設定を選択してください。

元勇者パーティの女剣士は、最悪の役立たず……と思っていたのは、俺だけでした

第4話 真相
 勇者ルーチェが語った女剣士の真実、それは……結論から言うと彼女は本当に、迷宮の入口で退路を守っていたのだった。
 迷宮は侵入者が深部に近づけば近づくほど周囲の魔物達を呼び集め侵入者の退路を断とうとする性質を持つ。
 ルーチェのパーティの中では型落ちでも金等級の彼女は、その役目の重要性を熟知していた。
 妖魔を斬り続けた彼女の太刀は、やがて浴びてきた血を青い闘気へと変えていき、とうとう戦わずして妖魔たちを近づけないほどの魔剣と化したのであった。



 これを知った彼は、己の行いを深く恥じたのであった。
次の話を表示


トップページに戻る


このお話にはまだ感想がありません。

感想を書くためにはログインが必要です。


感想を読む

Share on Twitter X(Twitter)で共有する