設定を選択してください。

海老郎のココだけの話

14.同じ単語を書かない
こんばんは。夜中に目が覚めたので、第14回をします。
仮定文でも同じことを書いたのですが、もっと汎用的に「同じ単語を(短い間隔で)書かない」です。

特徴は、オレンジ色の花火があることが特徴です。
とても頑張っていて、とてもすごいと思います。
明らかに強い精神性は、明らかに強者の風格だった。

こういう文の赤字、傍点部分です。

オレンジ色の花火があることが特徴です。
特徴は、オレンジ色の花火があることです。
非常に頑張っていて、とてもすごいと思います。
明らかに強い精神性は、強者の風格だった。

こんな感じでしょうか。単語の重複があると、チープ、幼稚な感じがする等と言われることがあります。
(逆手に取って、子どもの台詞で多用したりする手もありますが……)

めっちゃかっこいい、めっちゃ優秀

ただ、わざと同じ単語を韻を踏むみたいに繰り返すこともあるので、実際のところはケースバイケースです。

どうでしょうか? 今回はこんな感じで終わりです。また次回。
次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する