだ。

 今日はこの前と違い、投げ釣りにする。
 運河は足元も深いけど、天然の泉は岸辺は浅いからなんとなく、深いところを狙いたい。

「こうこう、こうやって、えいっ、て投げる」

「「おぉおお」」

 女の子たちにレクチャーをする。
 俺の株も上がって素晴らしい。

 投げるときにリールのロックを外して、糸を指で押さえる。
 釣り竿を勢いよく投げる途中、向こう側75度ぐらいで指を離すと、ボール投げみたいに飛んでいく。
 離すタイミングと勢いが重要だった。
 パソコンゲームでは、ゴルフゲームみたいに勢いバーが進んでちょうどいいところでマウスを離すような操作をして、投げる要素があったりする。
 それでもマウスと実際に体を使って投げるVRでは、全然違う。

「何が釣れるでしょうか」

 底を這わせるような感じで糸を調整しながら巻いていく。
 浮き釣りなら巻かないで、そのままにするけど、今回はそういう仕掛けではない。
 ゆっくり手繰り寄せながら、餌を動かしていく。
 餌の動きに釣られて食いついてくるやつを狙うんだ。

 1回目は空振りかと思ったそのとき、糸が引っ張られて当たりを感じる。

「なんかきた!」

 竿を立てて、リールを巻きながら駆け引きをする。
 強く巻きすぎても逃げられる。

「見えた! 魚。ナマズっぽいな」

 初投はナマズだった。
 大きさは35cm。

「タカシさん凄い」

「ぐふぅ。それほどでもありませんぞ」

「兄ちゃん、しゃべりかたが、キモくなってる」

「う。嬉しくてつい掲示板のキモ男みたいになってた」

 その後は、みんなが投げるのを、手取り足取り、教える。
 まず立つときの足が反対の子がいたり、なかなかどうして、変な子もいる。
 よくそれで戦闘とかこなせるな。不思議だわ。

「おぉ、ロブスターですかね」

 リリーが赤茶の大きいカニエビを釣りあげた。
 鑑定結果は、ザリガニだった。
 淡水はザリガニ、海水はロブスターだそうだ。
 運河は水底のほうは海からの海水が入り込んでいる。
 かなりの大物だった。

 そして下手な子が明後日の方向に投げると、岸辺のカエルが釣れる。

「やだあ。カエルだ。でかいよ。キモっ」

 ユマルだ。大きいウシガエルみたいのが食いついていた。
 もちろん触れないので、針を外すのは俺の仕事だ。
 針といえば、釣りの針は普通は小さなカエシがついていて、抜けにくくなっている。
 VRのこれでも付いていて、精密に再現されていた。

 本日の釣果は、ザリガニ、ナマズ、カエル、以上。
 今回は針一本で、大きめ狙いだったので、小さいのは取れなかった。
 ナマズは最初に釣れたのと、オムイさんが釣った40cmクラスの2匹だ。

 普通なら、泥抜き、砂抜きしないととても食べられないが、ご都合主義ファンタジーなので大丈夫とWIKIにも書いてある。

 醤油がないので、ナマズの蒲焼きにできない。
 塩焼きにしてもらった。
 ダイコンオロシと、レモンを添えて、頂く。
 カエルは皮を剥いで身だけにして唐揚げにした。
 ザリガニはバターチーズ焼きと、コンソメスープだよ。

 一日掛けて釣りをしたら、かなりの量ができた。
 女の子たちがきゃあきゃあ言いながら捌いたり料理してくれた。
 ぶっちゃけ食べても余るほどあった。

 残りはアイテムボックスに詰め込んである。
 露店で売ってもいい。調理師免許とか食中毒、寄生虫とかこちらもご都合主義ファンタジーだから問題ない。

 今回は、あるあるは紹介できなかった。
 料理は材料揃えて、料理鍋でポチっとするだけのパソコンゲームが多かった。
 味覚再現とか料理再現とかまでは、あるあるになっていない。

 カエルの皮はソフトレザーとして利用できるので取ってある。
 これはVR小説あるあるだろう。
 耐水性などに優れているとされる。
 現実でもサイフとかにするようだ。

 料理あるあるとしては、バフ効果がある。
 あるあるでは、レア素材、モンスター素材の料理にはバフがつきやすいとされる。
 このゲームでは、むしろ重要なのは味だった。
 味覚再現によるグルメ道は、太らないし健康被害も食中毒もなく、安心設計だ。
 キノコ狩りと、キノコ鍋とかもいいかもしれない。

 異世界最高です。

次の話を表示


トップページに戻る この作品ページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する